寄生虫 単語

470件

キセイチュウ

1.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
医学記事 【ニコニコ大百科 : 医学記事】
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

寄生虫とは、他の生物に寄生する動物のことである。

概要

「寄生」とは、ある生物が他の生物から栄養を奪い取り、それによって栄養を奪われた生物が不利益を被ることをす(不利益がなければ「片利共生」)。そして、寄生する側を「寄生生物」、寄生される側を「宿」と呼ぶ。

寄生虫は「動物」であり、動物は「多細胞で体外から栄養を摂取する生物」であるため、寄生虫は必然的に多細胞生物ということになる。ただ、広義には他の生物に寄生する原生動物(単細胞生物動物的なもの)である「原」も寄生虫に含まれる。

寄生虫によくみられる特徴として、運動や感覚、消化と言った器官が退化しているというのがある。要するに宿栄養を運んできてくれるので、わざわざ自分から探す手間が必要ないということである。
また、複数の宿を持つものも多い。日本住血吸虫が便とともに排され、孵化した幼生は宮入に寄生する。その中で増殖し、から水中に脱出した後に、哺乳類の皮膚から体内に侵入して成体になるという生活環がある。幼生として寄生する宿は中間宿、成体として寄生する宿を終宿と呼ぶ。

一般的にいって、寄生虫が宿に与えるは限定的であることが多い。なぜかといえば、生命にもかかわるほどのを与えて宿が死んでしまっては、寄生虫からしたら共倒れになってしまうだけだからである。そのため、寄生虫によって重篤な症状が引き起こされるというのは、本来の宿でない生物に寄生した場合であることが多い。
本来の宿に寄生できなかった場合、寄生虫は成体になれないというのもよく見られる。そのような場合に幼生が性生殖によって数を増やす寄生虫もあり、有名なものとしては北海道を中心に生息するエキノコックスを摂取することで幼生が増殖し、肝障害などを引き起こすというものがある。
また、幼生が寄生できる場所を探して体内を移動することによって起こる幼移行症を引き起こすものもある。顎口虫という寄生虫がいるが、これは幼生が人体に侵入すると体内を移動し続け、移動した場所がみみずばれになるほか、眼球に侵入すれば失明のリスクもある。
その両方がみられる寄生虫もあり、致死率100%と言われることもある(その話が正確かどうかは定かでないが)「芽殖孤虫」がそれである。

寄生虫に寄生されるのを予防するのに重要なことは、食前の十分な手洗い、生食を避ける(安全性が確保されている刺身を除く)、海外旅行での生を避けるといったことである。

関連動画

関連マイリスト

寄生虫解説動画。なお広義の寄生虫が対であり、原赤痢アメーバなども解説されている。

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP