今注目のニュース
アンミカ、新人時代に遭遇した「地獄絵図」 ショーで悲鳴が聞こえて…
2回も連続して雷に打たれた車が撮影され話題に!雷の凄まじいパワーを思い知らされる!
「内々定です→ごめん間違いでした」は通用するのか?

山中慎介単語

ヤマナカシンスケ

掲示板をみる(19)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

山中慎介とは、日本プロボクサーである。
通称は「の左(ゴッドレフト)」

概要

1982年10月11日生まれ。滋賀県(旧甲賀甲西町)出身。ボクシングジム所属。
日本バンタム級65代王者。WBC世界バンタム級第29代王者。

中学校時代は野球をしていたが、吉丈一郎に憧れ南京都高校時代にボクシングを始める。

の左と呼ばれる左ストレート世界戦でも5連続のKO勝利を収めていて、右の威も高い。元は左利きであったが母親に矯正され、字を書くのは左で、箸と野球は右。ボクシング野球と同じくオーソドックスであったが、高校ボクシング部の監督にサウスポーに直された。
日本バンタム級王座防衛戦の岩佐戦は、歴代の日本タイトル戦の中でも名勝負と名高い。

WBC世界バンタム級王座は、ノニト・ドネア王座剥奪に伴う世界王者決定戦で獲得したが、防衛初戦に2階級制覇王者のビックダルニアンを3-0(117-111、2者が116-112)判定を下し、評価を上げる。その後も、マルコム・ツニャカオ、スリヤン・ソー・ルービンサイアンセルノ・モレノ、リボリオ・ソリスなどの元世界王者に勝ち、防衛12度の成功は日本人ボクサーでは具志堅用高に次いで歴代2位の記録である。

特に11度の防衛戦では、9度の防衛戦において薄氷の2-1の判定で退けたアンセルノ・モレノとの再戦となり、ダウンを奪い合う戦の末、山中が7回TKOにて勝利した。この試合は年間最高試合補にもあがるほどの名勝負とのが高い。同時にこの試合にかけられていたリングマジン王座も獲得した。

2017年3月2日WBC9位でNABFバンタム級王者のカルロスカールソンと対戦し、7RTKOで降し12度の防衛に成功した。

2017年8月15日名挑戦者でWBC1位ルイス・ネリと対戦したが、生命線の右のリードが全く通用せず、2R以降はそのタイミング全につかんだネリの一方的ペースとなり、4回中盤には滅多打ちにされてタオル投入による棄権、TKO負けとなりキャリア、13度WBC王座と2度リングマジン王座の防衛に失敗したが、その後ネリから禁止物が検出される事態となり、リングマジン王座に関しては山中に返還されることとなったが、これに関しては拳や山中側が返上する可性もある。WBC王座に関しては敗者に王座が戻ったケースはあまりいため、慣例からすれば位になると思われる。

ネリとの試合に敗れた後、再戦が出来ないならば引退拳の本田会長が明言。ネリが王座を失う算が高いため、仮に再戦となれば通常はノンタイトル戦になるが、両者の実績からすると何らかの王座を争う形で行われる算が高い。

(可性が高いと思われるのはWBCバンタム級シルバー王座決定戦の開催である。現在WBCバンタム級シルバー王者は同級4位のノルディ・ウーバーリだが、WBCバンタム級名挑戦者決定戦か王座決定戦に出場する可性が高く、その場合はシルバー王座を返上する必要があるため必然的に位となる。ただしWBCシルバー王座は保持をJBCが認めていないはずなので、山中は仮に獲得しても即返上しなければならない可性が高い)

結局WBCメキシコと深い繋がりがあることからか、大甘の裁定の結果、スター補とも言うべきネリはそのままWBC王座を保持。そのまま再戦が出され、結局山中とのリマッチ2018/3/1に両国国技館で行われることが決定した。なお同日・同会場ではダブル世界戦となっており、もう一方の試合はかつて山中に接戦の末に敗れた岩佐IBF・Sバンタム級王座の初防衛戦に挑む。

ネリとの再戦は2Rまでに4度もダウンを奪われる一方的な展開で2R1分3で凄絶なTKO負けとなり、試合後に引退を表明、そのキャリアに終止符を打った。なおネリは前日計量をクリアできず失格となり、試合前にWBC王座を剥奪されており、山中が勝った場合のみ王座を獲得できるという条件で行われた。

なおもう一方の世界戦では、岩佐が終始相手をコントロールして大差判定勝ちで初防衛に成功している。

プロ通算戦績は、31戦27勝19KO2敗2引き分け。

ネリとの試合とその蛇足

ネリの2度にわたる手段を選ばないルール違反に日本国内では特に非難のが大きく、また行優先で体重差マッチを強行した拳の本田会長にも怒りのが向けられる事態となっている。なおさすがにボクシングが盛んなネリのであるメキシコでも再戦での計量失格には「王者が計量をクリア出来ないようでは恥」とのも一部では上がっているとのこと。

とはいえバンタム級世界的に見ても階級といわれており、この階級で闘っていてもビッグマッチが出来ないという事情もネリ側にはある。事実ノニト・ドネアレオサンタ・クルス、ジョニーゴンザレスといった強王者は元々バンタム級ベスト階級だったが、最終的にはSバンタム級やフェザー級まで上げて王座を取るという結果を残しており、転級後に好条件の試合を組むことには、ともかくわかりやすい実績がめられるのはある意味当然といえ、プロボクシング界の歴史もそれを物語っている。(ドーピング違反や計量失格の経験があるボクサーでも、その後に実績を残した有名ボクサーはいくらでもいる)

またこの試合が引退試合と明言していた山中と違い、ネリはまだ若く、複数階級制覇を狙うことを視野に入れればモチベーションも違い、ルールを守って負ける可性を取るよりは、手段を選ばずに100%勝てるやり方をとらせるのは、卑怯といわれようともネリ側の戦略としては正しい。特に山中WBC王座の12回防衛というわかりやすい実績があり、連勝(しかも続けて圧勝というオマケ付きを)すれば反則という汚名よりも、後々に得られるリターンの方が大きい。

そういう前提で考えれば、ネリよりも山中にこの圧倒的な不利な条件で試合をメンツ優先で危険な試合を強行させた拳の本田会長の方がむしろ責は重く、ある意味ではこの条件下で計量失格しようとも、日本なら行優先で試合を中止させないとネリ側に読まれていたともいえよう。

ちなみに2017年4月山中と同じバンタム級大森がタパレスとの再戦でも初戦と同じくが立たずにKO負けしたが、このときもタパレスは計量失格でWBO王座を剥奪されている。そもそもタパレスは正規ウェイトだった名挑戦者決定戦でも大森に圧勝していたにもかかわらず、再戦では計量を放棄していたのは、やはり負けることのリスク回避と複数階級制覇を優先したためともいえる。

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/21(土) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/21(土) 13:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP