今注目のニュース
神奈川、埼玉、千葉でもタクシー運賃改定 初乗りは500~620円に値下げも、中長距離の加算運賃は値上げに
生きた化石深海の古代サメ「ラブカ」に対しフラッシュ撮影した朝日新聞の記事が物議!しかし水族館が許可していたことが判明!
「女性専用車両」の賛否に元セクシー女優が持論「問題の本質は男女差別ではなく、ラッシュの緩和」

山名義範単語

ヤマナヨシノリ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

山名義範(?~?)とは、平安時代末期から鎌倉時代にかけて活躍した武将である。

概要

新田義重の庶子として生をうける。新田義重上野を代表する大族であり、源頼朝の挙兵の際、彼に同調せず独自の勢になろうとした人物であった。

しかし山名義範、および甥の里見義成はこれに加わらなかった。々と頼旗下に加わり、新田義重がついに頼に屈し冷遇されていく中、門葉として重用されたのである。彼は一のの戦いの功績で伊豆守に任じられる。これ以降も儀礼、上軍事動員などに付き従い、頼の重臣として活躍していくのである。

ただ一つだけ問題があり、彼には息子の山名義節がおり、あまりにも漢字がそっくりなので書面では両者の区別がつかず、吾妻編纂の時点ですら事績が混同されているのではないか、というものである(後世の人間にとっては笑い事ではない)。

おこの山名義範が、室町幕府の守護として名を残す、山名氏の祖であることは言うまでもない。

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2020/01/21(火) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/21(火) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP