今注目のニュース
「奥様を舞台に行かせてあげてください!」 夫を介してサポートし合う妻(オタク)と部下(オタク)の漫画に心温まる
対戦ヤギシューター『Goat of Duty』に日本語追加。忍者やセーラー服の戦士風のスキンも追加されたヤギ・パーソン・シューティングゲーム
『ポケマス』キャンペーンでバディーズ診断&クイズ実施 全問正解でニックネームがゲーム内に登場

守山ヒロキ単語

モリヤマヒロキ

掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

守山ヒロキとは、アニメカードファイト!! ヴァンガードG ストライドゲート編」の登場人物である。
担当声優小島幸子

絶対追記! 絶対概要!! ニコ百の使者守山ヒロキ、只今参上ッ!!

G3期「ストライドゲート編」にて登場した、明神リューズカンパニー」所属の少年
「自分が正義」「敵対者は悪」と言ってはばからない、身勝手で喧しい少年
クロノ達の前に現れ、十二支刻獣防衛という名で顔見世に登場。その後、ヴァンガード普及協会ユナテッドサンクチュアリ支部に襲撃をかけ、カンパニー最初の刺客となる。
その時現支部長である雀ヶ森レンや代理の新城テツは不在。明日川タイヨウ阻止の為立ち上がるが彼を叩きのめし、ユナサン支部を「審判」の結果召喚した十二支刻獣により破壊してしまう。
この後、ストライドフォース消費により消耗したエース蝶野アムに対し心い暴言を吐いていたりする。

なお、リューズの意向に関しては賛同しているが、リューズ・ラボ調団襲撃を試みるヒロキに再度対峙した明日川タイヨウとの会話の際・・・。

タイヨウ「負けたら悪だなんて乱暴すぎるよ!」
ヒロキ「フッ、馬鹿め。それが世界シンリでありタクセンなのだ!」
タイヨウ「真理? 託宣? ・・・どういう意味?」
ヒロキ「ウェ!? えっと・・・う、ぅ・・・? う、うるせえッ!! んなことはどーでもいいんだ!! とにかく! 勝負の結果は絶対! リューズさんがそう言ってた。難しいことは置いといて・・・オレは感動したね! あの人についてけば欠の未来になる、ってな!」

あんまりよくわかっていないことが判明する。
ただし、一方的に自らの正しさをし、意に添わない相手は底的に排除するそのやり方はリューズと似た物であり、ヒロキがリューズに惹かれたのも納得できる。
ちなみに、この時の会話といい、ユナサン支部襲撃の際「『巣窟』をすくつ読み違えた」ことといい、あんまり頭はよくなさそう。

リューズ・ラボを巡る戦いは、神崎ユウイチロウとの出会いや教えを経て一皮むけたタイヨウの勝利に終わり、その「審判」であるファイトの結果により暫く若水ソウスケから活動停止を言い渡され、暫く登場の機会はなかった。
しかし、江西サトルにより追放された蝶野アム東雲ショウマにより追放された若自身とは違い、一応は在籍していたようで、カンパニー所属であるため最後の審判の裁定者として選ばれ、因縁のあったタイヨウと対峙することになる。
なお、最終メンバーにも関わらずクライマックス近辺でクラン強化がないという悲しい位置づけにあった。

悪党どもも、群れてるだけの雑魚どもも、みんないなくなれ・・・!!

彼がそもそもこうなってしまったのは、過去いじめを受けた際の出来事にあった。
追い込まれたヒロキは、その場でいじめ犯格に対し逆襲。犯格より腕っ節の強かったヒロキは犯格と取り巻きをボコボコ叩きのめした。
後に教師が駆け付けたが、犯格の子供たちはヒロキに責任を問うことができず、「ヒロキは悪くない」「正当防衛だ」と周囲の子供たちは言い、そして。

キミが・・・正義だ・・・」

この言葉がトリガーとなってしまい、ヒロキは「定められた行動を他人に遵守させ、自身が一の強者(ヒーロー)となることで自身を確立する」ようになってしまい、どんな細なことでも例外を認めず、自身の意向にそぐわない相手にはどんなに乱暴になってもいい、という観念が確立されてしまった。
「自身が正しく強ければ、自分にを成す人間もいない」、と。
結果的にそれは、「強さこそ正義弱さは罪と、対峙したタイヨウが旧ユナサン支部の「弱さは罪」の思想に染まっていたころの己をオーバーラップさせるような振る舞いであった。

しかしその根底には、自身を認めてほしい、自身を受け入れてほしい、という心の叫びがあった。
それを虚勢をることでひた隠しにし、過ちを上塗りし、自身を強く正しく見せることで理想に近づこうとしていたのだ。
だが「最後の審判」において、それでも退かないタイヨウがヒロキを受け入れ、友達になりたい、と手を差し伸べたことで、遂にヒロキはタイヨウを受け入れたのだった。思い返してみれば、こうしてヒロキに手を差し伸べたのは、タイヨウが初めてだったのかもしれない・・・。
その後、最終話いてはタイヨウに誘われてか、皆とともにカードキャピタル2号店の「クロノ杯」に参加。大々的に仲間と楽しく遊ぶファイトは、もしかしたら彼にとって初めての経験だったのかもしれない。

続編である「カードファイト!!ヴァンガードG NEXT」には出演していない。タイヨウ、チームメイト探すならヒロキにもかけてやれよ。
しかし、その続きとなるG最終章「カードファイト!!ヴァンガードG Z」では、公式サイト更新によりタイヨウのクラスメイト宮地学園中等部1年生であることが明かされている。まさか出番がなかったのは勉強のレベルが追い付いてなかったから・・・?

余談だが、ヴァンガードキャラクター愛知県の地名が多く取られているが、愛知県における「守山」は昭和の大合併で一消滅した現在愛知県名古屋市守山区)である。
前後の記述による不遇さも合わさり、妙な運命を感じる。

宇宙の平和を守るスーパーヒーロー! まさにオレ様に相応しいクランだ!

使用デッキディメンジョンポリス。今まで使い手がいなかった「ギャロップ」軸のデッキである。
ヒロキのデッキキーワードバースト体とした越軸デッキ。「爆」はヴァンガードパワー特定数値以上の場合に発動できるであり、更なるパワーアップアドバンテージ獲得などを望むことができる。
が、ヴァンガードの数値を参照することに加え、Gユニット体のキーワードであるため、Gユニット越することが前提のキーワードであり、加えて追加でヴァンガードを強化しないと使えない効果も多く、アドバンテージの稼ぎづらいディメンジョンポリスに更なるリソース消費を強いる・・・と、キーワードの中でも非常に使いづらく、キーワードクラン全体の強化に寄与しているとはお世辞にも言えない。
しか宇宙勇機 エクスギャロップ》は例外であり、アタック時であるためブーストを「爆」の参照数値に加算でき、上手く行けばブーストだけでも達成可ラインに加え、トリガーチェックを4回行うことができる為強。また、ヒロキはアタック中の相手のパワーが一定以上ならノーコスト25000シールドになり、その状態で手札を棄てることでターンヴァンガードパワーを引き上げる強なGガーディアン宇宙勇機 エクスカリヴー》も使用している。

しかし、守山の特徴はプレイング傾向にある。
リアガードを守ることをまるでせず、退却したリアガードを「こんないらねーよ!」呼ばわりまでし、パワーアップ効果があれば迷わず可な限りヴァンガードに振っている。
これは先述の思想の現れであり、「己一人が強くあればいい」「他者など不要」という傾向がファイトにも表れている、ファイトにはその人間の全てが表れるという伊吹コウジの言葉を体現するような人物と言えるだろう。

だが、切り札の宇宙勇機 エクスギャロップ》は条件を満たすとトリガーチェック増加に加えリアガードパワーを大幅に引き上げるという、ヒロキの思想と矛盾したを所持している。そもそも、自身が防がれても強化されたリアガードトリガーを振ってより大きな打撃を与えやすくなるという、リアガードとの連携を重視したカードであり、リアガードを軽視した戦いでは価を発揮できないのだ。もしかしたら宇宙勇機 エクスギャロップ》を切り札に据えているのは、彼の根底が滲み出てのことなのかもしれない。

なお、他人のデッキ馬鹿にするだけでなく、自身のダメージチェックカード叩きつけ、他人がダメージチェックで引いたカードを腕を抑えつけ理矢理置かせるなど、マナーの悪い問題行動が非常に立つ

正しい者にこそ、関連動画が増える。それ、すなわち正義!

売れれば関連商品になれんだぞ!

お前がここを見れば、宇宙のシンリは関連項目の存在を認める!

掲示板

  • 6ななしのよっしん

    2017/08/31(木) 17:12:57 ID: ARPIbv8l1y

    次のU20ではクロノさんを相手に戦いたいと思っているタイヨウくん、
    出場するならチームメイトの1人はヒロキくんで決まりかな?

  • 7ななしのよっしん

    2017/10/22(日) 13:15:42 ID: 5TO7VTANZF

    まさかタイヨウ君より身長が伸びて再登場とは

  • 8ななしのよっしん

    2018/02/26(月) 13:18:17 ID: Hy6qMEh9kA

    せっかく心していいやつになったのにロクな出番がくて悲しい…
    グランギャロップ好きなんだけどなぁ

急上昇ワード

最終更新:2019/08/22(木) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/22(木) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP