岩本煌史 単語

67件

イワモトコウジ

1.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

岩本煌史とは、全日本プロレス所属のプロレスラーである。
1990年3月30日生まれ。
身長175cm。体重90Kg(2017年5月時の公式データ)
2012年11月デビュー

概要

名古屋ローカルプロレス団体、スポルティーバエンターテイメント出身。
2012年プロレス博(名古屋ローカル団体が結集するイベント)にてデビュー
ポルティーバにおいては彰人(現DDT)は先輩石田慎也は同期(岩石というユニットを組んでいた)、阿部史典は後輩にあたる。
なお入江茂弘(現DDT)とは、入江チームでら名古屋拠点とした高井の団体)所属時代に共に名古屋で活動した仲でもある。

2013年田村プロレスリングHEAT UPに参戦するようになってから、徐々に中部圏以外のプロレスファンへの認知度を上げ(2013.5.18HEAT UP王子大会が岩本初の関東圏の試合)、ハードヒット(2013.10から)、プロレスリングBASARA(2015の旗揚げから)、全日本プロレス(2016.4から)と活動範囲を広げ、2017年1月全日本プロレス所属となる。
(スポル時代の岩本が参戦した行は上記以外にも幅広い。確認できる範囲でも大阪プロレスDDTDNAプロレスリングアンサー、Wrestle-1、J-Stage等)

全日本には入団前から期待されていたようで、スポル所属時にも各地で級とのシングルが組まれた。
(青木篤志4.23岡山ゼウス8.11長野宮原健斗12.11大阪。いずれも2016年)
また入団後には大森隆男(2017.1.9横浜)や諏訪魔(2017.1.15福岡)といったヘビとのシングルが組まれるという手荒い歓迎を受けた。
その期待にこたえるかのように、2017年Jr. Battle of Glory(全日本のJrシングルリーグ戦)にて優勝
岩本自身は、リーグ戦中には1勝しかできなかったこと※に不満が残るとの発言をしていたが、優勝決定戦(2.26大阪)にて、青木篤志佐藤光留の実者二人を下した優勝は、十分誇るに足る結果といえる。
(※この年のリーグ戦は参加選手の実が拮抗していたからか引き分けが多かった)
その結果を受け、2017.3.12には世界ジュニアに挑戦(王者石井慧介に敗戦)。

2017年には新日のLION'S GATEにも参戦。4月には青柳と組んで邪外道と戦い(青柳が邪に負け)、6月には青柳YOSHI-HASHIとのシングルを行った際セコンドにつき、青柳が負けたのち「負けっぱなしでは引き下がれない」とYOSHI-HASHIに挑戦表明。7月LGにてYOSHI-HASHIとのシングル戦が発表された。

ファイトスタイルは、全日入団前から渕正信にも高評価されていたグランドの強さに加え、ヘビー級の選手も見事に投げる強さも持つ、質実剛健ともいえるスタイル

得意技

余話

ポルティーバ時代、某有名レスラーのように顔にペイントをほどこした選手が岩本の代わりに試合をしたことがある(本人は記憶にないとの事)。全日では今のところ「岩本の化身」は現れてはいないが、全日は「しい」だけではなく「明るく楽しい」も重視している団体。いずれ、もしかしたら、あるいは・・・

関連動画

岩本煌史に関するニコニコ動画動画紹介してください。

関連商品

岩本煌史に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

岩本煌史に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
ミスティア・ローレライ[単語]

提供: 核砂糖入り紅茶

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/21(火) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/21(火) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP