今注目のニュース
お風呂場から謎の異臭が… その正体にショックで動揺してしまった
地理に弱い声優・江口拓也、「伊豆ってどこ? 神奈川じゃないの?」と珍発言連発
キモくてうまい! 高校生と地元企業が共同開発したヌメッとリアルな「オオサンショウウオこんにゃく」が話題に

安倍晴明単語

アベノセイメイ

掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

安倍晴明(あべの せいめい/はるあき/はるあきら、921~1005)とは、平安時代中期の陰陽師である。
安倍氏土御門)の祖でもある。伝奇系の話が多いことでも有名。

史実の安倍晴明

921年に生まれるが、「どこで」「の間に生まれ」「どういう血筋で」「幼少の頃は何をしていたのか」がはっきりと分かってない。色々と説はあるのだが分からないのである。に包まれた出自を持ってたからなのか、後述する伝奇的な話が多かった…のかもしれない。

同時期の陰陽師である賀茂忠行・保子に師事し、陰陽を学ぶ。
960年40歳で陰陽寮の学生的な役職であるという遅めの出世街道を歩んでいた明だったが、その頃から天皇より占いを命ぜられていたりと、既に朝廷貴族からの信頼はあった模様。

師匠の賀茂保が没した辺りから頭を現し始め、当時の皇太子の命で那智山の天狗を封ずる儀式を行った。この頃から記録に「明が占いをやった」「明が儀式を行った」等と出てくるが、それは先述した皇太子天皇天皇)に即位し信頼を受けていたからである。

天皇が退位した後も、藤原道長などの貴族から信頼を集めていたと当時の貴族日記からも読み取れる。「天皇が病に伏せたので、明が禊を奉仕したところ病から回復した」「酷い干ばつが続いたので明に乞いをさせたらが降った」などと記されるとおり、当時から伝承にも負けない活躍をしていた。

その後は計寮(税の監把握をする機関)に異動。一見違いに見えるかもしれないが、計寮では算数学)の知識がいと就けない所なので、で培った計算が買われたと言う事になる(別の事情があったのではとも言われている)。
権大夫、穀倉院別当、播磨守の役職を歴任し、息子2人がそれぞれ博士と陰陽助に任ぜられるなど、安倍氏を一代で師匠である忠行の賀茂氏と並ぶ陰陽にしてしまった。

1005年、明は84(83)歳という長い人生に幕を閉じた。妖怪の類では。

実はこれだけの活躍をしながらも、陰陽寮のトップである「陰陽頭(おんみょうのかみ)」に就任する事はかった。
が、最終的に位階は陰陽頭より上の「従四位下」(陰陽頭は従五位下相当)になった。

伝承の安倍晴明

何故、安倍晴明が伝承で凄い人物として書かれる様になったのか。
詳しい事は陰陽師の記事に譲るが、日本の陰陽は分かりやすく言えば、「呪術」「占い」「天文学」「気」「科学」などをミックスし成立したものである。
それらの卓越した知識を持つ明、そして朝廷貴族からの信頼から明の出来事は秘化されていき、伝奇的な話が作られていったのである。

ちなみに明が死んだ11世紀の間に、この手の話は出来てたらしい。あの時代に8384歳まで生きてればそりゃ出来るよね。
以下に簡潔に記述してゆく。

  • と人の間に生まれた、いわゆる半人半妖。
  • 幼い頃よりの類が視え、あるに賀茂忠行の共をしていたら、が視えたので忠行に知らせた。この事で忠行は明が優れた才の持ちと悟り、瓶から瓶にを移すが如く、全てを教えこんだ。
  • 播磨から来た陰陽師から術べを挑まれたので、いとも容易く懲らしめた。
  • 寺で同席した卿たちに「陰陽の術でカエルを殺してみせよ」とせがまれたので、術を用い一切手を使わずにカエルペッタンコにした。
  • 明の屋敷では式事に使い、もいないのに門が勝手に開け閉めしていた。
  • 天皇が出するのを文で察知し、式を使って朝廷に急いで知らせようとしたが、天皇は丁度その頃寺に向かっていた。
  • 明がある時、カラスにフンをかけられた蔵人少将を見て、カラスの正体が式だと見破り、蔵人少将の呪いを解いた。
  • 藤原道長が可がっていたワンコがある時、長の外出を止めようとした。驚い長は明に占わせると、ワンコ長が式の呪いにかけられそうなったのを察知したんだと告げ、式を使って呪いをかけた陰陽師を見つけ出し捕らえた。
  • 神社に祈願しとなった橋姫の腕を渡辺綱が切り落とし、明が封印した。

ある伝承では

以下は安倍晴明が編纂したと言われる、占い・実用書「集」に書かれている話である(実際は明の死後に作られたもの)。
凄い話なので、別個にして記述する。

の御前で術べで明に負けた摩法師満と言われているが別人説アリ)はその後、明の子となった。
しかし、追い落とそうと狙っていた彼は、明がとある秘書を持っていることを知る。彼は明の妻と不倫関係になり、その秘書がどこにあるかを聞き出そうとした。明より摩法師と妻の仲の方が親密になったと見計らった彼は、遂に秘書が石のの中にあると聞き出す。しかし、開け方は妻でも分からなかった。なので、明が不在の時にそれを見せてもらい、何とかしてを開けた
明が帰宅した時に「私はこの秘書を授かった」と明に告げ、明は「それは自ら唐に渡り入手したもの。お前が持っているはずがない」と摩法師を叱ったが、摩法師は「今こそ明を殺する好機」「ではその秘書を私がもっていたらその首をいただく」と言い、明はそれに応じてしまった摩法師はあらかじめ書き写しておいた秘書を懐から見せると、明の首を刎ねて殺してしまった
明に秘書を授けた唐の上人は明が殺されたことを察知し、日本にやって来た。そして残にも殺された明のを拾い集め、術をかけて明を生させた子を殺された報復の為に明と共に、摩法師と明を裏切り摩法師の妻となっていた元妻の元へ向かった。
上人は摩法師に「明はおるか」と聞き、摩法師は「かつてはここにいたが、首を刎ねられて死んだ」と答えた。上人は「そんなはずはない。さっきそこで彼と会った」と言い、摩法師は「方の言う事こそ、そんなはずはない。もし明が生きていたらこの首を差し上げよう」と答えたので、生したを呼び、摩法師に見せた。こうして摩法師は約束通り首を刎ねられ、元妻も一緒に殺された

つまり、「子となった陰陽師に一度殺されたが、秘書を授けてくれた師匠が察知し来日して生してくれた。しかも自分を殺した犯人と裏切った妻も殺してくれた。」という話である。

でもこの話、凄いのは明じゃなくて師匠のほうではないだろうか?
それどころか明は妻を寝取られていたり、安易に首を賭けた話に乗ってしまい殺されていたりと、なかなか可哀想な役どころである。

関連商品

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2019/04/29(月) 15:34:25 ID: AgqlMj4X4T

    満との逸話は正直明じゃなくて師匠すごいんじゃ?とか思ってしまうw
    あと明さんの時代だと唐ってもう…
    唐(から)って意味かもしれんが

    東京レイヴンズ無茶ぶり明好き

急上昇ワード

最終更新:2019/07/17(水) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/17(水) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP