少なくともファッション誌には載っていた服だぞ単語

スクナクトモファッションシニハノッテイタフクダゾ

  • 26
  • 0
掲示板をみる(111)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(26)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

少なくともファッション誌には載っていた服だぞ」とは、声優花澤香菜の心の叫びである。

動画タグにするときは「少なくともファッション誌に載ってた服だぞ」「少なくともファッション誌には載っていた服だぞ」等の短縮形にすると文字数制限内に収まる。

概要

アニメ版『ポプテピピック』第13話朱雀ver.前半で登場する台詞

元々このアニメの本放送(全12話)では、キャラクターポプ子」と「ピピ美」の声優が異なる2つのバージョンが前後半で続けて放映されるという、少々特殊な形態をとっていた。

そしてテレビスペシャルとして2019年4月1日に放映された第13~14話ではさらに、放映・配信する媒体・サイトなどで「青龍」「朱雀」「白虎」「玄武」の4バージョンが用意され、それぞれの前後半でも声優が異なっていた。つまり1つの話に合計8バージョンが存在することになる。

その8バージョンのうち、niconico独占配信された「朱雀ver.」の第13話前半では花澤香菜ポプ子声優を務めた。そして第13話中の1シーン映画ランボー」の有名なシーンパロディにてポプ子CV花澤香菜)の台詞中に登場したのが、この「少なくともファッション誌には載っていた服だぞ」というフレーズであった。

なお、他のバージョン朱雀ver.後半において、女性は各々のランボーの演技を、男性オリジナル吹き替えに寄せた演技を視聴者ショートコントをやっていることをほぼ忘れさせるほどの迫真さで見せた。中には小さくアドリブをいれたり、演技を中の人ネタに寄せた声優(青龍Bパート)も居たが、ほぼ丸ごと自虐アドリブ(台本?)だったのは澤ただひとりだけだった。ついでに傷口にを塗り込むような追い討ちをするアドリブをしたのも戸ただひとりだけだった。

特に朱雀Bパート山口勝平玄武Aパート花守ゆみり、同Bパート櫻井孝宏がものすごい熱演を見せており、自虐アドリブが余計に際立っていた。特に山口の演技は当時のささきいさお(テレ朝版)を彷彿とする怪演というべき演技で、普段の山口の演技とのギャップも重なり、同じ朱雀Verなのに落差が半端ないことになっている。緒方賢一ガチめの演技してたからなおさら

2019/4/6 に開催された自身のライブ中に、一連の台詞アドリブであることを明言した。

実際の台詞

「入るぞ、ポプ子大丈夫だ、私一人だ。武器も持っていない。ポプ子、終わりだ。もう逃げることはできない、狙撃手が狙っている。見ろ、この騒動を。ここはベトナムじゃない、アメリカだ。戦争は終わったんだ!」

「なにも終わっちゃいない!なにも終わっちゃいないんだ!!タイにとって戦争は続いたままなんだ!自分ので買った好きな洋disられている!SNS上ではクソダサいだのみんな好き放題に言いやがる!あいつら、なんなんだ!!何も知らないくせに!!!」

センスが悪かったんだ」

「悪かった!?私の時代はいつ来るんだ!!少なくともファッション誌には載っていた服だぞ!?

自称ファッションリーダーこんなところで死ぬのか?」

「アタイ・・・、アニメであらゆるかわいいキャラやらせてもらった。だが、イベントに出ると大喜利ばっかりやらされる!帰ってくるんじゃなかったぁ・・・!!ちやほやされたかった、みんなみたいに・・・。だけど、もう引き返せないとこまで来ちまったんだ!!あたしバラエティ声優だよぉ・・・!!!毎日を見るんだ・・・。川柳大喜利がすべった時のを・・・。」

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/05/14(金) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2021/05/14(金) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP