今注目のニュース
まるで般“ニャ”心経!? 侵入者を追い払おうとする猫さんの鳴き声が謎の呪文みたい
だまし絵から最初に見えるもので、隠された人格が明らかになる心理テスト(占い)
枕元の靴下に入っていた「みかん」 大人になってその意味が分かった

山本勘助単語

ヤマモトカンスケ

掲示板をみる(17)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「山本勘助」やまもと・かんすけ 1493? ~ 1561)とは、武田信玄の軍師として有名である一方、その実像がに包まれている戦国時代の武将である。

概要

生年や出自には諸説あり、生まれは駿富士山本とも、三河宝飯とも言われる。甲陽軍艦では享年から逆算して、1493年生まれとしているが、生年は1500年、1501年という説もある(後述の2007年に放送された大河ドラマ風林火山」では1500年説を採用)。若い頃は全各地を放浪しながら、兵法や武芸を習得したが、背が低く片足が不自由隻眼采の上がらない容姿から仕官先に恵まれず、40歳を過ぎても浪人であった。

今川義元への仕官を断られて間もなく、武田の重臣・板垣信方に見いだされて、武田となったばかりの武田晴信(信玄)に登用される。この際、の一字を拝領して諱を「幸」としたと甲陽軍艦には記されているが、元々室町幕府将軍足利義晴から拝領した「」の字を与えることはありえず、間違いなくフィクションである(実際には、信(信玄)から一字拝領する場合、「信」か「」の字を与えられるのが定番であった)。

ともあれ信に仕えることとなった勘助は、低い身分からメキメキと頭を現し、多くの合戦に出情報収集や建築術に長け、武田の領土拡大で大いに貢献する。信が諏訪頼重を滅ぼすと、その諏訪御寮人を側室とし、間に生まれた子を諏訪の跡取りにして治めさせることを進言、その子が後の武田勝頼となる。

信が村上義清の戸石を攻めた際、反撃を受けて大敗した戸石崩れでは、敗走する武田軍をまとめて追撃する村上軍を撃退する功を上げる。信が出して信玄と号すると、勘助も君に倣って出斎と称した。

1561年、勘助は中島武田軍の拠点・(後の)を築。来るべき、第四回川中島の戦い八幡原の戦い)に備える。この戦い前、勘助は妻女山にを敷く上杉政虎上杉謙信)を別働隊が奇襲し、飛び出した上杉軍を待ち構えた本隊と挟み撃ちにして一網打尽にする、いわゆる啄木鳥戦法を献策する。しかし、この策は政虎に見破られ、飯富虎高坂昌信真田幸隆らが率いる別働隊が妻女山に辿り着いた時は、既にはもぬけの。彼らが戻るまで、戦が半減した本隊だけで上杉軍と戦うこととなる。裏をかかれて武田軍を窮地に追い込んだことを悔やんだ勘助は、責任を感じて上杉軍へ突撃。全身に六十カ所以上の傷を負って壮絶な討ち死にを遂げた。

余談だが、ヤマカン(山勘)の本来のは、山本勘助の名前に由来するという説もある(ヤマカンの意味として、山師のように計略を掛けること、あるいはその人をすため)。

山本勘助(菅助)の実像

以上の勘助の経歴は、そのほとんどが軍学書「甲陽軍艦」によるものである。ところが、この「甲陽軍艦」は矛盾点が多いなど歴史史料としてはいささか信憑性に欠けるところがあるなど、問題点が色々と多いく付きの作品である。甲陽軍艦作者高坂昌信とされているが、実際には戦国時代末期から江戸時代前期に徳に仕えた軍学者・小幡兵衛小幡)や勘助の子孫が、信の名を借りて執筆したとも言われており、江戸時代から既に内容にが多いことなどを摘されていた。明治時代以降、「甲陽軍艦」とそれを元にした歴史史料にしかその名が出てこない勘助は、実在しない架の人物説が強くなり、一時はその存在すら危ぶまれた。

ところが、1969年大河ドラマと地と」(上杉謙信主人公)に、原作者の音寺潮五郎が勘助架人物説を唱えたこともあり、勘助がドラマに登場しないことがきっかけで、古文書を保管していたとある一般庭のお宅から、勘助の名が残る史料が発見された。「河文書」である。この河文書によると、山本助なる人物が信の伝として活躍していたことが判明。さらに、奇しくも大河ドラマ風林火山」が放送された直後の2008年には新たな勘助に関する文書が発見された。

このことから現在では、「甲陽軍艦」における山本勘助の活躍時代は後世の創作だが、山本助という武将がいたことは事実であり、信玄の側近だった駒井高斎や、信玄に従い謀略を駆使して武田軍で活躍した真田幸隆、そしてを長年にわたって守るなど信濃の統治を務めた高坂昌信らの功績を、助の名義で集大成したのが一般によく知られる山本勘助像となったと考えられている。

メディア作品における勘助

元々フィクション性の強い人物だけあって、勘助は様々な形で描かれている。大河ドラマ原作にもなった井上靖の小説風林火山」は、甲陽軍艦の勘助をほぼそのまま踏襲しており、特に信玄と由布諏訪御寮人)の仲を取り持ち、由布に心惹かれながらも、その子・勝頼を下人にするべく心血を注ぐ人物となっている。大河ドラマでは内野聖陽が演じた他、1969年映画版は三船敏郎1992年日本テレビ版では里見浩太朗2006年テレビ朝日版では北大路欣也がそれぞれ勘助を演じている。

一方、新田次郎の小説武田信玄」では、今川義元と信玄の二重スパイという全く異なる描かれ方をしている。本作の勘助は、今川家族を人質をされているため、義元の命で信玄を探る役をしていたが、最終的には義元を見限り、信玄に命じられて織田信長間諜・梁田政綱に今川軍の情報を伝え、桶狭間の戦い信長に義元を討たせる暗躍をした。同原作1988年大河ドラマでは西田敏行が演じているが、このドラマの勘助は両があり、片足が不自由でもないごく普通の外見をしている。

この他にも、勘助が忍者だったり、諏訪御寮人ではなく信玄の正室・三条夫人に惚れていたり、川中島の戦いを生き延びていたりなど、作者によって様々な解釈で勘助は描かれている。

なお、勘助が隻眼かつ跛(びっこ)になった理由は甲陽軍艦でも明らかにされておらず、病気が原因とも、戦場で傷を負ったとも、はたまたなどの猛と格闘して負傷したとも言われておりはっきりしない。さらに言えば、勘助が視を失ったが左なのか右なのかも、作品や絵画によってばらつきがある(これは江戸時代剣豪柳生十兵衛にも言える話である)。

勘助の子孫

繰り返しになってしまうが、勘助本人が架性の高い人物であるだけに、彼の一族・子孫に関してもその実像はあまりわかっていない。勘助の死後、山本勘蔵という彼の長男が後を継いだが、勘蔵は長篠の戦いで戦死したとされる。勘助はこの他にもがおり、饗庭十左衛門という人物がその婿となったと言われているが、どちらも「甲陽軍艦」を元にする史料なので、彼らが存在したのかさえ疑わしい。

しかし、江戸時代からその名が知られていた勘助の子孫を称する人物がいたのもまた事実である。江戸時代初期の裏千人・山本は、小堀遠州の元で茶道を学び、信州高遠保科正之に仕えた。正之が会津となるとそれに従い、その子孫に幕末明治時代の教育者である山本覚馬新島八重兄妹を輩出した。また、昭和時代の軍人・山本五十六も、勘助の子孫もしくは彼の一族と深い繋がりのある人物を祖とすると称していた。

補足

信長の野望シリーズにおける山本勘助の力一覧。蒼天録からはまでは史学上、その呼称があり得ないはずの山本晴幸の名義となっている(創造で再び、勘助の名前に戻った)。

初期の作品は、君・武田信玄に次ぐ非常に高いを有していたが、その業績が信憑性に乏しいこと、他の武田臣の活躍が知られるようになって評価されると、それと反例するかのように、各値(特に政治)が減ってしまった。しかし、革新では往年の高値に復活、久々チート的な強さを誇る勘助が復活した。

顔グラは多くの武田臣が、大河ドラマ武田信玄」のイメージが強い人物が多い中、その特異な肖像画が残っている勘助は伝統的に、隻眼で達磨のような面・スキンヘッドが続いていた。革新では顔がやや洗練され、大河ドラマ風林火山」が放送された2年後に制作された以降の作品では大幅に若返り内野聖陽が演じた勘助そのままの顔グラになっている。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 90 政治 90 80 野望 79
武将風雲録(S1) 戦闘 91 政治 88 81 野望 73 教養 79
覇王 采配 77 戦闘 88 智謀 90 政治 82 野望 81
天翔記 戦才 162(A) 智才 174(A) 政才 144(C) 66 野望 86
将星 戦闘 85 智謀 89 政治 60
烈風 采配 44 戦闘 78 智謀 84 政治 52
世記 采配 82 智謀 92 政治 41 野望 73
蒼天 統率 72 知略 81 政治 30
下創世 統率 72 知略 81 政治 27 教養 67
革新 統率 84 武勇 74 知略 97 政治 72
統率 62 武勇 41 知略 97 政治 76
創造 統率 72 武勇 67 知略 95 政治 70

戦国大戦

「これぞ、啄木鳥戦法…!」

開始バージョンであるVer1.0の武田軍に参戦している。当初はコスト8制、それでいて2.5コスト最低の武6(武だけ見れば、1コスト落としたクラス)というのがあり、採用率は低かった。
しかしVerUpによりコスト登録が9コストになったことで、武武田の優秀な他の武将で補えるようになったことで日のを見るようになった。また現在では采配デッキの裏の手としての採用も考えられる。

計略「啄木鳥戦法」は範囲内の敵すべての武を大幅に下げ、更に自分に向かって強制移動させるもの。低下値が強で相手が大名采配を使ってきてもそれを打ち消すくらいのパワーはあるが、いかんせん本人が武6であること、更に効果中に自に入ったり、撤退してしまうとその時点で効果終了となること、そして効果時間はそこまで長くない事が注意点として挙げられる。引っった相手が超絶だったりした場合、その射撃で自分が死ぬ事もあり得るので、他の武将との連携が必要になる。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/19(月) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/19(月) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP