家庭教師ヒットマンREBORN!単語

カテキョーヒットマンリボーン

5.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

家庭教師(かてきょー)ヒットマンREBORN!とは、週刊少年ジャンプにて連載されていた漫画作品である。

作者天野明コミックスは全42巻。小説版「隠し弾」は全5巻。

概要

2004年26号から2012年50号まで連載。略称は「リボーン(REBORN!)」「復活」。

連載当初は一話完結ギャグ漫画だったが、62話(標的62)をバトル漫画に路線変更している。(ちなみに当時の担当編集である相田聡一氏は、全なギャグ漫画だった『ボボボーボ・ボーボボ』に少年漫画バトル要素を導入させた実績がある。)

主人公正義の為ではなく「仲間を助ける」為に戦う点や、生死をかけて戦った敵が次々と仲間になっていく点など、ストーリーは『キン肉マン』『魁!!男塾』といった男臭いジャンプ漫画える。(ギャグ漫画からバトル漫画へ移行した点も同じ。)
そういった王道ストーリーに加え、「X BURNER」「時雨流」などのカッコイイ必殺技や、「ボンゴレリング」「匣」などの魅的な武器で、当時の小・中学生男子の心を掴んだ。

また、その美麗タッチで描かれるキャラクターから、少年ジャンプ作品の中でも特に女性人気が高く、アニメ放送当時は幅広いキャラクターグッズ声優によるライブイベントが展開された他、ニコニコ動画においても女性向け二次創作動画が数多く投稿されている。(まだ単語記事が作られていないポピュラーなタグ一覧でも、本作の検索避けタグが多い。)

テレビアニメは、テレビ東京系列局にて2006年10月7日2010年9月25日まで放送された。全203話。

あらすじ

何をしてもダメダメな中学生、“ダメツナ”こと沢田綱吉の元に家庭教師がくることになった。
家庭教師の名は「リボーン」。見た赤ん坊だが、その正体は一流のヒットマンだった。

リボーン的は「ツナイタリアマフィアボンゴファミリー』の10代ボスとして鍛え上げること」。
ツナの命がけのお勉強の日々が始まる。

登場人物

主要人物

沢田綱吉國分優香里
ツナ。本作品の主人公ツッコミ。並森中に通う中学生大空ボンゴレリングを持つ。
勉強も運動もできないことから、周囲から「ダメツナ」と呼ばれからかわれていたが、そんな人生を半ば諦める形で受け入れていた。
奈々を両に持つ日本人だが、イタリアマフィアボスであるボンゴレI世を曽曽曽祖に持ち、それが理由でボンゴレ10代補に選ばれてしまう。本人はボスには絶対ならないとしているが、ピンチされた仲間を助ける時は、ボスとして強大な敵に立ち向かう。
リボーンの撃つ「死ぬ気弾」によって、死ぬ直前にやれず後悔したことを死ぬ気ので「復活」し、パンイチで成し遂げるを手に入れる。曜編からは「小言弾」によって死ぬ気のを内側に秘め、バトル漫画らしく戦うようになる。
武器レオンが生み出した「毛糸の手袋」。これをつけて死ぬ気になると「Xグローブ」に変形。死ぬ気の炎を拳にい攻撃する。
リボーンニーコ 成田剣(大人))
アルコバレーノの一人。ツナボンゴレ10代ボスにするためやってきた家庭教師
見た赤ん坊だが、その正体はアルコバレーノ呪いで小さくなった凄腕の殺し屋で、数々の強者から恐れられている。
基本的に横暴な性格で、教育としてツナを理不尽に痛めつけている。
相棒カメレオンレオン変身がある他、死ぬ気弾の生成も行う。
挨拶は「ちゃおッス」だが、呪い編で「Chaos」だったことが判明する。
獄寺隼人市瀬秀和 吉田麻子(幼少期))
ボンゴレリングの守護者。白髪不良中学生
10代となるツナが同い年であることに疑問を抱き、品定めのためにツナに戦いを挑むも敗北。その時の死ぬ気のツナに惚れてから自称「10代の右腕」となり、ツナの従順な舎となる。
粗暴な性格はそのままな為、日常編では彼の善意ツナにとって迷惑となっていたが、曜編からは彼自身も成長し、ツナを守る為のを正しく身につけるようになる。
武器ダイナマイトは、咥えタバコで着火する。(アニメでは論変更された。)
見たに反して頭が良く、何事も形から入る。
生まれは名息子。異ビアンキは幼少期のトラウマが理由で、見るだけで腹痛を起こしてしまう。
山本武井上優)
ボンゴレリングの守護者。ツナ同級生で、並森中野球部。
性格は優しく気さくで、補修仲間であるツナにも隔てなく関わっていた。野球部でのスランプから身体を故障し身投げを図ったところをツナに助けられて以降、ツナ友になる。その後その身体リボーンに気に入られ、ボンゴファミリーの一員として数えられることになる。
相当な天然かつ気楽な性分で、リボーンの話をごっこ遊びで聞き入れていった結果命がけの戦いに巻き込まれるようになるも、普通に受け入れている。
武器寿司屋のから受け継いだ秘伝の技「時雨流」。様々なを用いて戦う。
プロ野球選手になることが日課はバッティング場通い。
雲雀恭弥近藤隆
ボンゴレリングの守護者。並盛中学校風紀委員長
並盛中学校だけではなく、並盛町一帯の頂点に立っており、裏社会最強最恐の不良。そんな中学生いるか…と思いきや、実は校心の強さから何年も風紀委員に在籍しており、年齢不詳。
群れることと束縛を嫌う一匹。他人が群れる様子も嫌っており、群れには仕込みトンファーで襲いかかり「噛み殺す」。
クールな性格だが負けず嫌いでもあり、リボーンとの戦いに拘ったり、一度敗北した骸に因縁をつけたりしている。
笹川木内秀信
ボンゴレリングの守護者。並盛中ボクシング将で、笹川京子
ボクシングの素質があると思ったらすぐに部へ勧誘してしまうほどのボクシング馬鹿。多少強引なところがあるが本人に悪気はない。
普段から死ぬ気状態で生きているため、死ぬ気弾が効かない。その体質をリボーンに見込まれボンゴファミリーに勧誘される。本人も強さをめて加入するも、実のところよくわかっていない。
獄寺とは何かと意見が合わず、「芝生」「タコヘッド」と呼びあっては喧嘩となっている。
座右の銘は「極限」。
ヴァリアー編では、蒸発した塩分パンチして攻撃手段とし、話題となった。
六道骸飯田利信
ボンゴレリングの守護者。曜中の少年。左に「六」の文字を宿す。
過去エストラーネオファミリー人体実験の被験体として扱われたことからマフィアを強く憎んでおり、マフィア殲滅のため、ツナボンゴファミリーに攻撃をしかける。
ツナ達に倒された後は、の勧誘によりボンゴファミリーに加入。クローム髑髏を媒介し、ツナ達を助けるようになる。
武器は6つの世界を基にした「術」。
常に敬語で物も柔らかいが、性格は基本的に冷酷非情。髪型パイナポー。
クローム髑髏明坂聡美
ボンゴレリングの守護者。ボンゴレリング争奪戦において現れた少女
不慮の事故で死にかけたところを骸に助けられてから、骸のために戦うことを決意した。
普段は無口大人しく、感情は乏しい。
料理の腕前について原作では描写がないが、小説では得意、アニメでは不得意。
ランボ竹内順子 津田健次郎(10年後))
ボンゴレリングの守護者。モサモ牛柄を着たわんぱく5歳
イタリアの中小マフィアであるボヴィーノファミリー殺し屋リボーン殺のため来日したが、リボーンには全く相手されず、そのまま的を忘れてしまい、現在沢田居候している。
泣きだが、泣きそうな時は「ガ・マ・ン」と堪える。
ファミリー秘伝武器「10年バズーカ」で、10年後の自分とよく入れ替わっている。10年後は今と似ても似つかない伊達男に成長するも、泣きな点は変わっていない。というか15歳にしては大人すぎる
武器手榴弾。10年後にはに集め攻撃する「電撃(レットリコ・コルナータ)」を駆使する。

リボーン/ツナの周辺人物

笹川京子稲村優奈
本作品のヒロインツナ同級生笹川太陽のような笑顔が魅ツナ談)。
ツナの事を「ツナ君(未来編ではツっ君)」と呼んでいる。
ほんわかとした雰囲気でやや天然ボケな面があり、人と感覚がずれた所がある。
三浦ハル吉田仁美
ツナと同い年の女の子英語交じりの少し変な敬語で話す。
当初はリボーンに惚れていたが、溺れた所を死ぬ気状態のツナに助けられて以来、ツナに好意を向けている。
天然でドジな所があり、獄寺からは「アホ女」と呼ばれ対立している。
ビアンキ田中理恵
リボーンの4番愛人。当初はリボーン自由にするためツナを殺そうとしたが、今ではするリボーンの傍で暮らす為、沢田居候中。
触れた物を物に変えるを持ち、得意の料理と合わせた「ポイズン・クッキング」で相手を仕留める。
獄寺腹違いで、獄寺には怪の心配をするなど優しく気遣うが、トラウマのせいで全て逆効果。
イーピン(チャン・リーメイ
香港生まれの殺し屋。礼儀正しい少女
中国語しか喋れず(アニメでは片言ではあるが日本語も話せる)、通訳にはリボーンを介する。
食べた肉まんの匂いで相手を操る拳法を扱う。
極度の恥ずかしがり屋で、恥ずかしさがピークに達すると額にカウントが浮かび上がり、0になると爆発する。
中国にいる師匠にそっくりな雲雀に想いを寄せている。
10年後は殺し屋から足を洗い、中華料理店でアルバイトをしている。お得意先のおじさんは本作最大のめちゃめちゃ雑な伏線となる。
フゥ太(三瓶由布子
本名「フータ・デッレ・ステッレ」。通称「王子」。
ランキング王子」と呼ばれている可らしい少年情報屋で、宇宙の全てのものをランキング付けしたランキングブックを持っている。ランキングモードになると周りが重力状態になる。
曜編後はランキングモードが使えなくなり、ただの居候になった。
沢田奈々深見梨加
沢田綱吉、ごく普通庭的な主婦。チラシを見てリボーン家庭教師に雇った本人である。
ツナ達がマフィアと関わっていることは知らないが、9代とは過去に面識がある。
原作ではツナを「ツっ君」、アニメでは「ツーくん」と呼ぶ。性格は天然ボケ
ディーノ鎌苅健太KENN
キャバッローファミリーの10代ボスリボーンの元生徒
武器ファミリーを守る為に戦うが、ファミリーがいないと実減してしまい、途端にポンコツになる。
ヴァリアー編では雲雀家庭教師を務めた。
左半身にはキャバッローファミリーボスに受け継がれる刺青がある。
相棒ヌンツィオ」は、レオンから生まれた。

黒曜中

本千種(豊永利行
六道骸の部下。無口想、見かけによらずタフで、獄寺ダイナマイトを至近距離で喰らっても簡単には倒れなかった。やM・Mからは「柿ピー」と呼称される。
武器は針仕込みのヨーヨー
城島内藤玲
六道骸の部下。舌足らずな口調と、語尾に「~びょん」と付けるのが特徴的。クロームに対して「認めない」などと言って酷い言葉を投げるも、気にはしている様子。
牙を入れ替えることでその動物を身につけるを持つ。

ヴァリアー

詳細は「ヴァリアー」を参照。

ボンゴレファミリー

沢田岩崎征実
ツナで、ボンゴファミリーの門外顧問(No.2)。
普段は好きのダメ親父だが、パワー最強であり、部下からは「方様」と呼ばれ慕われている。
バジル寺崎裕香
子。死ぬ気の炎コントロールツナに初めて教えた少年
っぽい口調はに騙された結果。
ラル・ミルチ(鈴木真仁
アルコバレーノの「なりそこない」。コロネロの元教官で人。
10年後の世界ではツナ達の教官となった。
モレッティ安田裕)
殺され屋。全な一発キャラだったが、ヴァリアー編でまさかの再登場。
ジャンニーニ(上原健太
ボンゴレ直属の武器チューナー。自信の割には発明品で周囲を困らせている。
10年後は優秀なメカニックになった。
ボンゴレ9代屋良有作
ツナリボーンを引き合わせた本人。
マフィアボスには見えない温厚で平和主義者な老人だが、だからこそツナボスに選んでいる。

アルコバレーノ

ルーチェ:湯屋敦子
橙色おしゃぶりを持つ大空アルコバレーノで、アルコバレーノボス相棒リスコスモを連れている。巫女であり予言者。ユニの3代前のジッリョネロフミリボスで、アリアで、ユニの祖母にあたる。
(フォン)(近藤隆
赤色おしゃぶりを持つアルコバレーノ相棒サルリーチを連れている。イーピンの師匠アルコバレーノになる前の経歴は不明。雲雀二つだが、穏やかで物が柔らかく口調は丁寧と、雲雀とは対面的。
コロネロ(中村
青色おしゃぶりを持つアルコバレーノ相棒ファルコを連れており、専らファルコに頭を掴まれて移動する。アルコバレーノになる前はイタリア海軍奇襲部隊の軍人、ラル・ミルチは当時の上官。
スカル柳原哲也
紫色おしゃぶりを持つアルコバレーノ相棒った巨大なタコ名前は「タコ」)を連れている。アルコバレーノになる前は一流のスタントマンリボーンには常に使いっ走りに使われているようである。
ヴェルデ(河野泰)
緑色おしゃぶりを持つアルコバレーノ相棒ワニのケイマンを連れている。アルコバレーノになる前の経歴は不明。科学者としての技術や知識はトップクラスで、マッドサイエンティストとして知られている。

関連動画


関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/29(木) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/29(木) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP