今注目のニュース
丸くてモフモフな森の天使 写真集『世界一かわいいエゾモモンガ』10月10日発売
「世話やきキツネの仙狐さん」VRに登場 とうとう真のスーパー仙狐さんタイム来たか……(ガタッ)
安室奈美恵“MV総選挙”男女の1位に輝いたのは…

山本直純単語

ヤマモトナオズミ

掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

山本直純(1932年12月16日2002年6月18日)とは、東京都出身の作曲揮者である。

概要

曽祖、祖ともに作曲揮者の系で、妻や二人の息子作曲チェロ奏者という音楽一家でもある。

東京藝術大学入学中からテレビ映画の分野に進出し、ポピュラーからクラシックまで幅広く作曲活動を行う。代表作としては、映画男はつらいよシリーズ主題歌&劇中曲、『マグマ大使』、『3時のあなた』等がある。

また自らもTV出演をしていて、1972年1983年までTBS系列で放送していたクラシック音楽の普及番組『オーケストラがやってきた』の会を勤めた。他にも、1968年森永製菓の『エールチョコレート』のイメージキャラクターとして「大きいことはいいことだ」と日本人裏に焼き付けたり、1970年1980年まで『日本船舶振会』のCMに出演していて、を振っているのは山本直純本人である。もちろん使われたCMソングなどの音楽山本の作品である。童謡も数多く手がけ、「一年生になったら」はよく知られる。「こぶたきつねこ」は作詞もしている。

音楽関係者の間では「日本音楽普及に最も貢献したひとり」と高く評価するもある。だが一方で、生前は周囲とのトラブルや、交通違反スキャンダルなどでマイナスイメージがつき、その功績にして音楽家として世間から必ずしも高い評価を得られてはいなかった。

最晩年は妻の病気を機にキリスト教へ入信をしている。2002年に急性心不全のため69歳で死去した。

同じ齋藤秀雄門下生である揮者の小澤征爾は、かつて山本に「日本音楽のすそ野を広げる。お前世界せ」と背中を押されたという。また大時代からの悪友である揮者の岩城之によれば、山本性の音感を持つ一方でひどい音痴でもあり、大の入試では歌の実技試験で思い切り音程を外して試験官を爆笑させてしまい、これが原因で一浪したそうである。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/17(火) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/17(火) 23:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP