今注目のニュース
「命と会社どっちが大事かちゃんと考えて」 LINEで「台風だから休みたい」と伝えたら社長がキレた話が予想外だった
天の川銀河は他の銀河を次々とかっさらう「盗人」だった!?
財務省が望むとおり増税した安倍内閣が「一強」である不幸/倉山満

寺島宗則単語

テラシマムネノリ

掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

寺島宗則とは幕末薩摩士、蘭学者明治時代の外交官、政治家である。日本における電信のと呼ばれる。

概要

保3年(1832年)5月23日薩摩士・長野増右衛門の次男に生まれる。

幼少の頃叔父松木宗保の養子になり、松木弘安と名乗る。長崎蘭学者上野俊之(上野彦馬)のに住み込み、蘭学を学んだ。

化2年(1845年)、江戸に遊学し、蘭学者川本幸民に師事する。

安政3年(1856年)、幕府の蕃書調所教授手伝に任じられたが、島津斉彬の命により薩摩に帰還。斉彬が推進した近代化政策である集成館事業に従事。蘭学書の翻訳や電信実験ガス実験など当時の最新技術の開発に携わった。その後再び江戸に出て蕃書調所に勤めた。

文久元年(1861年)、遣欧使節団に通訳として同行。帰薩摩に戻る。

文久3年(1863年)、戦争時に五代友厚と共に英国軍に捕えられる。

慶応元年(1865年)、薩摩が送り出した遣英使節団として渡航

維新後は外交官として政府に出仕し、外務大輔、駐英使、参議兼外務卿などを歴任。その傍ら電信事業の整備にも尽し、明治4年(1871年)には上海やウラジオトクへの海底ケーブル敷設事業を導する一方、外資本との交渉では日本側に有利な形で協定を結ぶことに成功した。

明治11年(1878年)、条約正交渉で米国との間で一部正に成功したが、英独の反対で頓挫。外務卿を辞任した。その後文部卿、元老院議官、枢密院顧問官などを歴任した。

明治17年(1884年)、伯爵に叙される。

明治26年(1893年)6月6日死去。享年62

関連商品

関連項目

関連リンク

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2014/10/30(木) 05:10:22 ID: 91qIRRTLnl

    由良騒動で有名なお由良に気に入られ江戸に遊学
    でも斉彬に重用されて写真機の発明に携わったり功績も多い

    勉強漬けの人生のため学者というイメージが強いが
    盟友・五代友厚当ての年賀状
    「新年明けましておめでたくない。自宅が火事で焼けた」
    という文章を書くなど隠れたジョークセンスを持つ(しかも放火されたっぽい)

    政治家としては伊藤博文や山県有なら長州出身が立つ元老の中で数少ない薩摩

  • 2ななしのよっしん

    2014/11/05(水) 00:16:18 ID: 0gZulD0aXN

    薩摩時代、あまりの蔵書量に友人の市来四郎から「いつ読んでる」と聞かれ
    「寝ないで読んでる」と答えた勉強お化け

    日本近代史上最高の技術官僚だが、薩摩閥の関係で不得手な政治をする破
    憲法勉強のためイギリスに渡るが研究に没頭しすぎて伊藤博文に出し抜かれたりもする
    薩摩出身でない方が意外と大成できたかもしれない人である

  • 3ななしのよっしん

    2016/05/17(火) 07:25:53 ID: 70VTOJj/o6

    江戸初期の事件で甑に流罪になった公家中御門松木)宗信が
    現地で作った子の末裔なんだよねこの人

急上昇ワード

最終更新:2019/10/14(月) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/14(月) 14:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP