今注目のニュース
ヒカル、ラファエルとの不仲説に言及 「説明するとややこしいんですけど…」
漫画『異世界おじさん』最新話でメガドラミニとコラボ! セガ派のおじさんがメガドラ愛を語りまくる
ロンブー淳の大学院「入院」は「入学」ではない

島津の退き口単語

シマヅノノキグチ

掲示板をみる(260)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

島津の退き口とは、古今東西類を見ないダイナミック帰宅である。

概要

慶長5(1600)年9月15日(新10月21日)に起きた関ヶ原の戦いにおいて、石田三成率いる西軍が徳川家康率いる東軍に敗れ、西軍は次々に各部隊が敗走。
その中で、最後までから動かなかった島津義弘率いる島津軍(約300)が敵中(約80,000)に孤立してしまう。

普通ならこの時点…というか、孤立する前に降伏するか寝返るか逃げるかするものだが、義の下した決断は尋常ではなかった。以下その時にあったというやりとり。

島津義弘「敵は何処方が猛勢か」(敵の勢いが最も強いのは何処だ?)

臣「東寄の敵、以ての外猛勢」(東側の敵勢の勢いが尋常でなく強いです)

島津義弘その猛勢の中にあいかけよ(突っ込め)」

※ただしこのやり取りには異論もあり、討死(自害?)を口走った義を、豊久が必死に止めたという話もある。

かくして、戦闘がほとんど終結していたにも拘らず、島津軍(約300)が東軍(約80,000)に向かって一斉に突撃を開始したのである。

普通なら鎧袖一触とばかりにズタボロにされるはずであるが、猛将・島津義弘率いる戦闘民族薩摩隼人達がおかしいのか、東軍にやる気かったのか、徳軍本隊の前まで一気に突破。更にそのままをすり抜けて伊勢路方向へ一直線に駆け抜けたのである。

※最近では話が盛られて軍を中央突破して撤退した」という誤解が生じている
いくら薩摩隼人でもそんなことしたら囲まれて全滅するので注意。やりかねない話ではあるが。

当然東軍は追撃したが、この時『捨て奸(すてがまり)』『座と呼称される決死の足止め役(※1)が、追撃を食い止めるために文字通り捨身で東軍に襲いかかった。
その勢いは尋常ではなく、

と、かなりの被害を受けてしまう。

もちろん島津軍も事であるはずもなく、妖怪首おいてけ島津豊久家老長寿院盛などが次々に討死したものの、大将である島津義弘は脱出に成功。
大阪を経由(更に人質を奪還)し、の港から船で薩摩まで辿りついた。

この時、の周りにいたのは(※2)僅かに80名ばかりだったと伝えられる。
…とは言え、300vs80000人で80人生き残るというのが多いか少ないかは人によって感じ方が違うだろうが。

※1 火縄銃で武装した兵士たちが、ある程度の集団として本隊から離脱。を組み座り込んで火縄銃を構え、敵将を狙撃。撃った直後にに持ちかえ敵集団に突っ込み死ぬまで戦うという時間稼ぎ戦法。確実に追手は足止めを食らうが、捨て奸の兵士ほぼ確実に死ぬという、トカゲ尻尾切りもな壮絶極まりない戦法である。

更に言うとにこの役、命ぜられた人数よりも自分からその役を買って出た人数の方が多かったとも言う。
現代でいうところの、「ここは私が!」であり、ニコニコに意訳すると「ここはに任せて先に行け!」もしくはヒャッハー連れだー!」である(いはその両方)。
更に更に言うと、この時点で東軍の勝ちは決定していた。つまり東軍は「折勝ったのに死にたくない!」に対し島津勢は殿お1人でもに戻ればらの勝利。兵子ども死ぬるは今ぞ!」なのである。この辺の士気の差は大きいのではなかろうか。

※2 この人数は『義と一緒に薩摩に戻った』のが80名であり、逃げ延びて後からバラバラに帰した者もいたため、実際に生き残った人数はもうちょっと多かった模様。どういうことなの……

この前代未聞の「前進する」撤退戦が、後に『島津の退き口』と呼ばれ、薩摩隼人頭おかしい武勇を世に知らしめる事となった。

補足

まず「なぜ島津の兵たちはこのような戦法を取ったか」という部分であるが、この時大勢は決していた。下分けの大戦で勝方とあれば、それすなわち「上様」であり、その徳引くは「逆賊」である。
つまり島津の総大将である義「生きて戦場を離脱」「徳方を納得させる言い訳または謝罪」をせねば、島津のお危機(=お取り潰し)であった。文字通り義の首に島津の全てがかかっていたのである。
もちろん薩摩隼人バーバリアン(あるいはバーサーカー)っぷりもこの戦法に拍がけたのは言うまでもない。

ちなみに、西軍に加担(せざるを得なかった=伏見に援軍で入ろうとしたら、鳥居元忠に拒否られた+まで撃ってきた)した時点での島津軍は1500人ほどであったとされる。
薩摩では徳政治的な圧黒田官兵衛等に備える必要があり、大阪の義に大っぴらに援兵を出せなかったため、義を慕う荒武者どもがそれぞれ徒歩で大阪まで馳せ参じた

い話が1000人以上が殿様大事と聞いて駆けつけたのであり、中でも義臣の中で最強のぼっけもん(強者)として知られる中馬重方などは、知らせを聞きつけるや否や仕事を放り出し、知らせてくれた(駆けつける途中だった)輩が持っていた甲冑をぶん取り、そのまま大阪まで駆け通したという。
の人望、推して知るべし。
ちなみにこの時甲冑を取られた輩は、重方のまで行き甲冑を担いで後から駆けつけたらしい。カワイソス

なお、この後島津易になるどころか、西軍の関ヶ原参戦組では一、かつ異例の本領安堵となる(寝返り組は除く)。
そりゃ300人でこれなのに、本(数千~万)が居るとか冗談じゃないレベルではある。

一応に理由を出してみると

  • 薩摩めっちゃ遠い チノ=リを得たぞ!
  • 大戦の後なので軍を出すのはきつい(出来ないとは言ってない)
  • それよりも関ヶ原の戦後処理が優先

といった背景もある。

とは言え徳が何もしなかった訳ではなく、実際には家康島津討伐の命を下しており、これを受けて九州の大名による連合軍が肥後俣まで薄した。
島津義久はこれを迎え撃つべく全軍を率いて出するが、直後に家康宛に義からの謝罪の使者が向けられた事で戦が回避され、その後で交渉開始となっている。
またその交渉も2年という長さに及んでおり、最終的には島津側のり強さに家康が根負けした形となっている。

ちなみにこの交渉、調べてみると結構面い。
方の交渉役は島津によって致命的な致命傷を負わされた井伊直政であったり、島津伯(義久)も島津維新(義)も、書状でこれっぽっちも非を認めていないなど、笑いどころ満載である。

注意事項

これらの行為は、特殊な訓練を受けた精強な変態兵によるものです。

現実にこのような行為をする事は大変危険ですので、良い子も悪い子も絶対に真似しないでください。

関連動画

 

関連商品

関連項目

掲示板

  • 258ななしのよっしん

    2019/07/13(土) 21:56:31 ID: WdTjK4GNO8

    大阪を出港した義一行は日向に向かった。日向伊東兵、高橋元種は西軍なので問題ないはずだった
    しかし、伊東高橋両氏とも東軍に寝返っており、伊東氏の家老・稲重政が宮崎、清武から街道を抑えており退路を阻まれていた
    詳しい経過は不明だが佐土原駐屯の島津軍と呼応し、稲軍を地に誘い出して義たちを通過させたらしい

  • 259ななしのよっしん

    2019/07/30(火) 11:36:36 ID: c1zlmkYB66

    関ヶ原どころか250年後の維新ぶっちゃけた話、薩摩が強かったというより肥前の持ってた近代兵器が強かったんだと思うが。佐賀県はかわいそうな話で現代ではまるでなかったコトにされてる。

    そして条件が同じようなもので戦った場合、西南戦争見れば分かるけど兵数の差で普通に負けてる。あれが現実的なイメージだと思う。幕府もガチンコでぶつかってればああいう感じになってもっと長は苦戦したと思うよ実際。まあ最幕末には幕府にまとめるだけの人もなかったんだろうけど。

  • 260ななしのよっしん

    2019/09/17(火) 13:54:12 ID: qmO2OlaUkf

    捏造捏造言うのは勝手だが面くない
    文献批判者の言うことはちっとも面くない

急上昇ワード

最終更新:2019/09/19(木) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/19(木) 15:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP