今注目のニュース
加藤紗里、前澤友作氏を狙わなかった理由に物議 「逆にスゴい…」
大戸屋の赤字転落、原因は「安すぎるから」?
ワクワクさんとゴロリの知られざる設定に衝撃 「そんな難題な…」

実況パワフルプロ野球11単語

ジッキョウパワフルプロヤキュウイレブン

  • 2
  • 0
掲示板をみる(53)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

実況パワフルプロ野球11とは、2004年7月15日コナミから発売された野球ゲームである。パッケージコピーは「プロ野球選手になりたくなる野球ゲーム!」である。

概要

パワプロシリーズナンバリングタイトル11作で、前作のパワプロ10同様にプレイステーション2ニンテンドーゲームキューブにて同時発売された。
ミート打ちが強化され、ある程度芯を外した当たりでもヒット性の打球が飛ぶようになったが、かわりに強振でもホームランの当たりが出づらくなった(直球のジャストミートだと案外ボールが伸びない)。
一方守備面でも、ボールの方向にグラブを思い切り差し出す「伸ばしキャッチ」、横っ飛びしながらライナー性の打球をカットする「斜めジャンプ」のモーションが加わり充実。球際のプレーに磨きがかかった。
12月に出された「決定版」ではミートがやや弱く、強振がやや強くなった模様。

モード解説

ペナントモード

新戦発掘の方法が10とやや異なっており、一定のポイントを消費してスカウトを雇用し、ドラフト補の発掘や調を分担させるシステムになっていた。ややこしかったためか12では止された。
また「10」のサクセスのように若手を海外野球留学に出すことが出来る。

マイライフモード

プレイヤーの同僚キャラクター奥居」がデビュー。他にもフリーの時間に行う「趣味」やプロ仲間及び彼女補との「交友」などの要素が追加され、ペナントモードの付属品みたいな状況からパワーアップした(その代わりテンポは多少犠牲に)。詳細は「マイライフ」の記事を参照のこと。

決定版に限って奥居彼女に出来る。しかしその条件が微妙に厳しく、その条件の前に某軟投派ピッチャーが涙をんだ。

シナリオモード

10のガチャポンではなく、野球ゲームで選手(隠しプロ選手)を獲得する方法に変わった。ボールタイミングよく打ち返してヒット以上の成績になれば選手がもらえた。散々苦労してクリアしたシナリオ野球盤に失敗すると泣くに泣けない。
決定版には「どこでもシナリオ」というモードがあり、ごとの名勝負を再現したシナリオが用意されていた。しかし12決定版では取り上げられず。そして12決定版を最後にシナリオモードはなくなった。

ホームラン競争

ホームランを打ちまくるごとに野球ゲームの挑戦権が手に入る仕様。このモードでもらえるのはOB選手。
決定版では「対決!伝説選手」モードがあるためホームラン打ちまくってもOBはもらえない。

対決!伝説選手(超決定版)

パワプロ10にあったOB選手を打ち破っていくモード。10にべて伝説選手のキャッチコピーが増え、またセーブポイントも少し増えたため進めるのが楽になった模様。

サクセスモード

「新世代大学野球編」と称しており、「パワプロ6」から約2年後の設定で、今回のパワプロくんは猪狩守らの4年下にあたる。
大学2年の4月から4年リーグ戦までの間野球打ち込みプロ入りをす。

今回は1ターン1週間ではなく、1ヶを3ターンに分けており、の終わりには消費した体が初期値の半分ほど回復する。ゲーム期間は2年4月から4年9月10月(最後の大会で全出場)までなので、に直すと3031ターン数では90ターン93ターンになる。
同じに同じ練習を続けることで多少経験点にボーナスが加算される。また練習を重ねることで練習レベルが上がるが、効率以上に体消費の割増しが立つ。一方イベントなどで「練習機材」がパワーアップすると、体の消費量はそのままで練習の効率が上がる。また今回は練習による経験点の減少(例えば筋練習をすると技術ポイントが減るなど)がなくなった。

お金の概念が6以来久々に復活し、練習の合間にアルバイトをして稼ぐ(バイトに行くとその練習は出来ない)。稼いだお練習効率を上げる野球具や、体を回復させるパワリンなどを買って使う。そのの最終ターンには野球以外の趣味に打ち込んだり、彼女補とデートしたりすることが出来る。
また、これまではランダムイベントで現れることが多かった影山スカウトが普段の練習風景もちょくちょく顔を出すようになったため、ゲームクリアに直結するスカウト評価を上げやすく、下位名でいいならクリアがかなりラクになった。代わりに「バス停高校」のような悲惨なザコチームもいないので、大会を勝ち抜くのが少し難しい。

彼女と付き合うことで特典が得られるのはもちろん、今回は彼女が稀に、練習効率が大幅に上がる「ラブパワー」を与えてくれるように。ただしデートにはお金がかかるようになったので付き合い続けるリスクも上がった。またデートしか出来なくなるバッドステータス恋の病」が悪化しており、もしの初めに出てしまえばその練習は全てオジャンというとんでもない仕様になっている。また稀に「作るつもりもないのにいきなり彼女ができる」という事態まで起こり、そうなると育成計画の大幅修正(いはリセット)を余儀なくされることがままある。

試合操作や、後述する帝王大学の実技試験がうまい人は「筋練習」と「守備練習」だけでかなり優秀なキャラを育成できる。そのためか決定版では技術系練習の効率が低下している。

パワフル大学

パワプロ6」のパワフル大学と同じ学校だが、世代交代に伴い大学移転をしており、その影か弱小野球部と呼ばれるようになってしまったという設定。6で後輩だった江崎夫や熊谷太郎主人公先輩として登場する。
オーソドックスな育成が出来るチームであるが、大学リーグを勝ち抜くことで野球部の「評判」を高めることが出来、そうすることで練習機材のレベルが上がるなどの恩恵が受けられる。むしろ評判が上がらないと育成がうまくいかない。
評判を上げてクリアすると、最初から評判が高い状態でプレイすることが出来るようになる。「弱小(デフォルト)」「普通」「強」の順に評判が高くなる。
他の大学べて継承選手が登場しやすいのが特徴。

ゲーム開始時の評判が「普通」であれば早川あおい監督として登場、野手では直接対決で特殊がもらえる可性がある。また「強」であれば阿畑やすしが特別コーチとして登場し、彼の特別メニューを経て特殊を得る可性がある。
しかし強で始めた場合はちょっと負けただけですぐ評判が普通に戻り、が帰るわけではないが練習機材が格下げされてしまう。また開幕版では、普通になったままクリアすると次回プレイで強モードを選べなくなってしまう(決定版では一度強になれば失敗してももう一度強で始められる)。

ちなみに、今回はコーチ関係なくどこの大学でもが顔を出してきて、オリジナル変化球習得のイベントが起こる。

帝王大学

パワプロ6山口が率いていた大学野球最強チーム。ここもまた世代交代で山口卒業している。それでも決して弱くはなく、新生パワフル大学にとってはの上のたんこぶ。
あかつき系と同じく実義で、ランキング試験を行って上位のものから順にレギュラー獲得などで優遇されるというもの。通常のランクの上には「四天王」という別格の存在がおり(投手内野手外野手捕手に一人ずつ)、四天王の地位を奪えばレギュラー確実、かつ通常より多く練習できる。
制覇できないとペナルティやる気と体減する、四天王が居残り練習サボるとペナルティやる気(略)、四天王から転落すると病気がいっぱいつくなどここ特有のデメリットが多い(しかも帝王プレイの時に限って味方打線沈黙、投手炎上が起こってる気が…)ため育成が辛いが、最初から練習機材が良い(後半のイベントでさらにレベルが上がる)ことや実試験パスによる経験点ボーナスなどのメリットも捨てがたく、実があれば有選手をぽんぽん作れる。
友沢亮が同僚で、プレイヤー内野手の場合彼と四天王の座を争うことになる。

ここに限って裏モードがあり、ランキング試験を止出来るのだが、試験や試合をコンスタントに勝ち抜けるのであれば表モードの方が強い選手が作れるとも言われている。

イレブン工科大学

「11」つながりということで同じ大学サッカー部と半ば合併した状態で戦っていくというヘンなチーム。人数不足のせいでサッカー部員まで野球の試合に参加する。

毎年7月2月に学科試験があり、その試験をパスすれば練習機材が強化されるなどの恩恵があるが、逆にダメなら練習不能になってグレるという事態が起こってしまう。その試験に備えるためにチームメイトを誘って勉強会を開くが、そこでは新たな練習機材を開発することも可。作ったり貰ったりした機材は次回のプレイに持ち越されることがある。
またグラウンドをサッカー部と共同で使っている事情から、2ヶごとにグラウンド割り振りのジャンケンが発生し、勝てば一部の練習パワーアップ、負ければ一部の練習不可能になる。
そんでもって12月にはサッカーの試合に出ることになり、活躍できれば経験点ボーナスが期待できる。
とまあこのように変なイベントが多く、特にジャンケンにより練習が左右されることで運要素が強いと言える。また試合では、野手は個性いだが投手の枚数が不足していることから勝つのが難しい。あと何故かCPUの守備がひどくザルのため、自分が投手になると却って勝ちづらい。
デメリットや不確定要素ばかりあげたが、11の彼女補の中でも恩恵が特に大きくそこそこ可愛い伊東絵里と確実に知り合えるのは大きい。

橘みずき同期になるが、10と違い早川あおいとあまりギスギスしておらず、ギスギスの原因である名子(みずきあおいにそっくり)の問題が12で思い出したように復活する。どうも名子の扱いに困っていた模様である。

栄光学院大学

11開幕版では最後の大会の決勝戦で立ち塞がってきた大学で、決定版ではプレイヤーチームとして選択できる。
から有望な高校生を集めて作られた新しい野球部であり、他大学からのマークを避けるためにリーグ戦を棄権し続けている。そのため大会に出るチャンスは4年のしかない。その代わりにチーム内で時折紅白戦が催される。
チームメイトと一緒に練習すると仲間やる気が上がり、みんなのやる気が高まると「ハッスル」状態になって練習効率がアップするが、しばらくすると反動全員やる気がガタ落ちした「どんより」状態になり、効率が最悪になる(たった1ターンでどんよりすることもある)。やる気の維持に振り回されて思ったとおりの育成ができないかも・・・

全日本編

野球世界一の座をかけて、プロアマ問わず全日本のスター日本代表として集結するモード日本代表メンバーとともに合宿を行い、世界戦(最大4試合)をフルイニング操作で戦っていく、という通常するめ大学ハイブリッドとなっている。最初の戦いで勝てればその後の試合で負けてもクリア扱いになるが、球八高校のように途中棄権することは出来ない。
固定キャラが非常に多いのが特徴だが、いわゆるザコ選手の中にもプレイヤー自作プロが(継承モードの有に関わらず)紛れている。
練習期間は最大19日×3ターン57ターンであるため通常モードべて少なく(練習レベル自体は高い)、タッグ練習運が強選手育成には必要となる。

余談だが、本作の発売年に開催されたアテネ五輪野球において、日本は準決勝でオーストラリアに破れ金メダルを逃している。そのためか決定版では準決勝の対戦相手はキューバ代表からオーストラリア代表に代わっている。 

球場案内

下記に挙げた新球場のほかにも、パワプロ10から「頑市民球場」「にくきゅう場(地方球場)」「猪狩ドーム」が登場している。

ゴールドスタジアム

バックスクリーンに「The best ballpark」の謳い文句がアメリカ球場
100m、センター122m、フェンス3mの総天然球場であり、世界大会の決勝が行われる場所でもある。三段の観客席がグラウンドをぐるりと囲むコロッセオのごとき姿は壮観で、まさに世界一の座を懸けた戦いの舞台に相応しいといえる。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

実況パワフルプロ野球

掲示板

流行語100

急上昇ワード

最終更新:2019/12/11(水) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/11(水) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP