山田久美単語

ヤマダクミ

1.0千文字の記事
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

山田久美とは、女流棋士である。女流名人戦A級に16期在籍。段位は女流四段

概要

プロデビューした年に女流名人戦の挑戦者決定リーグに入るなどデビュー当時から活躍し

近年でも第1回マイナビ女子オープンで準決勝に進出している息の長い女流棋士である

1982年 女流2級プロデビュー

1982年 女流名人戦予備リーグを6勝2敗の成績で通過

1983年 女流名人戦挑戦者決定リーグ入りの実績で女流初段に昇段

1984年 14連勝達成(前後の相手は共に中井広恵)

1985年 女流名人戦プレーオフに進出(関根紀代子に敗れる)

1987年 FRIDAYでグラビアデビュー

1989年 女流王将戦A級リーグ清水市代,中井広恵,斎田子の3人を破るなど6勝1敗の成績でタイトル挑戦権を獲得

1990年 女流王将戦挑戦により女流二段に昇段

1990年 女流王将戦敗退(0-2 相手は葉直子)

1993年 17連勝達成(92年度の成績は驚異の23勝5敗(0.821)

1994年 NHK杯テレビ将棋トーナメント会を務める(97年まで)

1994年 レディーオープントーナメント優勝(0-2 相手は中井広恵)

2000年 勝数規定により女流三段に昇段

2001年 女流名人戦A級リーグでまさかの全敗

2002年 女流名人戦B級リーグで6勝3敗の成績を上げ1期でA級復帰

2002年 原宿将棋通りのメンバーとして歌手デビュー

2002年 倉敷戦で準決勝進出(矢内理絵子に敗れる)

2003年 倉敷戦で準決勝進出(石橋幸緒に敗れる)

2008年 マイナビ女子オープンで準決勝進出(甲斐智美に敗れる)

2010年 入籍

2014年 倉敷戦で25年ぶり(新記録)の挑戦者となる。また挑戦者決定戦の勝利で勝数規定により女流四段となり日本将棋連盟の正会員(女流棋士としては12人)となる(女流棋士の場合はタイトル1期or女流四段昇段で正会員となれる)

人物

藤井猛三浦弘行阿部健治郎北尾まどか藤田綾ら個性いの西村一義九段門下であり、一門の姉さん的存在。イベントなどでは饒舌な藤井も久美姉さんの前ではタジタジである。

ニコ生にもタイトル戦生中継の聞き手として何度か出演しており、解説役の棋士を引っっていくような棋である。

特技は落語ニコ生に出演した際に、「一席ぶってほしい」との視聴者メールがあったが、練習してないとのことで落語の披露は見送られた。いつかニコ生で久美姉さん落語を見られる時が来るのであろうか。

関連生放送

関連項目

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/21(火) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/21(火) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP