今注目のニュース
自称霊能者がもはやギャグ ホラー漫画家による「怪談取材」での苦労話が悲しみの事実
清水圭が吉本社長会見を猛批判、恫喝された過去も告白
誰も死なせない!『オーバーウォッチ』マーシーがfigma化

単語

掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

とは、子供のことである。また以下のことを表す

十二支

子(ね)は十二支の第1位である。十二支の一つとして年日、時刻、方位などを表す。十二方位は北、年は西暦を12で割って余りが4の年、では11月、時刻は11時から深夜1時を表す。深夜12時を正子ともいう。 五行は、陰陽は陽。十二生肖としてネズミが割り当たっている。

なお子の字は甲文のころには十二支を表し、子(ね)は後に篆書で㜽、𢀈などにあたる字で表した。

人名

殷王の王族の姓が子である。

  • 子履(、湯王) - 殷王の最初の
  • 子受(辛、紂王) - 殷王の最後の

子は王子や身分の高い人を表したので、字(あざな)に用いるようになった。孔門十哲から例を挙げる

  • 子路 - 仲由の字
  • 子貢 - 端木賜の字
  • - 商の字

日本では伝統的に〇〇子というのが女性の名前に用いられる。節子敦子翔子舞子姫子京子貞子律子良子、・・

その他

漢字として

Unicode
U+5B50
JIS X 0213
1-27-50
部首
子部
画数
3画
読み(常用)
シ、ス
訓読み(常用)

小篆体

十二支の子の甲
意味
子供、幼児、男子の美称、先生、徳人、、人びと、五爵の第4位、果実、という意味がある。古くは、とくに王子など身分の高い男子を表し、のちに子供の意味で使われるようになった。
また滋と通じて、ふえるという意味がある。
字形
幼子の形。〔説文解字・巻十四〕には「十一月、陽動き、物滋入す。以って偁と爲す。形」とあり、陰陽五行説に則って解説している。なお十二支の第1位を表す字は、甲文・文では別の字であった。
音訓
読みはシ(音、音)、ス(唐音)、訓読みは、こ、ね、きみ、み、おとこ。子の音読み訓読みを用いた小野篁による子子子子子子子子子子子子(ねこのこ、こねこ、ししのこ、こじし)という言葉遊びが知られる。
規格・区分
常用漢字であり、小学校1年生で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
部首
子は部首、子部を作る。に偏に用いられ、こどもへんこへんと呼ばれる。子孫に関係することを表す。
子を符とする漢字には、などがある。
子音・子宮・子細・子爵・子女・子息・子孫・子・子婦・子

異体字

𢀈
Unicode
U+22008
部首
画数
18画
Unicode
U+373D
部首
子部
画数
6画
𡿹
Unicode
U+21FF9
部首
画数
9画
𢀇
Unicode
U+22007
部首
画数
17
𠙭
Unicode
U+2066D
部首
画数
16画
𡐫
Unicode
U+2142B
部首
土部
画数
15画
𢀉
Unicode
U+22009
部首
画数
19画
𣕓
Unicode
U+23553
部首
木部
画数
13画
Unicode
U+2F26
  • 𢀈は〔説文〕に「籒文の子、囟は有り、臂脛上に在るなり」とある籀文。
  • 㜽は〔説文〕に「古文の子、るにふなり」とある古文。この2字は甲文で十二支の子(ね)を表した字がもとになったのだろう。
  • 𡿹は、〔説文長箋〕にある古文。𡿹の書き方が変わって㜽と書くようになったとある。
  • 𢀇は、〔説文(段注本)〕での籀文。
  • 𢀉は、〔説文〕の注にある古文
  • 𡐫は〔字彙補〕や〔説文〕の注にある古文。〔字彙補〕に「扶の夫子碑に見ゆ。唐程浩撰す」とある。
  • 𣕓は、〔字彙補〕にある古文
  • 𠙭は、〔字彙補〕にある異体字。

互換文字

⼦はUnicodeにおいて子と互換とされる字で、部首としての子を表す。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/24(水) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/24(水) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP