山瀬功治単語

ヤマセコウジ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

山瀬功治とは、Jリーグ2部京都サンガF.C.に所属するプロサッカー選手である。
ポジションはミッドフィルダーで背番号は14。日本代表への選出歴もある。

来歴

1981年9月22日生まれ・北海道出身。

小学校時代は札幌サッカースクールに所属し、頭を現した後ブラジルサッカー留学をする。その後、北海高校に進学する。
1999年には強化定選手としてコンサドーレ札幌に登録される(ただし、トップチーム出場はなし)。その後2000年に正式に札幌に加入。同年、北海学園大学経済学部に進学し、大学生ながらJリーガーとしてプレーすることとなる。
同年3月にはユース代表に初選出、5月4日湘南ベルマーレ戦でJ2初出場、いきなりVゴールを決める活躍を見せる。J1昇格となった翌年も活躍し、チームJ1残留に貢献。Jリーグ新人王を獲得する。
しかし、副将に任命された2002年は右膝靱帯断裂のけがを負う。

2003年浦和レッドダイヤモンズに移籍。チームをナビスコ杯制覇に導く。2004年、自身初のハットトリックを達成するなど活躍するが今度は左膝靱帯断裂の重傷を負っていしまう。

2005年には札幌時代の恩師である岡田武史揮を執る横浜F・マリノスに移籍。しかし、今度はヘルニアに悩まされてしまい、2006年後半までコンディションがなかなか上がらなかった。
2006年にはA代表初選出。翌年、A代表初ゴールを挙げる(ちなみにA代表の通算900得点)。

その後も一部代表を離れる事もあったがチーム・代表ともに活躍する。ところが2008年5月に右踵を怪してからチームは失速。徐々に出場機会も薄れてしまう。

そして2010年シーズンオフ11月28日に自身のブログ戦力外通告された事を表明。複数のチームから獲得のオファーが出たが、同年12月25日川崎フロンターレへの移籍が発表された。なお、2010年オフには同じマリノス田中祐介もやはり川崎フロンターレへ移籍してきている。

フロンターレでは開幕節(vsモンテディオ山形)の後半、途中出場で登場。その後もコンスタントに活躍を続け、移籍1年リーグ戦全試合に出場した。しかし、2年2012年)は出場機会を大きく減らし17試合出場に留まる。

2013年シーズンよりJ2京都サンガF.C.に移籍。

ちなみに、山瀬幸宏プロサッカー選手2013年シーズン後、カターレ富山から戦力外通告)である。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/15(火) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/15(火) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP