今注目のニュース
「コンビニコーヒー」多くで注いだ男性、なんで立件されないの?
「目覚めた瞬間、視界に飛び込んで来た絶景」 3匹の猫ちゃんの後頭部が整列 かわいい絶景に心がとろけそう
「会社を逃げ出したかった私へ」「いま、羽が生えたよ」 バイクの楽しさを描いた漫画から解放感と心地よさが伝わってくる

岩松頼宥単語

イワマツライユウ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

岩松頼宥(?~?)とは、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将である。

概要

氏は畠山氏の祖である足利義純の、新田氏出身の最初の妻との子孫である。畠山重忠の乱の後、鎌倉幕府の判断で重忠の妻と婚姻関係を通して彼の権益を継承するために離縁され、以降新田一門として取り扱われるようになった。当初より全に独立した御人であった山名氏、里見氏ほどではないが、新田政義の失策後、世良田氏とともに半分の惣領として新田氏を取りまとめる役割を与えられるほど、厚遇されていたようだ。

と、まあこういう経緯から山名氏、里見氏、世良田氏同様、鎌倉攻めで新田義貞の権勢が高まり、新田一門が独立化していく流れの中でもほとんど足利尊氏に付き従っていった。
岩松頼宥は岩の五男であったが、庶長子の岩義正は新田義貞に従いヶ崎で戦死、嫡子だった岩は討幕の功績などで飛騨守護や関東廂番を務めたが、中先代の乱の際渋川義季らとともに戦死、といった具合で南北朝時代には彼の活躍が極めて立つのである。

彼の初見は、足利尊氏建武政権離反後、新田義貞軍との戦いで尊氏軍の武将として登場するものである。その後九州落ちには従わず、近江に退き再上に備えていた。そしてその時が来た際には岩の子息・岩とともに坂本の戦いなどで活躍していった。1338年には伊予の南方討伐に向かい、伊予の守護に一時的に在任した。

やがて伊予守護を細川頼有と変わると、観応の擾乱足利尊氏についたため、尊氏の武将として備後守護についた。備後は山内首藤氏の分裂がしく混乱していたため、彼がその対策を依頼されたようだ。やがて任務を了するとこちらでも細川頼有と役職を変わり、以後新田荘内に岩氏嫡流とは別に所領を与えられ、晩年を過ごしたようである。

関連商品

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/12/09(月) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/09(月) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP