山梨市単語

ヤマナシシ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

山梨市山梨県甲府地東側に位置するである。

概要

元々は山梨の中心地である。そのため古くからの由緒ある地名で、置県の際甲斐から山梨県となった由来のである(当初は甲府県であったが、伊豆を中心としていた山県の一部を割譲され現在の県名へ再称されている)。

1954年に東山梨の7町村が合併し山梨市が誕生したが、県庁所在地甲府市のままであるため「県名と同名ではあるが県庁所在地ではない」が誕生している(他は栃木県沖縄県)。2005年に牧丘町、三富村と合併し現在域になっている。なお、当初は、勝沼町、大和村とも合併が模索されたが、山梨市を残すかどうかで紛糾し断念している(この3市町村はその後甲州となっている)。

平成の大合併で甲州のほか甲斐や中央など場所がよくわからない自治体名が山梨県内に次々と誕生し、山梨市もこれらの自治体と一緒に「県庁所在がどこだかわからない」と揶揄される対となっているが、平成の大合併前からの名かつ先述の通り山梨の由来は当地であり、全なとばっちりである。

山梨市の特徴

工場を利用した市役所

合併の際にこれまでの役所は手狭のうえ老朽化が進行していたため新たな役所が必要になったが、別の場所に新築や建て替えの場合建設費が膨大であったため内にある既存施設を修することになり、物件を探したところ、閉鎖された旧NECの工場があったためこれを買収・修のうえ使用している。

元々が工場ではあるが近代的かつ頑丈な造りであったことや5階建の事務棟もあり、2階建の製造棟だった建屋も受付兼市民向けエントランスにするには丁度良い大きさで、さらに元々は社員用だった駐車場も充分スペースがあり、来訪者が多く来ても余裕がある。100億かけて新築したのに来訪者の駐車場問題が解決できない甲府市較するとかなり良い物件であったといえる。

商業施設だった建物を利用した役所は甲州宮城県石巻市茨城県土浦市などがあるが、工場の建物を利用した役所は山梨市のみである。

カーブ上にある山梨市駅

の中心部は山梨市であるがカーブ上に作られており、さらに特急列車が高速で通過できるようカント(線路の右と左で段差がある)造りになっている。そのため山梨市に停する特急列車普通列車は傾斜した状態で停するため、初めて利用する人はかなり戸惑うことになる。ちなみに振り子式車両であったE351系は山梨市をすべて通過していたが、もし停していたら乗降の際非常に苦労していたであろう(同じ体傾斜付きのE353系は停するが、できるだけ傾斜を抑えるよう空気ばねを調整している)。

舎も特徴があり、合併前は古くからの木造舎が使われていたがさすがに老朽化が著しかったため、合併に合わせ西欧舎に築された。前広場も整備され玄関口として永い間機する…はずであったがその後南側の再開発が決定し、それに合わせて南側からも出入りできるよう舎化されることになったため、この西欧舎はわずか13年で解体されてしまった(もったいないとは思うが、西欧舎への築時の時点では再開発はは構想段階かつ南側にある工場がまだ稼働中であったため、上化しても南側に出入口を設置することは非常に困難であったのでやむをえなかったといえる)。

主な名所・観光地

南側は甲府市ベッドダウン化が進み住宅地化されているが、北側は結構自然が遺されている。

笛吹川フルーツ公園

山梨市から山側へ進んだところにある県営の公園。傾斜地にあり遮るものがなく、甲府地と御坂山地から覗く富士山がよく見える絶景地となっており、特に公園から見た甲府地の夜景2003年に発表された新日本三大夜景定されたほどである。公園内は整備されており、ホテルや「フルーツセンター」と呼ばれる物産館がある。

ほったらかし温泉

フルーツ公園から山へ進んだところにある日帰り温泉施設。名前の由来は「宣伝もサービスもしないから勝手に入っていって」という意味である(当初は老人ホームを作る予定で造成したが頓挫し、仕方ないのでを掘り当て温泉として開業したというアバウトな経緯がある)が、温泉に入りながら甲府地の観を見ることができるため、訪れる人は多い。

施設内には「こっちの湯」と「あっちの湯」があるが、それぞれ別のを使用しており、温やph値が異なる。ちなみに「あっちの湯」のほうは日の出の一時間前からオープンしており、温泉に入りながら日の出を見ることができる。

山梨市にはほったからし温泉以外にもはやぶさ温泉、鼓温泉、正徳寺温泉岩下温泉温泉 など多くの温泉がある。特に岩下温泉日本最古の温泉と言われている。

万力公園

山梨市から笛吹を渡ったところにある公園などで笛吹がよく氾濫していたため、武田信玄によって防を植えられたのが由来。明治時代に都市公園としてある程度整備されたが、本来の的が防であることから地の近くにあるにもかかわらず自然が多く残されており、6月頃にはホタルが飛び交う様子を見ることができる。その他ピクニック広場や動物広場などがある。

西沢渓谷・東沢渓谷

地からへ進み、埼玉県に近い場所にある渓谷笛吹流部で、七ツ釜五段ノをはじめとしたが多くある。特に西沢渓谷は雁坂トンネルに近く、埼玉方面からもアクセスが可。また山梨市からも市営バスに乗り行くことができる(紅葉シーズンの場合、隣の甲州からもバスが出る)。

アニメ舞台として

上述の通り良好な観地や自然が多く残っている名所があることから、山梨市を舞台にしたアニメ作品は多い。

ゆるキャン△

2018年冬アニメの第3・4話で野外活動サークル部が山梨市から笛吹フルーツ公園へ向かい食事をし、その後ほったらかし温泉へ向かい入浴、さらに温泉よりへ入ったパインウッドキャンプ場で1泊している。

まえせつ!

第5話でメンバー明け前にほったらかし温泉へ向かい、「あっちの湯」で日の出を見ている(ちなみに訪れる的が『ゆるキャン△』を基にしたという描写がある)。

神様になった日

山梨市がモデルで、万公園フルーツ公園など多くのモデル地が登場している。地名は架であるが山梨日日新聞で聖地巡礼が紹介され、その後公式が山梨市の観光協会とコラボレーションを行ない、聖地巡礼サイトが開設されている。

関連動画

関連コミュニティ

山梨市に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/08/04(水) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2021/08/04(水) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP