山本浩二 単語

42件

ヤマモトコウジ

1.7千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

山本浩二やまもと こうじ1946年10月25日-)とは、広島県出身の元プロ野球選手監督である。通称ミスター赤ヘル2013年WBC日本代表監督

概要

1946年10月25日広島県佐伯五日市町に4人兄弟2人・1人)の末っ子として生まれる。

当時カープの本拠地である広島県球場へ通い、エース長谷川良平盗塁王金山次郎、四番の小鶴誠に憧れ、「将来はピッチャーで、4番で、ホームラン打って、盗塁できる人になる」というを抱く。

五日市中学から廿日市高校へ進み、三年生の山本カーブシュート武器とするエースとしてチームを引っり、広島県大会の準決勝で広陵高校と対戦したが17安打を浴び1対9で敗戦する。本人の談によると「いままで決まっていた低ストライクがみんなボールに判定される。これではいかんと高めに投げ込むと待ってましたとばかりに強打され、どうにもならなくなった」とのこと。

このときの山本に関して当時南海ホークス監督だった鶴岡一人氏は「ピッチングはたいしたことはいがバッティングセンス素晴らしい。ただ南海へ入団しても2~3年はかかるから大学へ行った後でも遅くない」とコメントした。

法政大学へ進学し、投手からライトコンバートされ、松永監督1000ノック毎日受け、才が開した山本1968年ドラフト一位希望球団である広島カープ名される。

広島時代

公式戦初打席は広島市民球場での開幕戦に6番センターで出場し、中日ドラゴンズ小川健太郎の2球カーブを打ちレフトフライに終わった。

その後カープ選手として活躍するも1986年に惜しまれつつ引退背番号8はカープ永久欠番となった。(余談ではあるが山東洋は背番号8が永久欠番であることを知らず入団時に背番号8が欲しいと言った)。

ゴールデングラブ賞外野手としての通算10回受賞・10年連続受賞は、ともにセリーグ記録である。

引退後

広島東洋カープ監督を2回。合計10年間勤め、優勝1回、Aクラス3回という成績を残した。2008年殿堂入りする。

2013年WBC日本代表監督を務め、3連覇をしたが、ベスト4に終わった。

人物

ネット上では、監督時代によく黄色いグラスをかけていた事から「ピーコ」と呼ばれている。

成績

通算打撃成績

通算:18年



































NPB 2284 9409 8052 1364 2339 372 21 536 1475 231 48 79 1168 62 1123 193 .290 .381

通算監督成績

通算:10年 試合 勝利 敗戦 引分 勝率
NPB 1358 648 681 29 .488 Aクラス3回、Bクラス7回

タイトル・表彰・記録

タイトル
首位打者 1回 1975年
最多本塁打 4回 1978年1980年1981年1983年
最多打点 3回 1979年-1981年
最多出塁率 3回 1979年1980年1983年
MVP 2回 1975年1980年
ベストナイン 10回 1975年1977年-1984年1986年
ゴールデングラブ賞 10回 1972年-1981年
MVP 5回 1975年8月1978年8月1980年6月1983年4月1986年4月
オールスターゲームMVP 2回 1975年第1戦、1979年第3戦

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/15(月) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/15(月) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP