今注目のニュース
藤井聡太七段、二次予選進出なるか 竹内雄悟五段と対局中/将棋・棋聖戦一次予選
「デレマス」のスマホ用VR「スターライトスポット(デレスポ)」発表 アイドルたちと3D空間でコミュできる!
「次にくるマンガ大賞」 コミックス部門1位は『薬屋のひとりごと』

妖星乱舞単語

ヨウセイランブ

掲示板をみる(41)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

妖星乱舞とは、ファイナルファンタジーVIBGMである。英語名は「Dancing Mad」。

概要

ラストバトルで流れるBGM作曲者である植松伸夫プログレ最高傑作といってもいい壮大で多な曲。なんせCDに収録されているオリジナル曲は18分近くある。
FFシリーズでもトップクラス人気曲で、広く海外でも演奏する楽団が多い。

大きく4つの楽章に分かれる。
第四楽章が際立ってよく聴かれるが、あくまで第一楽章から第四楽章の全部をさして妖星乱舞という曲名である。

  1. 第一楽章 - 「かお」「ながいうで」「みじかいうで」との戦いで流れる。「大破壊」(BGM名)のアレンジから、突然しいメロディに切り替わる。
  2. 第二楽章 - 「とら」「きかい」「まほう」「なぐる」との戦いで流れる。コーラスパイプオルガンを多用したおどろおどろしい教会イメージ
  3. 第三楽章 - 「まりあ」「ねむり」との戦いで流れる。パイプオルガンメロディ教会音楽っぽいが、これはJ.S.バッハ作曲トッカータとフーガ BWV.565』のフーガ部分を、「魔導師ケフカ」のメロディに加えたアレンジが施されているためである。
  4. 第四楽章 - ラスボスであるケフカとの戦いで流れる。「予兆」(BGM名)の冒頭部分が流れる(「せーがー」と空耳コメがよく書き込まれる)後に「魔導師ケフカ」のアレンジが流れる。変調を繰り返し、突然第三楽章を思わせる静かな曲調になる。最後にケフカの笑いが入っている。

SFCPS版では第三楽章までは曲が切れることなく流れるので、下手すると第三楽章を聞かずに「せーがー」に突入することも(GBA版は各ボスパートを倒す度に曲が切り替わる)。
そして、よく「妖精乱舞」「要請乱舞」「乱舞」などと誤変換される。

他作品での妖星乱舞

ディシディア ファイナルファンタジー

第四楽章が戦闘BGMに入っている。また、ケフカ専用武器の名前にも使われている。

シアトリズム ファイナルファンタジー

条件を満たすと第四楽章をプレイすることが出来る。はっきり言ってムズい。

ファイナルファンタジーXIV

次元の狭間オメガシグマ編でケフカと共に実装

ノーマル難易度ではバトルが「まりあ」「ねむり」フェーズで終了するため、第三楽章までしか流れない。零式難易度では原作通りの流れで、第四楽章のイントロと共にとなったケフカ戦に突入する。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/23(金) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/23(金) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP