岡田武史単語

オカダタケシ

2.1千文字の記事
掲示板をみる(58)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

岡田武史(おかだ たけし1956年8月25日 - )とは、日本の元サッカー選手サッカー解説者、元サッカー日本代表監督である。称は「ちゃん」など。

現在は、J3リーグに所属するFC今治オーナー兼代表取締役

TVゲームFIFAシリーズ日本語版ではFIFA08からFIFA12まで解説を担当していた。

現役時代のポジションはDF(センターバック)。175cm70kg。

概要

岡田武史

大阪府大阪市出身。現役時代はジェフ千葉の前身、古河電工で活躍。日本代表にも選出された。

世間の注を大きく集めたのは、加茂周が成績低迷で更迭されて代理監督に上がった1997年10月。今もなおり継がれる『ジョホールバルの歓喜』を経て、正式に日本代表監督となった。1998FIFAワールドカップフランス大会で揮を取ったが予選敗退に終わり退任した。

北海道ファンから熱な歓迎を受け、コンサドーレ札幌監督に就任し、1999年から2001年まで監督を務めた。その後、2003年2006年横浜F・マリノス監督2007年12月から体調不良イビチャ・オシムに代わり、二度日本代表監督に就任した。

常々、海外チーム相手に勝つための研究を模索し続けており、多くの関係者から評価・支持されている。しかし、結果が出せていないのもあり、2010FIFAワールドカップが始まるまで、一般世間の評価は厳しかった。

2010年日本代表監督を退任した後は、経営者に転身。「オカダメソッド」を提唱し、FC今治オーナーとして自らの哲学チームに導入している。

世紀の『手の平返し』

岡田武史

2010年イビチャ・オシムの臨時退任により急遽再び指揮官となった岡田監督だったが、ワールドカップ直前までの強化試合で4連敗し、開幕前から既に内は葬式ムード、「ベスト4をします」とか何ほざいてんの的な状態が続き、セルジオ越後などの評論家や、テレビネット新聞などのアンケートで、「予選リーグ3連敗による敗退」が濃厚とされていた。またこの期間には、ファンに「チャン不合格 決断セヨ サッカー協会」という横断幕を掲げられたり、辰巳出版から「0勝3敗」という批評本も出て、ネガティブな雰囲気は頂点に達していた。

しかし、2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会が始まり、現地時間6月14日、格上の「アフリカの獅子」カメルーンを相手に、1-0で勝利。続く2戦世界ランク4位(当時)のオランダ戦にて、1-0で敗北するも、戦前の予想を覆す大善戦を見せる。そして6月25日引き分けでもグループリーグ突破できたデンマーク戦で、3-1で勝利ワールドカップ決勝トーナメント進出を決定させた。

開催となった2002年大会を除くと、初の海外での勝利、決勝トーナメント進出となり、イタリアブラジル新聞で「退屈な大会で番狂わせが起きた」「日本サッカーは確かに進化していた」と評価を受け、日本国内でも手のを返したように絶賛のとなっている。

決勝トーナメント1回戦でパラグアイPK戦の末、惜しくも敗れてしまった。大会期間中の岡田監督の采配や交代選手の選択を疑問視する者もいるが、大半は「ちゃんありがとう」と暖かい拍手で彼の指揮官ぶりを称えている。

パラグアイ戦後記者会見で代表監督を退く意向を表明した。

2010年11月アジアサッカー連盟AFC)より、日本人では3人となるAFC最優秀監督賞を受賞。

発言

関連動画

関連商品


関連コミュニティ

岡田武史に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/12/07(水) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2022/12/07(水) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP