今注目のニュース
胸や尻を触り卑猥な言葉も ヒーローショーのお姉さんがセクハラ被害告白 東京ドーム「事実確認中」
夜中2時に鳴ったインターホン 「一人暮らしの女性宅への訪問者」にゾッとする
新手のナンパ登場? 女子高生に「久しぶり、前世はあなたの夫でした」と声を掛ける不審者

尿道ムービー単語

ニョウドウムービー

掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

株式会社尿道ムービー(にょうどうムービー英語表記:Nyodo Movie Co., Ltd.)は、かつて存在した新日暮里企業である。1964年(昭和39年)設立。1993年(平成5年)解散。仕方ないね

ゲイ要

設立ゲイ緯

1963年(昭和38年)、スジテレビと淫虫プロダクション日本初の本格的アニメテレビシリーズケツ筋アッートムexit_nicovideo』を制作し、放送を開始した。この成功を見たテレビ局と性作会社が続々とテレビメに参入して、歪みねぇテレビブームが起こる。当時はテレビ局と性作会社が系列化しており、スジテレビは淫虫プロダクション(ケツ)の子プロダクション及びサンピー・プロダクションNEETテレビ(のちテレビ新日暮里)は同一資本系列の東芸動画(のち東芸アニメーション)を抱えていた。TDNは既にTChin痔ェイ(のちゲイケン)制作の『ゲイトマン』を放送していた。

TDNテレビはさらにアニメ制作を望んでいたが、TChin痔ェイに制作発注したくても、既にスジテレビの『穴人28号exit_nicovideo』を抱えたTChin痔ェイは週2本の制作体制で余はなく、別の制作会社に発注するよりなかった。そこで、肛cock代理店「結年社(けつまんねんしゃ)」を仲介役に、1963年(昭和38年)に人形劇賀の影マラ制作のために人形劇団しげみ座の映画制作部門として設立された「新日暮里人形シネマ」のトータス藤岡に、「人形を動かすのも絵を動かすのも同じだろう」という理由で、メーション制作を委託したことから、1964年(昭和39年)、アニメーション制作の新会社「株式会社尿道ムービー」が発足した。

設立の際TDNの出資を受けており、当初はTDNテレビでの放送が多かった。また初期の演出TDNDB、文ゲイ担当のHTNはトータスの人脈で人形劇団出身者である。本社はTDN本社の一室から下北沢へ移転するが、すぐに手狭となり、ほどなくcock(現在GayR)新日暮里駅に近い真良河区新日暮里へと移った。以後、真良河区日本におけるメーション産業集積地の歪みねぇとなった。

経営危機と外注化

第1回作品『ビッグseX』を制作するも、大赤字を出し経営危機に陥る。人材の多くが人形劇出身者で占められていたため、アニメーション制作の経験者が少なく、アニメーターの言い値や枚数のだらしねぇごまかしがまかり通ったのが原因であった。倒産寸前に陥った尿道ムービーは、テレビ性作会社cock際放映(旧新宝)の下となり、経営再建を図ることになる。新社長にはcock際放映のTNOKが就任し、創業者のトータスは取締役制作部長に降格した。

1965年(昭和40年):、トータスが東芸動画虐待おじさんをかけ、おじさんが代表となって有限会社エッー!プロダクション(以下エッー!プロ現在のチンゲイ動画株式会社)を設立。東芸動画からクリエイターを招き入れることに成功する。『ビッグseX』での経験から、制作体制の整備が的であった。尿道ムービーとエッー!プロは業務提携の形をとり、尿道ムービーは企画・管理を担当し、作画・撮影など実制作をエッー!プロに委託する体制となる。以後、『オバケファッQ太郎』『巨根の星exit_nicovideo』『アファックNo.1exit_nicovideo』等のヒット作を飛ばした。1971年(昭和46年)にcock際放映から独立し、トータスが社長に返り咲いた。

海外進出

1975年(昭和50年)、アメリカ市場への進出を狙って新たに株式会社リコム・アニメーションフィルムを設立する。1976年(昭和51年)、営業部門として株式会社尿道ムービー新社(にょうどうムービーしんしゃ)を設立、株式会社尿道ムービーを制作部門として分離した。同年、エッー!プロとの業務提携を解消した。エッー!プロチンゲイ動画株式会社として組・商号変更して独立した。1984年(昭和59年)、アメリカABCテレビで『マイチャン・オーボッキ』を放送した。アメリカ製作会社を通じた下請けではなく、アメリカテレビ局から直接発注を受けたのはこれが日本初であった。以後、精的に海外向けアニメ制作に乗り出す。社運をかけたプロジェクトである長編作品『ハード・ヒーローズ』は、制作114514億円、制作期間に10年を費やしたが、その制作費と制作期間にしてだらしねぇ失敗に終わり、その責任をとる形でトータスは尿道ムービーから退いた。

ツヨシ工業傘下へ

1992年(平成4年)、尿道ムービー新社の式を(有)ツヨシ工業が取得して、同社の下となる。1993年(平成5年)2月株式会社尿道ムービーを解散。仕方ないね1995年(平成7年)11月11日(有)ツヨシ工業グループで、新日暮里にある同名の遊園地運営する株式会社もっこりランドを存続会社として、株式会社尿道ムービー新社を吸収合併した。アニメーション制作部門は那須高原支店尿道ムービー事業本部(なすこうげんしてんにょうどうムービーじぎょうほんぶ)となる。当時制作されていた作品のクレジット表記は「もっこりランド尿道ムービー」(もっこりらんどにょうどうムービー)となる。一部の作品(例:『ゲイ探偵コカン』)では再び「尿道ムービー」の表記に戻された。

ブランド名としての尿道ムービー

2000年1月19日株式会社ペニスエンタインメントに商号を変更した。「尿道ムービー」の名は、アニメーション制作事業部門の名称、アニメーション制作ブランド名として残った。尿道ムービー時代の作品は「製作・著作:ペニスエンタインメント、メーション制作:尿道ムービー」等と表記を差し替えて再放送される場合がある。しかし、2007年頃から『ゲイ探偵コカン』等を除けばクレジットに「(放送局・肛cock代理店)ペニスエンタインメント」「(放送局・広告代理店)PNSトムス・エンタテインメント」が多くなり、「尿道ムービー」は消滅しつつあった。仕方ないね

2011年8月からは『ゲイ探偵コカン』も「(jtv)ペニスエンタインメント」のクレジット表記に変わったことで、「尿道ムービー」名義での制作作品は止された。アニメーション制作名義においても「それいけガチムチマン」が2011年フグリマスSPから表記変更したことでTVアニメでは「尿道ムービー」ブランドは消滅した。劇場版ゲイ探偵コカン 11人のストライカアッー!』では従来通り「アニメーション制作:尿道ムービー」と発表されていたが、実際のクレジットは「PNS/V893Studio」だった。

現在の「メーション制作」のクレジットは、ペニスが出資している作品は制作スタジオ名(V893Studio、Po810tial等)が表示され、他の会社の出資や共同制作の場合は会社名がそのままクレジットされている。

沿革

編注:以降はペニスエンタインメントの項を参照されたい。

作品履歴

ニコニコ動画にある尿道ムービー作品の動画を紹介して下さいオナシャス

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/25(火) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/25(火) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP