今注目のニュース
深キョン(36)、セーラー服を余裕で着こなしてしまう 「恐ろしい…」
台風17号 沖縄や九州は猛烈な雨や風に警戒
リモートワークの実態「子育て中も働きやすい」一方で「契約を打ち切られた」という声も

履中天皇単語

リチュウテンノウ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

履中天皇

(りちゅうてんのう 336年?~405年4月29日)とは、第17天皇である。

在位:400年3月12日405年4月29日

概要

仁徳天皇の第一皇子として生まれる。

聖帝仁徳天皇がお隠れになられると、実の住吉仲皇子(すみのえなかのおうじ)が履中天皇の婚約者の媛(くろひめ)を犯し、事が露見することを恐れて皇居を包囲し履中天皇を焼き殺そうとしたが、履中天皇の命をうけた実の多遅別尊(たじひのみずはわけのみこと)によって殺されるという事件が発生した。

即位4年403年に、史(ふみひと)と呼ばれる書記官を各に配置して、各地の情勢を中央に知らせる体制をつくりあげたが、この頃には有族であった蘇我氏や物部氏が政に参加するようにもなった。

405年に70歳でお隠れになられた(古事記では64歳)。実を殺してまで得た天皇の座ではあったが在位6年の短さだった。 

後継は、実子で仁賢天皇・顕宗天皇となる磐坂辺押磐皇子(いわさかのいちのへのおしはのみこ)ではなく、住吉仲皇子を殺させた多遅別尊が即位した。後の反正天皇である。

履中天皇と言う諡号は、諡号を持たない神武天皇から元正天皇までの44代(弘文天皇と文武天皇を除く)に対して、奈良時代の文人「淡三船」が諡号を一括撰進して以降呼ばれるようになったもので、古事記では大江邪本和気命(おおえのいざほわけのみこと)、日本書紀では大去来穂別尊(おおえのいざほわけのみこと)と呼ばれている。

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連項目

16代 17 18代
仁徳天皇(にんとくてんのう)
313399
履中天皇(りちゅうてんのう)
400~405
反正天皇(はんぜいてんのう)
406~410

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/09/21(土) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/21(土) 15:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP