今注目のニュース
「外出自粛後、通常より売り上げが伸びている」 緊急事態宣言後も営業を続ける飲食店で、今何が起きているのか
ドワンゴ、ネット超会議の「超歌舞伎」中止を発表 緊急事態宣言を受け
マスクをスッとずらして「ゴホゴホ」 “やめてもらえると嬉しいこと”を描いた漫画に「いるいる」「マスクの意味ない」

実隆公記単語

サネタカコウキ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

実隆公記とは、三条西による日記である。

概要

応仁の乱後の皇室経済の扶持に尽し、公家社会最高の文化人として仰がれた三条西による日記。実が20歳の文明6年(1474年)から死の前年である82歳の文5年(1536年)までの63年間が記録されている。欠落もあるが、保存状態は良く、膨大な量が残っている。原本は現在東大史料編纂所に存在する。

内容は朝廷や幕府を中心とする政治上の動きを知る好史料となっており、応仁の乱後の世相、朝廷公家社会の窮迫、実の文化史的な関心、地方における文化的意欲の芽生え、といったものを見て取ることができる。

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2020/04/09(木) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2020/04/09(木) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP