姫野美琴単語

ヒメノミコト

5.9千文字の記事
掲示板をみる(37)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

姫野美琴とは、フリーゲーム怪異症候群』の主人公である。

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
事中背景と同色で記述されている文章を反転、閲覧する際は、
自己責任でお願いいたします。

概要

 長い黒髪と左右を飾るリボンが特徴的な少女
 年齢18歳(あるイベントで判明する)。
 加賀く「中々のべっぴん」とのことで、容姿は整っている方であるようだ。
 普段着はセーラー服だが、あるイベントでは常とは違う衣装を披露してくれる。それがべらぼうにかわいい

 あるの晩に、友人由佳から受けた電話からただならぬものを感じ、様子を見にへと訪れたことで一連の怪異事件に巻き込まれていく。

性格 

基本的な性格
 公式サイト開されている設定によると、文学系で騒がしいことは苦手、休日でのんびりと過ごすことが多い、とのこと。
 作中でも基本的に大人しく気弱な少女として描写されており、押し出しの強い加賀や威圧的な物保坂里美などにはおっかなびっくりとした対応を見せていた。
 反面、窮地に陥った時の行動を瞠るものがあり、その場にあった鈍器武器に撃退を図ったり、武器い場面でも素手で突き飛ばしたりあまつさえ走行中の電車から敵を突き落としたりと、普段の気弱さをかなぐり捨てたアグレッシブさを見せる。大人しい子ほどキレると怖い、ということか。

人と向き合う姿勢
 初対面の相手には、大人しい性格の為か切れの悪い言動が多くなり、消極的な会話に終始しがち。実際にCHAPTER2ではそんな性格が災いし、不安定な精状態だった保坂里美にあらぬ誤解を与えて襲われるとなる。
 一方で気を許した相手に対しては、積極的に行動するようである。友人由佳から深夜3時に掛かってきた電話ならぬ雰囲気を感じるやいなや、即座に相手のまで駆け付けている。

異性関係
 性的な物事に関しては、どうやらかなりの手らしい。探索の最中に偶然えっちな本を見つけて驚いたり、コンビニに人に付く形で成年向けの雑誌が陳列されていることに疑義を呈したりしている。
 CHAPTER4では、舞台となる館が色事を的とした施設という側面があることについて、崎から事前に(ぼかした形とはいえ)説明があったにもかかわらず、拠となる物品(バスローブや大人玩具怪しげな具)を発見するまでピンときていなかったようだ
 そのくせ本人は天然プレイヤーがドキッとするようなセリフポロリと漏らすことも。

植物大好き美琴ちゃん
 怪異に命を狙われている状況にも関わらず、探索中に植物を調べると、実にいろいろなコメントを残してくれる。このためプレイヤー動画視聴者には「美琴ちゃんは植物が好きなのか?」と思われがち。
 特に発育のいい植物にした際には、万感のこもった何ともいえない感想を聞かせてくれる。

実はゲーマー
 CHAPTER3舞台美琴の中であり、建造物などは彼女記憶を元に構成されている。特に後半部分を占める廃墟は、子どものころにプレイしたゲームステージに関する記憶を反映したものらしい。追跡者を倒すためのスイッチなども、このゲームに登場したものとのこと。また前半部分の警察署も現実では考えられないギミックが満載されている。バイオ2プレイ済みなのだろうか

能力

身体
 休日はほとんどで過ごすインド、という触れ込みながら中々の体を持つ。
 まっすぐを走っている限り、あらゆる追跡者に捕まることがい脚電話パソコン消火器など、大の大人でも重く感じる代物を、咄嗟に掴んで振り回せる腕。短期間中、立て続けに巻き込まれる怪異の中で、これらのを連続して発揮できる体などなど。お前のようなインドがいるか。
 なお、彼女追跡者との遭遇にあたって、撃退の為に使用する武器全て鈍器。CHAPTERの中には銃器物などが存在する場所もあるのだが、物は縄を切ったり梃子代わりにしたりと戦闘に用いることはなく、銃器に至っては持とうさえしない。どこまでも頑なに鈍器を使用する。

霊的な
 霊的な事物への抵抗が高く、常人なら間違いなく死んでいる、とされる規模の怪異と遭遇しても、幾度となく生存を果たしている。例として、見るだけで発狂するくねくねが相手でも、接触しない限り正気を保っていられる。身じろぎひとつできないはずのの中でも行動が可などなど。
 実は、彼女系は400年前の呪術師姫野の子孫であり、そのから怪異に対して『免疫』とも評される強い抵抗を備えていたのだった。CHAPTER4ではそのことを自覚するとともに霊が飛躍的に成長。遠い場所にある怪異の現況を察知する、祖先の霊のを聞く、ついには姫野の秘法とされる呪術を駆使して、霊に立ち向かうことが出来るようになるにまで至った。
 ジェニファーかと思ったらアリッサだったというかなった(リアル話)

印象的なセリフ

 ここから先にはネタバレ防止の反転処理がなされていないので注意されたし。

 

 ◆  CHAPTER1  ◆

 

わぁ・・・・・・大きい」
 美琴ちゃんと言えばこのセリフである。特に観葉植物を調べた際に言ってくれる。
 18歳女子高生に、嬉しそうにこんなことを言われると、見ている側としたら困ればいいのか喜べばいいのか判断に迷う。もちろん、全で喜ぶべきだが
 実は全てのCHAPTERにこのセリフを見られる場所が設置されている。CHAPTER3、4のものは見過ごしやすいので、見たい人はじっくりと余すことなく探索しよう。
 またバリエーションとしてすごいおっきい・・・・・・」というのもある。うほっ・・・・・・・
 ちなみに「わぁ・・・・・・」は彼女の口癖らしく、いろいろな場面で見ることが出来る。氷室の「ふっ」も同様。

「この暖炉・・・まだ使えるのね」
「何よ・・・・・・・何なのよ・・・・・・」
 何気ないセリフのようだが、実はクロックタワーゴーストヘッドオマージュだったりする。他にも恐怖演出や展開、氷室と加賀キャラ造形など、GHのが強い。というかクロックタワーシリーズが強い。
 制作者も他作品オマージュの行き過ぎを感じていたのか、公式サイトで反省の弁を述べていたりする。

「人の様にお願いしても仕方ないけど
 どうか助けてください・・・・・・」
 仏壇に向かって一言。困った時の頼みならぬ頼み。
 余所の様にすがる滑稽さを自覚しつつも、それでも祈らずにいられないでいるあたりがいじらしい。

「やだ・・・・・・・いやらしい本が入ってる」
 由佳の机を調べての一言。年頃の男である、机の中にそういうものがあったって仕方ない。
 思わず何度も調べてしまうのも男性プレイヤーなら仕方ない。

「その三。ぬいぐるみに向かって『私の勝ち』だと三回言う」
 パソコンで確認した『呪われた人形』の撃退法。
 しかし、この言葉を人形に向かって発することなくCHAPTER1は終わってしまう。音読までしたのに
 これを言わなかったら次々と怪異に巻き込まれることになったのでは? との懸念も湧くが、公式によると暖炉で燃やした時点で退治成功らしい。私の勝ちとはなんだったのか

 

◆  CHAPTER2  ◆

 

「こうゆう本って人に触れちゃだめなんだと思うけど・・・・・・」
 コンビニブックラックを調べての一言。美琴ちゃん、割と潔癖である。それはそうと、どういう本なのか、君の口からしっかりと聞きたいな
 また『怪異症候群』では全編「いう」となるべきところが「ゆう」になっている。今後のバージョンアップで修正されることに期待。

「あの・・・・・・私・・・・・・に迷ったみたいなんです!」
 氷室に助けをめる電話を掛けて。パニックに陥っているのか、理やり物事を時系列順に説明しようとして、かえって分かりづらくしている。案の定、氷室からは「落ち着くんだ!」と一される。慌てる美琴ちゃんかわいい

「何なの・・・・・・アレ
 異常な言動を取る保坂里美に抱いた感想大人しい美琴ちゃんにしてはかなりキツい言葉である。
 まあ、の前で銭飲食はするわ、こちらを小馬鹿にするわ、怒鳴るわと散々されているので、そう思うのも理もない。また、保坂異常な言動に怪異に近いものを感じ、同じ人間として見れなくなってきているのかもしれない。

「お爺さん・・・・・・私、これからどうすればいいのでしょうか」
 神社の老人に相談しての一言。CHAPTER2もいよいよ終盤。いけるところは大体探索つくしているころの場面なので、プレイヤーも何をするべきか真剣に知りたくなってくる頃合いである。プレイヤー主人公の気持ちが限りなくシンクロした言葉とも言える。

 

◆  CHAPTER3  ◆

 

「・・・・・・わかりました。実は今も、凄く眠くてフラフラしてるんです」
 氷室に休むよう促されて。眠くてフラフラしている美琴ちゃんを想像してほっこりしたプレイヤーも多いだろう。
 実はかなり切迫した事態なのだが。

「きつい顔してる・・・・・・。あまり眠れてないからかな・・・」
 悪夢の中の警察署内、女子トイレを調べて。
 年頃の女の子にとっては悩ましいことだろう。命が危ない事態とはいえ、男性と長時間行動を共にしなければならない身である。身内以外の異性は、同性のそれ以上に気になるもの。美琴ちゃんの場合、特に氷室辺りには疲れでくたびれた顔を見せたくはないだろう。ちくしょう。
 ちなみにこれもクロックタワーGHオマージュである。

「こんな仕掛け・・・普通じゃありえないよ」
 悪夢の中の警察署で三つのの仕掛けを解いて。一般的な警察署に対してならごもっともであるが、ラクーン市警ではよくあることである。

「それは・・・・・・こっちの台詞よ・・・・・・」
 追跡者である小人()を電車から突き落とし、アナウンスに人殺しと罵られての反論。まったくそのとおりである。
 ちなみにアナウンスを行っているのは『悪夢』という二体の追跡者とはまた別の怪異ゲーム中では姿を見ることはできないが、公式サイトにてグラフィックを確認できる。

「私を揺さぶろうってことね・・・。由佳をダシに使うなんて、許せない」
 悪夢世界の一室に置かれていた、脅迫状とナイフを見て。
 手紙には、由佳名前で自分も死んだから美琴も死のうよという文面が。
 真剣に怒っているあたり、由佳との間には相当に篤い友情を感じているようだ。
 ちなみに置いてあるナイフには一切触れようとしない。持っていけば武器になりそうなのだが。物系など拳繍腿! 鈍器こそ王者の武器よ! とでも考えているのだろうか。

あれ? このモンスターゲームで見たことある。もしかして、この世界は私の記憶の・・・・・・?」
「この場所・・・・・・この雰囲気・・・・・・。昔、私が遊んだゲームと似てるかもしれない」
 どちらも悪夢世界図書館にて。美琴ちゃん、ゲーマー疑惑。
 前者は怪物の図鑑を、後者不気味背景画が表の本を見ての感想である。
 ダークな雰囲気のRPGが好みなのだろうか。

「私をからかってるの・・・? これは間違いなくよ」
 悪夢世界工場二階、机の上に置かれていたプリンを調べて。ですよねー
 横に添えられたふざけているとしか思えない詫び状といい、どう考えてもである。

「ふざけないで・・・・・・! 挽肉よ・・・・・・!」
 悪夢にしつこく呼ばわりされて。美琴ちゃん、ご立。この後もさらに「お~お~」と呼ばわりされる。ダウンロードが可になったのが2011年ということもあり、思わず『はがない』を連想する人も多数。
 どうでもいいが、CHAPTER3は他のパートべると美琴ちゃんが怒りっぽい気がする。まあ、追跡者が他パートより神経を逆なでするタイプだというのもあるが。

「うわぁぁぁん・・・・・・!」
「怖かったよぉ・・・・・・! 怖かったよぉぉ・・・・・・・!」
 悪夢世界から帰還して、氷室に泣き付く美琴。今まで驚いたり怯えたり嘔吐したりした美琴ちゃんだが、大を上げて泣くのはしい(倒れていた由佳を見つけた時も?)。よっぽど恐怖が堪えたのだろうか。あるいは氷室に対し、生の感情をぶつけられるだけの信頼を寄せ始めたのだろうか。
 尋常じゃなく長かったCHAPTER3の、ようやくの終わりに、プレイヤーの方も泣きそうになる。

 

◆  CHAPTER4  ◆

 

「私は・・・・・・もう、逃げない・・・・・。もう、迷わない・・・・・・」
 崎に過去の因縁にどう対処するかを問われて。まあ、この後も撃退ポイントを探して逃げ惑ったり、広いマップで迷ったりする羽になるのだが。

「感じるんです・・・・・・ずっと向こう・・・・・・西の方角
 事件の元の気配を感じて。いつの間にかすっかりと霊感少女になってしまった。

「・・・・・・」
 館の個室トイレを調べて。この後、画面の暗転と同時に衝撃的な効果音が流れる。
 余談だが、全てのトイレ小便器が備えられていることから、館のトイレは全て男女共用らしい。一応、高級館と言う触れ込みなのだから、ちゃんと女子トイレも整備するべきなのでは?

「・・・・・・ゴクリ
「これが噂のフォアグラ・・・・・・!」
「あ、キャビアだ!」
 館の厨房探索中の一コマ。作りかけの料理や高級食材の数々に、食をそそられている。
 このまま何事もければ、彼女も思う存分に食事を堪できたのだろうが、それも最後の怪異によってあえなくご破算に。可哀そうである。

「お化粧すると肌が荒れるから嫌なのよね」
 別館・着物の間にて、化粧台を見てのコメント美琴ちゃんはすっぴんらしい。

「ていっ!」
「やぁあ!」
「とおぅ!」
「 と り ゃ ー っ ! 」
 ラストバトルにて、霊を倒すための秘法を放つ掛けの数々。音素材フル活用して、存分にを聞かせてくれる。ごっつかわいいなまらかわいい美琴ちゃん可すぎる天使か。
 なお、この戦闘では非常に処理落ちがキツい。最新バージョンでは軽減が図られているが、それでもPCスペックや同時に起動しているソフト次第で処理落ちの恐れもある。事前デフラグなどの対策を取っておいて、しっかりと美琴ちゃんの晴れ舞台を堪しよう。

関連動画


関連静画

 
 

関連商品


 

関連項目

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/05(日) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/05(日) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP