今注目のニュース
死んだ彼氏が“脳”だけになって戻ってきた――“脳”と暮らす彼女の創作漫画が切ない
アニメイト、京アニ放火事件を受け店頭募金開始へ
ダルビッシュ「宮迫さん引退とか嫌やわー」

屍人荘の殺人単語

シジンソウノサツジン

掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

たった一時間半で
世界は一変した。

全員が生きるか死ぬかの極限状況下で起きる密室殺人
21世紀最高の大新人による、前代未聞のクローズド・サークル

史上稀に見る戦の選考を
圧倒的評価で制した、衝撃の本格ミステリ!!


屍人荘の殺人(しじんそうのさつじん)とは、今村によるミステリー小説。また、それを原作とする映画

あらすじ

大学ミステリ好会の葉村譲と会長の明智恭介は、つきの映画研究部の合宿に加わるため、同じ大学探偵少女剣崎留子と共にペンション湛荘を訪ねた。

合宿一日、映研のメンバーたちと肝試しに出かけるが、想像しえなかった事態に遭遇し湛荘に立て籠もりを余儀なくされる。

混乱一夜が明け――。部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。しかしそれは連続殺人の幕開けに過ぎなかった……!!

究極の絶望の淵で、葉村は、明智は、そして留子は、生き残りを解き明かせるか?! 奇想と本格ミステリが見事に融合する選考委員大絶賛の第27回鮎川哲也賞受賞作。

東京創元社ホームページ内の紹介ページexitより

概要

第27回鮎川哲也賞に応募された、今村デビュー作。この27回は本作の他にも優秀賞の一本木透『だから殺せなかった』と落選した戸田義長『牡丹』が後に刊行される戦回だったが、その中でも本作は選考委員である加納朋子北村薫先の3人からほぼ絶賛に近い評価を受け受賞した。[1]

2017年10月東京創元社から刊行されると、ミステリプロパーの間でもたちまち高い評価を受け、なんと新人のデビュー作にして「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベスト10」「本格ミステリベスト10」の3ランキング全て1位三冠を達成(東野圭吾容疑者Xの献身』以来史上2作品)し一気にベストセラーに。さらに第18回本格ミステリ大賞を受賞し、第15回本屋大賞でも3位に入った。ここ数年の本格ミステリの中でも最大の話題作と言っていいだろう。

本作がこれだけ話題になったのは、その本格ミステリとしての完成度の高さに加えて、「あるジャンル」の定番シチュエーションを本格ミステリ舞台にする、という今までありそうでなかった発想にある。[2]本作の「ある重要な要素」を本格ミステリに導入する作例自体は、オールタイムベストにも挙がる有名な前例があるが、吹雪の山荘・絶の孤といった本格ミステリの定番の舞台である「クローズド・サークル」と呼ばれる閉鎖環境の設定に「あれ」を導入した作品は前代未聞だった。

もちろん舞台設定のアイデアのみならず、この設定だからこそ成立する解きを巧みに構築した点が、ミステリとしての評価の高さに繋がっている。

主人公・葉村とその先輩の明智、名探偵剣崎留子といったメインキャラクターたちは今というかライトノベル系で読みやすい。突飛でスリリングな状況設定もあり、本格ミステリに不慣れだったり苦手な人でもとっつきやすい作品であるところもベストセラーになった要因だろう。

単行本の装画は『Another』など角川文庫綾辻行人作品の装画でおなじみの遠田志帆。

本作から主人公探偵役を引き継いだシリーズ第2弾『魔眼の匣の殺人』が2019年2月に刊行されている。2作も刊行々から高く評価されており、3作以降も続刊する模様。

2019年には神木隆之介(葉村譲)、浜辺美波剣崎留子)、中村倫也(明智恭介演で映画化予定。監督木村ひさし、脚本は治とドラマTRICK』のコンビが務める。

2019年からはウェブコミックサイト少年ジャンプ+」にてコミカライズ版の連載が開始予定。かつて乙一小説山羊座の友人』のコミカライズを担当した経歴もある漫画家、ミヨカワ将が執筆する。

関連商品

関連項目

脚注

  1. *選評によると、加納朋子は「一言で言って、抜群に面かったです」、北村薫は「これは、傑作といってもいいでしょう」とほぼ全面的に絶賛。先は面さや完成度は認めつつクローズド・サークルを成立させる外の扱いについて疑問を持ち一旦留保したが、2人の意見を聞いて賛同した、という形だったようだ。
  2. *本作を紹介する際には「あるジャンル」が何なのかを伏せるというのがお約束。なので本項でも詳細は伏せる。

掲示板

  • 2ななしのよっしん

    2018/12/12(水) 21:27:07 ID: NxFHjEwaQS

    映画化すんのねこ
    留子さんどんな感じになるやら

    まだ読んでない人には一つアドバイス
    巻末から見てはいけない、参考文献がネタバレだ!

  • 3ななしのよっしん

    2018/12/21(金) 16:17:00 ID: WeRpuXQKZd

    おお、映画化するのか! 是非観に行こう。

    絶対成立するはずがないともが思っていたものが成立どころか傑作になるっていうのが本当にすごいミステリ界の藤井システムとでも言おうか(適当)

  • 4ななしのよっしん

    2019/03/13(水) 07:52:58 ID: wqANarG6S1

    読んだことないけど、記事読んで『あるジャンル』がなんなのか察した。「世界は一変した」あたりで頭に浮かんだ。
    間違ってるかも知んないし、補がもう一個あるけど。
    なんにせよすごいな。それとミステリが合わさったものは見たことない。考え付きもしなかった。面そう。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/20(土) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/20(土) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP