今注目のニュース
熊田曜子、武田久美子に「51歳って江戸時代なら死んでる」
1994年11月22日に発売されたセガサターンが25周年。セガハードとして初めてポリゴン描画機能を搭載した64bit級マシン
“プルバックカブトガニ ”が12月7日からカプセルトイにて発売開始! 思わず「キモッッッ!!」となるグロテスクな裏面は衝撃的らしい

山崎康晃単語

ヤマサキヤスアキ

  • 5
  • 0
掲示板をみる(112)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

山﨑康晃(やまさき やすあき、1992年10月2日-)とは、東京都出身のプロ野球選手投手)である。現在横浜DeNAベイスターズに所属。

概要

日本人フィリピン人のハーフとして生まれる。

帝京高校では2年から中継ぎとしてベンチ入りする。甲子園147km/hを計測した。3年次にエースになったが、県大会5回戦でコールド負けした。プロ志望届を提出していたが、名から漏れた。

高校卒業後は亜細亜大学に進学し、1年から中継ぎとしてリーグ戦で登板。3年から先発に定着。に日大学野球に出場し、際大会を経験。リーグ優勝に貢献した。

2014年ドラフト会議で、有原航平の外れ1位名、阪神タイガースと競合の末に横浜DeNAベイスターズが交渉権を獲得。11月7日契約を結んだ。背番号19

DeNA時代

2015年は開幕一軍入りし、前年の三上朋也に続き、新人でありながら抑え投手を担当。契約時は「先発へのこだわりが強い」と話していたが、抑えとして抜されると新人投手としては新記録の9試合連続セーブを記録するなど好投を続ける。8月20日に新人新記録となる32セーブを挙げるが、疲れがピークに達した9月には中継ぎに配置転換された。最終的に37セーブを挙げ、新人王に選ばれた。オフWBSCプレミア12日本代表に選出された。


2016年も引き続きクローザーとして活躍。前半戦は20セーブを挙げ、2年連続でオールスターに選出され、第2戦では帝京高校先輩原口文仁バッテリーを組んだ。8月に入ってから決め球のツーシームが不調に陥り打ち込まれるようになったが、アレックス・ラミレス監督山崎を起用し続け、9月に復調し、クライマックスシリーズ出場に貢献。球史初の『新人入団一年から一軍で2年連続の30セーブ以上』となる33セーブを挙げた。


2017年クローザーとして開幕を迎えたが、不調に陥ったためスペンサー・パットンに役を取られ、セットアッパーを務めた。5月に再びクローザーに戻る。また3年連続でオールスターに出場した。セ・リーグ最多となる68試合に登板し、4勝2敗26セーブ15ホールドを挙げた。オフアジアプロ野球チャンピオンシップAPBC)の日本代表に選出された。


2018年は自己最多に並ぶ37セーブを挙げ、最多セーブ投手タイトルを獲得した。オフには日米野球に出場した。


2019年も抑えを担当し、7月17日広島東洋カープ戦で通算150セーブを達成。5年での達成はマーク・クルーンと並ぶ最速記録となった。7月は1勝7セーブ2ホールドと活躍し、初めてMVPを受賞した。61試合の登板30セーブを挙げ、2年連続で最多セーブ投手を獲得した。

プレースタイル

直球の最速は153km/h。変化球ツーシームを中心に、スライダーチェンジアップスローカーブナックル、カットボールと多ナックルとスローカーブ亜細亜大学在学時に習得した。ナックルは数球投げている模様だが、基本的にオールスター以外では球種には入っていない。

タフな精を持ち、マウンド度胸は十分。制球も非常に高い。決め球のツーシームは当初スプリットスライダーなど解説者やファンから様々な推測がなされていたが、「東浜巨に教えてもらったツーシーム良した」ものであると判明した。が、絶好調時の軌はどれとも似つかない、切れ味鋭く大きく落ちる、まさに「魔球」である。これに加えて150km台を記録するストレートで打者を押す姿から、くも「大魔神」再来とのも上がっており、本人も初セーブを挙げた2015年3月31日広島戦のヒーローインタビューにて「『小さな大魔神』になります!」と発言している。

一方、連投による過剰な負担も懸念されており、ファンの心配も大きい。

登場曲Zombie Nationの曲「Kernkraft 400」は曲に合わせてジャンプし「ヤ!ス!ア!キ!」と叫ぶのが習わしになっている(康ジャンプ)。これはNBAで同曲が使われている(観客が歌いながら飛び跳ね、かけを叫ぶ)動画を見た本人が応援団側に希望して実現したもの。ホームでの盛り上がりは一見の価値あり。ビジターでも、山崎登場の場面ではアカペラで歌われていることがある。

成績

年度別投手成績

年度 球団 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2015年 DeNA 58 0 0 0 2 4 37 7 .333 56.1 11 66 13 12 1.92
2016年 59 0 0 0 2 5 33 7 .286 57.2 23 61 27 23 3.59
2017年 68 0 0 0 4 2 26 15 .667 65.2 13 84 16 12 1.64
2018年 57 0 0 0 2 4 37 3 .333 56.1 18 63 18 17 2.72
2019年 61 0 0 0 3 2 30 4 .600 60.0 19 54 18 13 1.95
NPB:5年 303 0 0 0 13 17 163 36 .433 296.0 84 328 92 77 2.34

タイトル・表彰・その他

タイトル
最多セーブ投手 2回 2018年2019年
新人王 - 2015年
MVP 1回 2019年7月
その他
オールスターゲーム出場 5回 2015年-2019年

関連動画

関連商品

募集中

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/11/22(金) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/22(金) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP