今注目のニュース
Switch版本格派ARPG「ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション」本日発売!
中谷美紀、東欧男性に全裸で囲まれてピンチ 「いろいろ見えちゃう」
店内で怒鳴るクレーマー男性 対応した上司の行動に、シビれる

岩人間単語

イワニンゲン

  • 4
  • 0
掲示板をみる(41)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

岩人間とは、体が岩で構成された人間である。

他の用法が特別に存在しない限り、本稿では漫画ジョジョリオン』に登場する岩人間及び岩動物に関して記述する。

概要

作中に登場するフルーツロカカカ』を巡って定助たちと敵対している存在。
見た人間と一緒だが、第2部に登場した「柱の一族(柱の男)」と同じく、人間とは全く異なる性質や成長過程を持つなどの多い種族。また岩人間の95%スタンド使いである。

基本的に岩人間同士では国家コミュニティ(集団性)を持たないが、ここ数千年の人間の人口増加やそれに伴う文明の進化による土地・生活環境の減少のため、人間社会の中に「寄生」して生きる者がいる。
人間の学問を学び、言を話し、戸籍を奪い取り土地や財産を持って人間社会に紛れ込んでいる。
とはいっても、所有欲というよりあくまでも「寄生」に過ぎず、生きるうえで人間社会を利用しているだけである。
もっとも、気温の変化や・干ばつといった災に関係なく生きられるので、貯蓄や・土地などの財産を必要としない。

作中で登場している岩人間たちは人間ロカカカを密売しているようだが、ロカカカと岩人間の間にどのような関連があるかは詳細不明だが、人間よりもロカカカと相性が良く使い方を知っているらしい。

人間ではない、岩動物という生物も登場し、独自に行動していたり岩人間のペットとして活躍している。

特徴

  • 寿命
    推定寿命は約240歳。
  • 身体的特徴
    人間と形状の違いはい。覚醒時の岩人間の皮膚は、触れると妙にしっとり潤っていてエロい。
    体内の分を一気に内部へと移動させ、燥させる事で皮膚を硬質化させる細胞システムを持つ。炭素成分の多い細胞シェルターのように閉じていく。所持品も小さい物なら一緒に硬質膜で覆ってしまう。睡眠からが覚めるとかさぶたのように剥がれて落ちる。体内の老物も、硬質化に使う。
    体表に浅いヒビが入っていて、この本数は年齢と一致する。
    ドリルハンマーなど強での破壊行為はオススメできない。欠けると出血する。
  • 成長メカニズム
    6年ごとに変態する。人間のように次第に変化していくのではなく、脱皮して一気に姿を変える。
    変態は睡眠中に行われる。
  • 食生活
    人間ほか地球上の生物と同様、野菜木の実魚類類あらゆる生物を食べる。
    全個体に共通して、マンゴーアレルギー反応を示し、蜂蜜が好物。
  • 体臭
    ほぼ臭。睡眠中に嗅ぎ付けるもたまにいるけれど、すぐに興味くして立ち去る。
  • 睡眠
    3090日間は眠り続ける。睡眠周期は個体によってそれぞれで、突然時期が訪れる。逆に覚醒期は2ヶ間ほど眠らない。
  • 睡眠中
    睡眠時は高温は950度、低温は-240度の状況下でも25年以上生存。睡眠時は体温はなくなる。
    また睡眠中は呼吸も停止するが、体表のヒビの間から弱い皮膚呼吸をしている。脈拍もなくなるが、厳密にいうと3分に1、2度の脈拍と微弱電気信号の活動がある。
    体表にはゼニゴケというコケが生えやすい。60日間で珠を作る者もいる。ニガグリダケというキノコも生えやすい(食べると)。
    あと、年齢によって眠り方のポーズが違う(単純に寝ているだけだったり、ヨガポーズのように入り組んでいたり)。何故変えるのかはわかっていない。
  • 地球上にいつ頃から存在するのか?
    不明。
  • 人口
    未統計。
  • 性別
    人間ほか地球上の生物と同じく、オスとメスが存在。同種族間のセックスによって子供が生まれる。
    まれに人間の異性とに落ちる者もいるが、統計によるとその97.5は破局している。遺伝学上人間との間に子供はできない。
  • 社会生活
    八木山夜露建築家大年寺山愛唱は(非正規の)警備員を務めている。上述のとおり数ヶの睡眠期があるので、勤務時間が決められている職業には就けない。休んでいる事が多い漫画家などはとても怪しい。
  • 宗教哲学
    大地と自然の中におけるを信じている。そのに畏敬の念を持ち、謙虚である。フェルディナンド博士・・・
    生理学上または歴史的理由により、人間との共存や相互理解は不可能である。
  • 岩人間が好む場所
    神社内、石像のある公園持ちのの庭、(なぜか)リスのいる木の下、紅葉の木の下。
  • 岩人間が嫌いな場所
    過去に噴火や土砂崩れのあった場所、を醒ました時に底や地に埋もれて溺れるリスクのある場所、のフンの落ちてくる場所、うるし科の液にかぶれる。
  • 死亡
    岩人間の遺体は短時間で組織崩壊するのでミイラや化石は発見されていない。
  • 定点カメラを仕掛けて睡眠中の岩人間を録画観察してみよう
    仕掛けた事がバレたら殺されるよ。

余談

作者である荒木飛呂彦は、その老けない容姿からしばしばファンに「波紋使い説」「吸血鬼説」「究極生命体説」など、作品中に登場する不老の設定のあるものに例えられてきたが、岩人間は数ヶの睡眠期間が必要であり、第1部~第4部まで連載をけなかった(第5部は海外取材、読切執筆の為休載がある)ので、「荒木飛呂彦岩人間説」は全に否定される。

むしろ、休載の多い同業者の秘密をチラッ・・・とバラして

###この編集者は始末されました###

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/18(金) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/18(金) 10:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP