今注目のニュース
Gカップグラドル・安位薫、服着用の姿披露 表情に心配の声も
投票しても無効になる白票の行方
45歳無職男、100均の商品にクレームで脅迫し逮捕 その行動に「せこすぎる」の声

小西康陽単語

コニシヤスハル

掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

音楽家DJ。文筆日本有数のレコードジャンキー

概要

1985年ピチカート・ファイヴメンバーとしてメジャーデビュー音楽マニアならではの洗練されたサウンドで後に「渋谷系」とカテゴライズされるサウンド確立したミュージシャンの一人として高い評価を得ている。また、解散前から数々の音楽CDプロデュース、楽曲提供、リミキサーとして活動。例えばルパン三世リミックスカバー企画アルバムPUNCH THE MONKEYシリーズアニメリミックスアルバムとしては異例のヒットを記録。また、『慎ママのおはロック』も金曜日発売だったにも拘らずオリコンシングルチャート1位を獲得、ミリオンセラーとなるなど、その独自のセンスはかの筒美京平からお付きをもらうほど。最近だと『マツケンサンバII』『魅せられて』のリミックスヒット

このように、日本ポップス史においては彼しにることが出来ない重要人物であることがわかる。ただし、素の本人は人見知りしい人物なので、顔出しメディアインタビュアーは苦労するんだとか。

主なお仕事

ピチカート・ファイヴ

渋谷系と呼ばれる音楽を広めたユニットの一組。「ハッピー」、「キャッチー」、「グルーヴィー」、「ファンキー」といった言葉で形容する音楽を自称し、その音楽性と三代目ヴォーカル野宮真貴ファッションヴィジュアル現在の評価へとつながった。デビュー当初から野宮加入前までは一部の音楽ファンが認識する程度であったが、カネボウ化粧品REVUE」のCMソングに抜された『スウィート・ソウルレビュー』、及び元フリッパーズ・ギター小山田圭吾が共同プロデュースで参加したアルバム『ボサ・ノヴァ 2001』でその名が広く知られるようになる。そして、ウゴウゴルーガ2号のOP曲『東京は夜の七時』でついに第一線のアーティストとして認知されるようになる。

1994年に北デビューを皮切りに外での活動を開始、当時は日本より日本国外の方が知名度が高いユニットという認識が強かった(事実野宮が『進ぬ!電波少年』にゲスト出演した際、電話越しに野宮と会話したチューヤンが奮した)。しかし、その音楽性は次第に内でも評価されていく。2001年3月ピチカート・ファイヴは眠りについた。

PUNCH THE MONKEY!

自身が発案・プロデュースを手がけたリミックスカバーアルバム。特徴はルパン三世の楽曲をミュージシャンが独自に解釈してリミックスすることで新たな顔を出しつつも変わらずルパンを表現しきっている点と参加ミュージシャンさだろう。ざっとあげただけでも田中知之(FANTASTIC PLASTIC MACHINE)、コモエスタ八重樫須永緒、東京スカパラダイスオーケストラハヤシヒロユキPOLYSICS・当時はPOLY-1名義)、Monday満ちる、ダンス☆マンクレイジーケンバンドなど、おそらくクラバーロキノン読者が聴いたら嬉しくて発狂するメンツがっている。

楽曲提供・アーティストプロデュース

前述の通り、大ヒットを記録したり音楽的な評価を得ている作品が大多数である。この辺りはレコードマニアセンスが遺憾なく発揮されているからだと思われる。な作品は以下の通り。
※他にあれば追加願います

他にも多数あるので、検索してみると面い結果になるだろう。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/21(日) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/21(日) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP