今注目のニュース
「長時間労働だけではなく対人関係ストレスも考慮すべき」 人生100年時代の労働環境を弁護士が提言
顔面偏差値が高いと思う男性芸人コンビランキング
『テラハ』ジュゼッペのマンガを読んだ春花の反応が話題に 「ヤバい」

妲己単語

ダッキ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(23)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

妲己とは、中国史・殷末の人物である。ピン音はDaji。

概要

殷最後の皇帝・紂王の妃。彼女小国から王に差し出されたという。王は若い時は賢明な王だったが、彼女を溺するようになってからは暴虐の王と化し、彼女の言うこと(淫乱音楽を作らせるとか、残虐な方法で人民を殺すとか)をすべて聞いたという。有名な元ネタも、王と彼女で池を作り、のようにし、裸の男女と狂乱の宴を開いたという故事である。仲間にいれてくれよ。この為、諸侯は殷から離反し、最後には殷は周の武王に滅ぼされた。殷が滅びた時に彼女も殺されたという。

ただし、これらが事実がどうかはわからない。本当は悪女でもないのに、悪女の代名詞にされてしまった可性もなくはない。余談だが、彼女は数種類のから搾り取った汁を使って化粧をしていたが、これは現在も使われているらしい。

後にこれらの伝承を基にした小説の内の一つ「封神演義」においては、それより以前の小説にあった発想から「九尾の狐」と結びつけたため、関連性が深い。
九尾の狐自体は吉をよぶの一体。封神演義での印も加わったため、相反する意味を持つようになった。

関連動画

関連項目

掲示板

  • 21ななしのよっしん

    2018/04/21(土) 07:27:16 ID: Hs2ir/QrMD

    実際の紂王時代は生贄もさほど多くはなかったとか

  • 22ななしのよっしん

    2018/05/21(月) 10:06:35 ID: CeSF9j0fKL

    >>17
    生贄というか人身御供なんて昔の中国だと殷に限らずある。
    むしろ日本でも昔はあった。
    時代にも「殷は世間で言われているほど悪逆非ではない」と言われていたようだし、殷の記録からは確認できない妲己の存在も含めて、実際のところは後世の創作の可性が高い。
    特に、勝った側が自らを正当化するために負けた相手を貶めるのは世の常だし。
    このネット情報が溢れる時代にすら、無知昧で流言を簡単に信じてツイッターで内容をばら撒いたり、史実を扱う創作ドラマ小説事実だと信じ込むような低レベルの連中が多いのをみると、伝聞しかない昔の時代に創作事実として膨れ上がっていったとしてもなんらおかしくはない。

  • 23ななしのよっしん

    2019/08/23(金) 14:03:41 ID: vBAlGih2rT

    >>姦を究めること盛んにした
    すごくえっち

急上昇ワード

最終更新:2019/10/17(木) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/17(木) 15:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP