岡本晃 単語

1件

オカモトアキラ

1.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

岡本晃(おかもと あきら)とは、元プロ野球選手である。

概要

1973年5月3日生まれ。兵庫県神戸市出身。

三田学園高等学校に進学。3年時には春の甲子園大会に出場したが、初戦で敗退している。

卒業後、関西大学に進学。4年時にはノーヒットノーランを達成するなどエースとして活躍し、最優秀選手ベストナインに選ばれている。

1995年ドラフト会議にて、近鉄バファローズを逆名し、2位名を受け入団。同期入団には武藤孝司がいた。また、入団拒否となったが、1位名は福留孝介であった。

即戦として期待されたが、初年度の1996年は一軍登板なしに終わっている。

1997年、投球フォームをスリークォーターからサイドスローに転向。これにより制球が増し、先発ローテーションに定着。小池秀郎とともに投手を支え、10勝6敗、防御率2.82と好成績を残し、新人王のタイトルこそ小坂誠に譲ったが、ブレイクを果たした。

1998年、前年の活躍もあり投手の中心として期待されたが、8勝13敗、防御率4.03と前年ほどの活躍はできなかった。

1999年開幕投手を任されるなどエースの役割を任され、前半戦に7勝を挙げるなど活躍を見せたが、後半戦は失速。9勝12敗(パ・リーグ最多敗戦)、防御率4.79という成績を残した。

2000年、右肘を故障し9試合の登板に終わり、手術を受けた。

2001年、開幕直後にリリーフに転向。大塚晶文の不調時には抑え投手を任され、大塚復調後はセットアッパーとして活躍。オールスターゲームにも初出場を果たし、最終的には61試合に登板して4勝4敗8セーブ防御率2.73という成績を残し、リリーフとしての適性も見せた。

2002年大塚が故障で出遅れたことから抑えを任され、大塚復帰後はセットアッパーとして活躍。65試合に登板し7勝2敗18セーブ防御率1.82と不安定な投手の中で安定感がった。

2003年、45試合に登板したが、1勝3敗2セーブ防御率4.76と今一つな成績に終わる。

2004年、背筋を痛めたで、わずか4試合の登板に終わる。シーズン終了後、近鉄が解散し、分配ドラフトの結果、オリックス・バファローズ所属となる。

オリックスでは一軍登板なしに終わり、1年限りで戦力外通告を受けた。

オリックス退団後、オランダアメリカ独立リーグでのプレーを経験し、2007年限りで現役を引退

引退後は整体院を営んでいるようである。

人物・エピソード

高い制球と、スライダーシュートシンカーなどを武器に活躍したサイドスロー

2001年には、リリーフ投手ながら100イニング以上に投げており、重宝されていた事がわかる。

通算成績

投手成績

通算:8年 登板 完封 勝利 敗戦 セーブ ホールド 勝率 投球回 与四球 奪三振 失点 自責点 防御率
NPB 271 13 4 39 42 28 --- .481 698.0 217 414 312 289 3.73

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/22(月) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/22(月) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP