今注目のニュース
恐怖を感じるとなぜ顔が青くなる? チコちゃんの解説に「人体ってすごい」と驚きの声相次ぐ
「ルパン三世」実写で演じてほしい俳優といえば? 3位妻夫木聡、2位菅田将暉、1位は…?
AIにポケモンを生成させてみた結果…

富士見ミステリー文庫単語

フジミミステリーブンコ

掲示板をみる(14)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

富士見ミステリー文庫とは、富士見書房がかつて発行していたライトノベルレーベル。通称「富士ミス」。

初期にはあまりの地雷率の高さから「存在自体がミステリー」と言われ、いわゆる「LOVE寄せ」などレーベルとしては迷走を続けながらも、それなりに多くの名作・良作を輩出し、読者から色んな意味でされたレーベルである。

概要

黎明期~存在自体がミステリー~

富士見ミステリー文庫歴史2000年11月20日、南房秀久『ハードデイズナイツ レクイエムは君の―』、あざの耕Dクラッカーズ 接触-touch-』、深沢美潮『菜子の冒険 は知っていたのかも。』など8タイトルの刊行で幕を開けた。当時はいわゆるミステリーブーム末期の頃であり、それに乗っかる形で富士見ファンタジア文庫レーベルとして誕生したのである。

富士ミスの幕開けから遅れること約1年、角川スニーカー文庫も〈スニーカーミステリ楽部〉なるレーベルを創設して、ライトノベルと一般ミステリーの中間のような作品を送り出していたが(そちらからデビューした作家米澤穂信がいる)、富士ミスはもっとライトノベル寄りの方向性の作品を送り出していた。

が、現在のようなライトミステリーの文法が定着していなかった当時、ライトノベル的なストーリーキャラクターの魅と、ミステリーとしての解き要素を両立した作品を書ける作家がそうそういるはずもなく、ミステリーなど書いたことのないライトノベル作家が見よう見まねでミステリーを書くか、ミステリー作家が不慣れなライトノベルを書くか、ということになってしまった。

結果、刊行作品は玉石混淆……というかほぼ石ばかりの状態となり(雑破業『なばかり少年探偵団』や、のちに創元推理文庫から復刊された秋桜子『アルバイター・美波の事件簿』など一部で高く評価される作品もあるにはあったが)、「レーベルの存在自体がミステリー」と評されることになる。

そして2002年1月には、自前の新人賞である富士ヤングミステリー大賞第1回大賞受賞作の深見真『ブロークン・フィスト 戦う少女と残酷な少年』が刊行される。この作品の読者の度肝を抜くトンデモ密室トリックはひとしきりりぐさとなり、富士見ミステリー文庫地雷原という認識は広く知れ渡ることとなった。

発展期~人気シリーズと新人たち、そしてLOVE寄せへ~

そんな混迷状態のスタートを切った富士見ミステリー文庫だったが、もちろん作品の全てが地雷だったわけではなく、初期から刊行されていた『Dクラッカーズ』や太郎東京タブロイドシリーズなどは一定の評価を得て人気シリーズとなり、レーベルを支えた。太田レンテンローズ』もヒットし、見裕Mr.サイレント』などの佳作が脇を固め、相変わらず地雷率は高かったものの、徐々にラインナップはそれなりに弾がい始める。後に電撃文庫で『9S〈ナインエス〉』で人気を博すことになる葉山透も、ヤングミステリー大賞第1回の最終補作『ルークレイリア の瞳の女神』でこのレーベルからデビューし、一定の評価を得た。

2003年1月にはヤングミステリー大賞第2回受賞作として、師走トオル『タクティカル・ジャッジメント』、時結衣『業多』、上田志岐『ぐるぐる渦巻きの名探偵』が登場。上遠野浩平の『しずるさんシリーズ』も開始し、毎20日だった発売日を4月から電撃文庫と同じ10日に変更するなど電撃文庫の隣に並べて貰おうという姑息生き残り策を図り始める。が、電撃文庫と発売日を同じくした結果、電撃文庫スペースを奪われ棚の隅っこに追いやられてしまうという大失策であったというのがもっぱらの評判。また、初期からの看シリーズであった『Dクラッカーズ』はミステリー要素と決別しアクション小説に特化し始めてから非常に高い評価を集め、良い意味でを集め始める。

そんな流れの中、富士ミス2003年10月11月の刊行を休止し、12月レーベルは大幅なリニューアルを敢行。本家富士見ファンタジア文庫と同様にに区切られていた表イラストを裏表まで続く1面絵にし、背表デザインも変更、そして「ミステリーに囚われない」と称して帯にでかでかと「L・O・V・E!」の文字を配するという、いわゆる「LOVE寄せ」という本末転倒というかレーベルに「ミステリー」の文字が入ること自体がミステリーになるという方針転換を図る。同時期、『Dクラッカーズ』『東京タブロイド』などが相次いで完結した。

円熟期~L・O・V・E!は富士ミスを救ったか~

レーベルリニューアルと前後して、桜庭一樹GOSICK -ゴシック-』や新井ROOM NO.1301』といったその後のレーベルの看となる作品に加え、野南『マルタサギーは探偵ですか?』、小林めぐみ食卓ビールを』、第3回新人賞受賞作から乗寺かるた『さよならトロメライ』などがスタートし、初期を支えた『Dクラッカーズ』『東京タブロイド』などの作品群と入れ替わるようにラインナップは充実していった。

2004年11月にはのちに直木賞作家となる桜庭一樹の出世作『砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない』を刊行し評判を呼ぶ。これが呼びだったのかどうかは不明だが、2006年頃には葉山透『ニライカナイをさがして』、新井さよなら、いもうと。』、鈴木大輔タマなどの単発読み切りでの良作を多く送り出した。また2006年には新人賞の最終選考からデビューした上雨音『SHI-NO -シノ-』が人気シリーズとなる。

その一方、中村九郎『ロクメンダイス、』のような賛否両論っ二つの作品を新人賞から輩出、また『ネコのおと リレーノベルラブバージョン』という怪作リレーノベルを生み出すなど、色んな意味でチャレンジ旺盛なところを残したレーベルでもあった。

こうして富士ミスはいちライトノベルレーベルとして独り立ちした……に見えたが、もともと「ライトノベルミステリーレーベルとして富士見ファンタジア文庫から生した富士ミスミステリーを捨てるということは、すなわち富士見ファンタジア文庫との差別化が困難になるということでもあり、ラインナップの充実に反してレーベルの立ち位置は微妙になっていくことになる。

衰退期、そして消滅~さよなら、富士ミス。~

2007年から、富士ミスは徐々に刊行数が減っていく。『GOSICK』の刊行がストップし、『タクティカル・ジャッジメント』の師走トオルなどの人気作家シリーズが終わるとともに富士見ファンタジア文庫などに移籍することが多くなり、レーベル全体が縮小、富士見ファンタジア文庫への統合へを切ることになった。

2008年にはヤングミステリー大賞の終了が告知され、『さよならトロメライ』や後期の人気シリーズであったレイジ想譚グリモアリス』が富士見ファンタジア文庫へ移籍。本格的に富士ミス終了が現実味を帯びる。

そして2009年3月、『SHI-NO』と『ROOM NO.1301』の2作の完結をもって、富士見ミステリー文庫は約8年半の歴史に幕を閉じた。最終的に刊行されたのは315冊であった。

近年の『ビブリア古書堂の事件手帖』や『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』といったライトミステリーキャラクターミステリーの人気と広まり、メディアワークス文庫講談社タイガといったキャラクター文芸レーベルなどの流れを考えると、富士ミスは産まれるのが10年から15年ほどかったレーベルだったのかもしれない。

富士ミススレと十傑衆

富士見ミステリー文庫る上で外せないのが、2ちゃんねるライトノベル富士見ミステリー文庫スレッドである。

地雷ばかりの富士ミス愛しネタにし、センスあるスレタイで笑いを誘い、刊行される作品を読み込み、たまに出る良作は大いに褒め、ネタ作品は大いに笑い、地雷作品は地雷として受け入れ、レーベルの迷走をハラハラながら見守り続けたこのスレッドの住人たちの存在が、すべき地雷レーベルとしての富士見ミステリー文庫イメージを形作ったのは疑いない。

スレッド内での「住人」→「十人」という誤字に対して「本当に10人ぐらいでスレッド回してそう」というイメージと、その後「富士ミス刊行作品を全部読んでいる」という猛者がスレッドに複数現れたことから、富士ミスを全作読破し地雷も含めて富士ミス愛しスレッド住人は「十傑衆」と呼ばれた。

GOSICK』がアニメ化された2011年には、十傑衆の手により、富士ミス全作品カタログなどが収録された『さらば富士見ミステリー文庫 (L・O・V・E!)の戦士たち』という同人誌が刊行されている。

富士ミス出身作家のその後

新人を見るは意外とあった富士ミスは、ヤングミステリー大賞から、その後、別レーベルで人気となる作家をけっこう輩出した。

『ブロークン・フィスト』である意味一世をした第1回大賞作家深見真トクノベルズEdgeで刊行した『ヤングガン・カルナバルシリーズブレイク。様々なレーベルで活躍し、一般文芸にも進出、アニメPSYCHO-PASS』の脚本を担当するなど精的に活動している。同じ第1回の最終選考からデビューした葉山も、前述の『9S<ナインエス>』のほか、現在は『0者ミナト』(メディアワークス文庫)で人気を博している。

第2回準入選の師走トオルはその後『火の物語』(富士見ファンタジア文庫)や『と彼女のゲーム戦争』(電撃文庫)を発表し、バリバリ活躍中。同じく準入選の結以少女小説ジュニア小説方面へ移行し、最近はノベライズを中心に精的に仕事をしている。第3回大賞の、富士ミスでは重な正統派ミステリー作家であった田代も、2013年に発表した『魔王殺しと偽りの勇者』(ファミ通文庫)で評判を呼ぶなど現役で活躍中。

第4回出身の2人は、ともにMF文庫Jアニメ原作者になった。大賞のレイジは『機巧少女は傷つかない』が、佳作の瑞智士記富士ミス時代は木ノ歌詠名義)は『星刻の竜騎士』がアニメ化。第4回では最終選考から概要でも触れた異端児・中村九郎デビューしている。

他にも、第5回佳作のかたやま和少女小説に移行して活躍し、末期に近い第7回で準入選した美月は受賞作は富士ミスからではなくStyle-Fから刊行され、2011年に発表した『の王覚めない』で本格ミステリ大賞補になるなど一般ミステリ方面で注を集めつつある。新人賞以外の富士ミスデビュー作家では、『東京タブロイド』の太郎がのちに『いちばんうしろの大魔王』(HJ文庫)でアニメ化を果たしている。

(同じく富士ミスデビュー作家と見なされていた秋桜は、『アルバイター・美波の事件簿』がのちに東京創元社に発掘され創元推理文庫から復刊、さらにシリーズ続刊が刊行されたが、2016年になってミステリ作家晶の別名義であったことが明かされた)

ほか、新人作家以外でも、概要でも触れた直木賞作家桜庭一樹や、『BLACK BLOOD BROTHERS』『東京レイヴンズ』(富士見ファンタジア文庫)がアニメ化されたあざの耕富士ミスが育てた作家と言っていいだろう。

富士ミスくなったが、富士ミスの血脈は現在も脈々と受け継がれているのである。

大百科に記事のある富士見ミステリー文庫作品

関連商品

関連項目

掲示板

  • 12ななしのよっしん

    2016/06/21(火) 14:18:41 ID: VN9S/NVXg5

    Dクラッカーズくっそ面かったけど、このレーベルじゃないと多分出版できなかったろうなぁ
    良くも悪くもアングラ臭のあるレーベルだった記憶

  • 13ななしのよっしん

    2016/11/03(木) 00:43:07 ID: fNilyaa1/O

    なつかしいwスレ住人だったわw
    地雷は嗜むもの」という名言がここから生まれていたな
    地雷?嗜む程度には」ってスレタイがあった

    さとみが大好きだったので1冊書いてくれて嬉しかった

  • 14ななしのよっしん

    2017/07/20(木) 22:28:10 ID: cbPMNXVXbz

    あの時代、あの富士ミスには妙な魅があったんだよ
    地雷ばっかり踏んでたが、今でも後悔はないし、「なんだかんだ楽しかったなあ」って言える

急上昇ワード

最終更新:2019/05/20(月) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/20(月) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP