始球式 単語

351件

シキュウシキ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

始球式とは、スポーツの試合開始前に行われるセレモニーである。特に日本においては野球の始球式が多く行われるため、にそれについて解説する。

概要

試合開始前にゲスト(OBやタレント等著名人、あるいはファンクラブ小学生など)がピッチャーマウンドから1球投球を行う。基本的に捕手ホームチーム先発捕手、打者はビジターチームの1番打者が立つ場合が多いが、場合によっては捕手・打者に別のゲストや選手などがあてがわれることもある。

もともと1908年、当時の早稲田大学総長であった大隈重信アメリカ選抜チームとの対抗戦で行ったのが始まり。このとき投げた球は大きくそれたものの、打者として立った早大の1番打者が創設者に対し失礼を働いてはいけないとわざと空振りを行った。それ以来始球式においては投げた球がどうあれ打者は空振りを行うのがマナーとされる。

もちろん、空振りを行わないこともある。阪神北海道日本ハムに在籍した新庄剛志は毎回打ちに行ったりしていたし、捕手雑談してしまったために始球式の球を見逃してしまった山内和弘のような事例もあった。また投手側の要望により「打者と本気で対決」という形をとることもある。

関連動画

アメリカの場合、打席には打者が立たないパターンが多い。

野球以外の球技にも始球式が存在する。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/21(日) 07:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/21(日) 07:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP