尾田栄一郎 単語

151件

オダエイイチロウ

1.7千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

尾田栄一郎とは、日本漫画家である。な活動場所は週刊少年ジャンプ1975年1月1日生まれ。熊本県出身。

概要

代表作にして現時点一の長編は2024年1月現在も連載中の『ONE PIECE』。1997年7月から連載を開始し、現在もなお週刊少年ジャンプ看板といえる人気漫画である。同作の累計発行部数は2022年時点で世界累計5億冊を突破しており「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録認定されている。

単行本のおまけページなどでは読者からの手紙に対して返事を返す『SBS』というコーナーがあり、そこで様々な読者からの質問に答えたり、制作の裏話・裏設定を明かしたりしている。

映画版『ONE PIECE』にも積極的に関わっており、声優として出演したり、2009年の『ストロングワールド』では製作揮・ストーリーコスチュームデザインなどとして関わったりなど漫画家えた活動もしている。また、映画コラボ企画として、ファッション誌『メンズノンノ』の表に『ONE PIECE』のキャラを書き下ろすなどの少年漫画家としては異例な活動もしている。

この他、『ONE PIECE』連載前に描かれた短編作品も幾つか発表しており、それらの作品はコミックスWANTED! 尾田栄一郎短編集』に収録されている(うち2作品は事実上のパイロット版で、1作品の『MONSTERS』は後付けで『ONE PIECE』の過去の話と位置付けられている)。また、『MONSTERS』は2024年1月に『MONSTERS三情飛龍極』のタイトルアニメ化がされた。

なお、初連載作品にして代名詞とも言える『ONE PIECE』が完成した後は体力的な問題もあり、週刊連載及び長編漫画は描かない方針を表明している。また、「完結編が一番面くなる」と既に最終章の構想が出来上がっていることも幾つかの雑誌で発表しているが、ストーリー進行がくはなっておらず、一編が終わるのに2年以上かかることはザラで、さらに章ごとにキャラクター過去を描いて時系列が前後するため、原作漫画完結が不安視される作家の一人ともなっている。これは加齢による執筆速度の低下(1話あたりのページ数が19P分から15Pに減少)、新型コロナ禍でのアシスタント削減、アニメ劇場版実写ドラマ制作に携わるためなどが要因となり近年休載が増えている。テレビアニメ版にもし、長い前置きや回想CM提供入れなどで進行を著しく遅らせるぐましい努が行われている状態となっている。2023年8月6日放送分よりエンディングテーマ復活させ、実放送時間はさらに数分短縮され、さらに数週間に一度は総集編を挟む、アニメオリジナルシーンを多めに挿入するなどして原作1話分を2、3週に分けて放送しておりさらに遅々として展開が進まなくなっており不評を買っている。また、アニメ作画そのものも、放送時間左遷・予算の低下などにより海外へ外注するで初期からクオリティが落ちたというも聞こえる。ただ、こちらに関しては「ワノ編」開始に伴ってそれまでの低クオリティ作画善するためにスタッフを交代させるなどして向上策に出た。

スタジオジブリとの関係

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
奈良県[単語]

提供: 安須安須

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/15(月) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/15(月) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP