小中千昭単語

コナカチアキ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(30)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

小中千昭とは、日本男性脚本家小説家である。自称「特殊脚本家」。映画監督小中和哉は実

概要

1961年4月4日生、東京都出身。成城大学映画記号学専攻)卒。

幼少の頃から媒体を問わずファンタジー性の強い作品に惹かれる。

10歳の頃よりの和哉と共に8mm映画製作し始める。1971年に『死因不明事件』を製作未完)、13歳で特撮映画インベーダー』を完成させる。
それからは大学卒業するまで年1本のペース自主制作映画製作し続け、大学在学中より特殊映像を専門としたライター業に手を染める。

1986年映像制作会社と契約し、映像ディレクターとしてデビュー。多くのテレビ番組・PRビデオ・展示映像などを製作企画
翌年の1987年からフリーランスとなり、演出から徐々にホラーSFファンタジー系専門のライターへとシフト
代官山ワンダランドHORROR』で特殊メイクを担当したことで監督石井てるよしと知り合い、1988年に同じく石井監督作であるホラービデオ『邪願霊』にて正式にシナリオライターとしてデビュー

1992年、和哉夫妻と有限会社こぐま兄弟舎を設立。

『邪願霊』『ほんとにあった怖い話』など初期の頃に手掛けたホラー作品で使われた手法は「小中理論」と呼ばれ、高橋洋・黒沢清らにを与え、後のジャパニーズホラーのイデオローグ的存在となった。

現在映画学校の脚本コースで講師を務めながら、文筆活動を中心に活躍している。

また、中学時代よりベーシストとしても活動している。マッキントッシュとしても有名。

人物・作風

自身にとって創作活動とは日常に介入する非日常を描くものであると断じ、RPG的な独自の世界観を持ったファンタジーには興味が持てないとっている。幽霊怪獣魔法など描く非日常の種類によって作品のジャンルは分かれるが、自身にとっては全て同一線上にあるとの事。

複数の作家によって拡されてきたクトゥルフ神話の構造に共感しており、作品ごとに新たな設定を考えるよりも合理的であるという考えから、多くの作品にそのエッセンスを盛り込んでおり、最代名詞と化している。

ホラー作家として、ロジックを持ちながらも全く理解出来ず圧倒的な暴力性を持ってその体験者に襲い掛かる不条理こそが最も恐ろしいとっている。その為、敵の的・正体が明かされずに物語完結する場合が多い。

俯瞰図からではなく常に人間線で話が進み、キャラクターの感情を丁寧に描き出しながらも、その行間から広がる渇いた空気が持ち味。
その反面、ウエットだったり、キャラクターに感情移入させるようなドラマは不得手との事で、そのタッチは業界内外から「ドライ過ぎる」と評されている。

地下フェチであり、ストーリー展開に地下間を絡める事が多い。

デビュー作である『邪願霊』においてのフェイクドキュメンタリー方式を筆頭に、視聴者の存在を強く意識した手法を多く取り入れており、『ウルトラマンティガ』の「悪魔審判」「けるものたちへ」・『serial experiments lain』の最終話などでは、メタ的な視点から画面の中の出来事と視聴者が相互干渉し合っているかような構図を用いている。

途中からいきなり始まる、固有名詞や専門用を多用する、時には言葉の使い方すら間違った明け透けで生っぽいダイアローグが特徴。

シーンを有機的に機させる構造はカットバックから生まれるというのが持論であり、かが言葉をくと画面が切り替わるなど、シーンバラす傾向がある。シーン数が多いと同時にワンシーンが短いカットである場合も多く、ともすればカット割りに近い印を持たれる事すらある。

通常、ストーリーリング物語の結末を予め想定する帰納法に則って行われるが、それを酷く嫌っており、一つ一つのアイデアを積み重ねて行く演繹法でなければ面白いものはできないとっている。キャラクターの設定についても、当初から明確にせずに必要に応じてライブ感で決めて行く事が多い。
また、頭の中で全に絵を作り、字コンテに近いト書きを入れているが、これも本来は邪とされる作法である。

脚本は自分の出したプロットから作っていきたいという姿勢から、プロットを各脚本家に配り、それに基づいた脚本を書かせてストーリー全体をコントロールするシリーズ構成という役職に懐疑的であり、自分がシリーズ構成を務めた場合にはそういったことはせず、担当する脚本家に話数の前後の繋がりも含めてプロットから考えて貰い、シリーズの縦軸として必要な事を適宜付加していくというスタイルを取っている。
ウルトラマンガイア』では、宮の思想、根的破滅招来体の正体などと言ったものを敢えて明確にせず、脚本家に各自の考えで執筆させる事で、作品がボリュームを持って発展していく事を狙った。

MBSの丸プロデューサーは小中を「天才肌」と評価して認めているが、喧をするとキレる性格であるとっている。
自らの正当性をするためには底的に議論をする事も辞さず、『ティガ』の「悪魔の預言」の打ち合わせにて、監督村石宏實ティガ預言者が対話するシーンを書き足したところ、ウルトラマン秘性を保つ為にティガが喋る事について反発し、強弁の余りを荒らげ机を強くいた事もあった。
TBSベテランプロデューサーである橋本洋二と仕事をした際も、「これほど作家テレビ脚本家)に折伏された経験はい」と苦笑いされたという。

近年は浅田真央にかなり入れ込んでいた様子で、公式HP更新停止状態なものの、浅田及びフィギュアスケートについての自身の論考を載せたブログを特別に設けていた。
2014年12月NHKで放送された『BABYMETAL 世界が熱狂する理由』を見て以来BABYMETALの熱ファンとなり、現在はこちらを題としたブログを頻繁に更新している。

主な作品

テレビ

映画

オリジナルビデオ

ゲーム

著書

関連動画

関連チャンネル

関連商品

関連項目

関連人物

外部リンク

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 28ななしのよっしん

    2019/08/15(木) 22:15:24 ID: U4+Avr33ta

    へー、テイマーズとか書いたのもこの人だったんだ。
    巨匠やねぇ。

  • 29ななしのよっしん

    2019/12/28(土) 01:49:22 ID: 0YrFPEvF1G

    記事の文章が上手だね。というか、この人関係の記事は同じ人が書いてるのかな?

  • 30ななしのよっしん

    2020/02/18(火) 00:15:27 ID: 5q5tuaBHHM

    「ダゴモンの呼び」はとくに有名

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/12/02(水) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2020/12/02(水) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP