今注目のニュース
ラーメン店に“謎のいたずら電話”、原因はGoogleの音声検索機能? ツイートが話題に
東京一人暮らし学生の仕送り額、平均9万5000円 23区で一番お金がかかるのは品川区?
「Dr.STONE」第2話、“霊長類最強の高校生”との関係やいかに?「最強すぎて草」

島津忠良単語

シマヅタダヨシ

掲示板をみる(23)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

島津忠良(しまづ・ただよし 1492 ~ 1568)とは、「薩摩君」として崇められる戦国時代薩摩の武将であり、盛の基盤を作った島津の祖として所謂戦国大名としての島津の初代とされる傑物である。

して「日新斎(じっしんさい)」と名のる。

※「信長の野望」では、登場年代により「島津忠良」または「島津日新斎」の名で登場する。 

子に嫡男に島津貴久、次男に島津忠将、三男に島津尚久の三兄弟と、そのにあたる御南(肝付兼続室)らがいる。

概要

薩摩島津の支族である島津島津善久と美貌と教養を併せ持つ才媛として名高い「常盤」の間に生まれる。

※その二年後に斎藤道三が、五年後に毛利元就が誕生している。

の死後、「常盤」の機転により相州島津の養子となって作・相州両を合わせて領し、仏教・儒学・政治学など様々なことを学んで、人を守り領民に善政を施したことで名を得た。

島津貴久を、島津本家の養子に入れて守護職を継がせて、後見として共に薩摩統一の為に元宗島津勝久島津実久と争い、伊集院忠朗と共に島津必殺技となる「釣り野伏」を考案して奮戦し、十年を越えるしい抗争の末、薩摩定して息子島津貴久を守護の座につかせた。

加世田に隠居後も実権を握り続けて「麓(ふもと)」と呼ばれる下町を整備したり、養蚕等の産業を奨励して仁政を敷いたほか、臣団や孫の島津義久島津義弘島津歳久島津家久らの育成に励み、臣が規団結を理解しやすく覚えやすいようと教育の基本をいろは順に歌にした所謂「日新いろは歌」を創作した。

後に九州に大勢をつくりあげる孫の島津義久には、幼き日に、

大将たる者はを据えて動じないことが、勝利根本である。」

と総領たる者の心得を説き、島津義弘には、

「戦いで、たとえ緒戦に敗れても、後の締めくくりが肝心である。

と前線の官としての心得を説いて兄弟の立ち位置を明示し、身内の争いで没落した島津に内紛が起きぬように教育する等、その後の島津盛の基礎を作り出した事から「島津の祖」と呼ばれ、以降の島津中に大きな影を与えた。

その後、孫の島津義久島津義弘島津歳久初陣で戦功を上げるといった島津未来を託す者達の成長を見守りつつ加世田で没した。 

  ~島津忠良(島津日新斎)辞世の句

「急ぐなよ 又とどまるな が心 定まるの 吹かぬかぎりは」

※その他「島津忠良」の詳細についてはWikipediaの該当記事exit参照の事。

戦国大戦

『時代を変える新たな戦術、見せてやるわ』

戦国大戦にもVer1.20島津として参戦。武6統率9と軍師的な配分の隊だが特技は制圧・防柵・撃と自重せず3つ持っている。正直蜂須賀小六が可哀相。

計略の「攻射撃の采配」は味方の武を上げ、更に隊は射程距離が伸び、敵門をで撃てるようになる。撃つと敵に触れずして直接ダメージを与えられる、のだが1射撃で与えられるダメージの涙。流石に複数部隊で撃ち続ければそれなりに減る、がそもそもそんなことができる状況なら直接殴った方がい事が多い。

計略の影かかなり戦国大戦では出現率・使用率共に低い。つーかサブ計略なら同コスト島津歳久がいるから…

忠良作の和歌

敵味方問わず戦没者を供養する為に南を頭にすえて歌った和歌 

何事も 何事もみな 南 なお討ち死には 名をあぐるかな 
益にも むつかしき世に うば玉の 昔のやみの 報ひはるらん
あしき世に あらゆる物も あしなれば あからさまにも あらじ身の果て
南には 弥観音の 御座あれば 身まかる時も かのこらん
にかも ぞと問はん しかも かは独り かのこらん
ふつふつと ふつと世も 身もふつきりと ふつとくやしく ふつと悲しも

日新公伊呂波歌

文武を極め、善政を敷いて「薩摩君」と崇められる島津忠良が、臣の教育の為に自らが修めた儒教を規範とする教育論を解りやすく覚えやすくする為に創りだしたものが所謂「日新いろは歌」であり、後の薩摩においても、士の郷中教育ごじゅうきょういくいく)の規範となった。

※掲載にあたり以下のサイトを参考にさせていただきました。大意は、一行に編集した際に意味が変わっている可性がありますので、下記サイトで更に確認して下さい。
島津日新公いろは歌exit
島津義弘.com 日新公いろは歌についてexit 

【い】 いにしへのを聞きても唱へても わが行にせずばかひなし
(大意)いにしえの賢者の立な教えや学問は口に唱えるだけでく、実践実行する事が大事である。
【ろ】 楼の上もはにふの小屋も住む人の 心にこそはたかきいやしき
(大意)立な屋敷に住む人でも、粗末な小屋に住む人でも、その価値は心が清く正しいかで決まる。
【は】 はかなくもあすの命をたのむかな 今日今日もと学びをばせで
(大意)勉学を明日に引き伸ばすのではなく、今この時を大事にして毎日毎日勉学に励むべきである。
【に】 似たるこそ友としよければ交らば われにます人おとなしき人
(大意)友人を選ぶ時は、自分と合う人よりも自分より優れた見識を持つ人を友とするのが良い。
【ほ】 ほとけ他にましまざず人よりも 心に恥じよ地よく知る
(大意)は己の心の中にあるので、他人が知らぬからと恥知らずな事をしてはいけない。
【へ】 下手ぞとてとゆるすな稽古だに つもらばちりも山とことのは
(大意)自分がいろんなことに下手だと卑下して努を怠ってはいけない。ちりも積もれば山となる。
【と】 科(とが)ありて人をきるとも軽くすな いかすもただ一つなり
(大意)罪のあるものをる際に軽々しく行ってはいけない。殺人も活人も心一つで決まる。
【ち】 知恵は身につきぬれど荷にならず 人はおもんじはずるものなり
(大意)知恵や芸は重荷にならないので身につけるべきもので、人はそれを見て尊敬し及ばぬ事を恥じる。
【り】 理も法もたたぬ世ぜとてひやすき 心の駒の行くにまかすな
(大意)理が通らず法も守られぬ乱世であっても、自分ひとりは心を奮い起こして正義と人を守り通せ。
【ぬ】 ぬす人はよそより入ると思うかや の門に戸ざしよくせよ
(大意)盗人はから入ってくるものだ。によく戸締りして誘惑を退けよ。
【る】 流通すと人や君が物語り はじめて聞ける顔もちぞよき
(大意)自分がよく知る事でも上の人が話す時は、初めて聞くという顔で聞くのがいい。
【を】 のわが悪業にひかされて つとむをうしと見るらむ
(大意)人は己の怠け心に引かれ易いので、自身の職分を守って忠実にまじめに務めるべきである。
【わ】 私を捨てて君にしむかわねば うらみも起こり述懐もあり
(大意)君に仕えるにはを捨てなければ、恨みも起こり不不満もでる。自分の一身をささげて君に仕えよ。
【か】 学問はあしたの潮のひるまにも なみのよるこそなおしずかなれ
(大意)学問をするにはいし、は静かなので一番いいので、時間を惜しまず励むべきである。
【よ】 善きあしき人の上にて身をみがけ 友はかがみとなるものぞかし
(大意)自らをみるのは難しいが、他人の善悪はよく解るので、友人を見て習い、悪いことは反せよ。
【た】 種となる心のにまかせずば より外に名も流れまじ
(大意)私利私欲にかられて事を行えば、に外れて悪い評判もたつ。この悪の種を刈り取り正を行え。
【れ】 礼するは人にするかは人をまた さぐるは人をさぐるものかは
(大意)人に礼を尽くす事は、自分を正しくして己を敬うことである。を敬って己を慎む心を養え。
【そ】 そしるにも二つあるべし大方は 人のためになるものと知れ
(大意)臣下が言う悪口は、人を思うものと、自己の利の為のものがある。それを良く判断し反すべし。
【つ】 つらしとて恨みかえすなれ人に 報い報いてはてしなき世ぞ
(大意)相手からの恨みを返しても連鎖するだけなので、恨みには徳を持って対処すべきである。
【ね】 ねがわずば隔てもあらじいつわりの 世にまことある伊勢
(大意)不正をもって偽りの対処をしてもは見ているので、をもって対処すべし。
【な】 名を今にのこしおきける人も人も 心も心何かおとらん
(大意)後世に名を残した偉人も同じ人間なので、及ばぬと諦めず奮起して頑ることが必要である。
【ら】 楽も苦も時すぎぬれば跡もなし 世に残る名をただおもうべし
(大意)楽しい事も苦しい事も永久的ではなく事が過ぎれば跡形もない。ただ後世に名を残す事を心がけよ。
【む】 昔よりならずしておごる身の のせめにしおわざるはなし
(大意)昔からに外れて驕る者で天罰を受けなかった者はいないので、驕らずを敬い教えを守るべし。
【う】 憂かりける今の身こそはさきの世の おもえばいまぞ後の世ならむ
(大意)嫌な事の多い現世は前世の報いなので、来世の為に現世の行いを大切にしなさい。
【ゐ】 にふしてには起くと夕の 身をいたずらにあらせじがため
(大意)く起きて遅く休むのも勤めを果たすためであり、時間を惜しんで勤労すべきである。
【の】 のがるまじ所をかねて思いきれ 時にいたりて涼しかるべし
(大意)常日頃から覚悟を決めておけば、万一の時の未練がやかでいられる。
【お】 思ほえず違うものなり身の上の 欲をはなれて義をまもれひと
(大意)人は私利私欲の闇に迷い込みやすいので、私欲を取り去って事を行い義を守るべきである。
【く】 苦しくとすぐをいけ九折の 末は鞍馬のさかさまの世ぞ
(大意)苦しくてもを曲げる様な悪事を行わず、心っ直ぐに正をあるくべし。
【や】 やわらぐと怒るをいわばと筆 と二つのつばさとを知
(大意)穏やかと怒るは文と武に例えられ、二つの翼の様にどちらも欠く事のできないものである。
【ま】 も一心とあり事ふるに 身ばしたのむな思案堪
(大意)「万一心」と言うが、いかに万に達しても一心が悪ければ意味がいので良く思案すべし。
【け】 賢不肖用い捨るつという人も 必ずならば殊勝なるべし
(大意)賢者を登用して愚者を遠ざけよと口に唱える者が有言実行するならば素晴らしいが、実際は難しい。
【ふ】 勢とて敵をあなどることなかれ 多勢と見ても恐れずべからず
(大意)少人数だからと侮らず、大勢だからと恐れる事はい。一致団結すでば大敵を破ることができる。
【こ】 心こそ軍する身の命なれ そろゆれば生きそろわねば死ぬ
(大意)自軍の心がひとつまとまれば生き、っていなければ敗れ死ぬ。
【え】 回向(えこう)にはと人とをへだつなよ 看経はよししてもせずとも
(大意)読経せずとも良いので、敵味方の分け隔てく死者を弔い、等しく祈りなさい。
【て】 敵となる人こそはわが師匠ぞと おもいかえして身をもたしなめ
(大意)自分にとっての敵を師と思えば、反面教師として手本が見えてくる。自重せよ。
【あ】 あきらけきのこの世より 迷わばいかに後のやみぢは
(大意)あふれる現世でさえ迷うのに、死後の闇の世界ではより迷うだろうからを修めて悟りを開け。
【さ】 ながれもとなるぞかし ただなさけあれ君がことの葉
(大意)を与えても人により結果が異なるので、人の上にたつ者は思いやり深く、情け深くあるべし。
【き】 聞くことも又見ることも心がら 皆まよいなりみな悟りなり
(大意)見聞きするものは受け取る側の心がけで変わる。優れたものを受け入れる心構えをする必要である。
【ゆ】 を得て失うことも大将の 心一つの手をばはなれず
(大意)士卒に信されるも失うも、ただ大将の心の配り方ひとつにかかるものである。
【め】 めぐりては身にこそは事えけれ 先祖のまつり忠孝の
(大意)先祖を敬い忠孝を尽くす事がいずれ自分に帰ってくるよう励むべきである。
【み】 にただ身をば捨てんと思いとれ かならずのたすけあるべし
(大意)正しいと思うであれば一身を捨てて突き進め、そうすれば必ずの助けがあるはずである。
【し】 舌だにものこわきをば知るものを 人はこころのなからましやは
(大意)舌が触れるの硬さを知っているように、交わる相手の心の正邪善悪を用心する事が必要である。
【ゑ】 酔(ゑ)へる世をさましもやらでさかずきに 明のをかさむるはうし
(大意)迷う事の多い世の中、迷いを重ねて歩くのは情けいので、まっすぐ先を見据えて歩くべし。
【ひ】 ひとり身あわれと思え物毎に 民にはゆるすこころあるべし
(大意)頼る者がい老人・孤児。寡婦に情けをかけて労らうように、仁慈の心で寛大に接しなさい。
【も】 もろもろのや所の政は 人にまずよく教えならわせ
(大意)治めるや村の掟はよく人民に教えるべきで、やらずに刑に落ちる者を出すのは不仁の仕方である。
【せ】 善にうつり過れるをばめよ 義不義は生まれつかぬものなり
(大意)善にうつり、過ちはめよ。義不義は生まれつきのものではないので悪いと気づいたらすぐめよ。
【す】 少しを足れりとも知れ満ちぬれば もほどなく十六夜
(大意)満月の後の十六夜の如く、少し足りないぐらいを満足として楽しむ心が大事である。

関連動画

※「信長の野望シリーズに島津忠良または島津日新斎の名で登場している。

チートで登場

▼「信長の野望 下創世」の総合ランキングでは堂々の7位。さすが全80オーバー

▼「信長の野望 下創世」のお館さま(統率+政治ランキング10位。

▼「戦国大戦」 島津

 

補足

信長の野望」(PCシリーズでの島津忠良(島津日新斎)の力一覧。 南のチート爺伊達じゃない!

軍事 内政
群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 92 戦闘 83 智謀 79 政治 90 野望 70
戦才 158(A) 智才 170(A) 政才 182(A) 88 野望 70
将星 戦闘 智謀 政治
烈風 采配 戦闘 智謀 政治
世記 采配 92 智謀 93 政治 94 野望 92
統率 80 知略 82 政治 85
下創世 統率 84 知略 80 政治 81 教養 83
革新 統率 83 武勇 59 知略 91 政治 96
統率 83 武勇 59 知略 91 政治 93

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク

掲示板

  • 21ななしのよっしん

    2017/02/01(水) 20:09:42 ID: AgizHoC07C

    漫画センゴク島津日新斎

    日新斎「久、わしのやった可愛いか?」
    久「可愛いンゴww」
    日新斎「じゃあ殺すわ」
    「」

    どっちがぼっけもんか分からん

  • 22ななしのよっしん

    2017/02/01(水) 20:19:38 ID: 791t1XErz/

    ちなみに上3人にもやってたらしい

  • 23ななしのよっしん

    2017/07/07(金) 20:18:16 ID: oaVO6w+gIi

    さり気に義運久も者じゃないよな
    常磐は後になった自分が運久にぐ代わりに忠良を相州の跡継ぎにもするように頼んで誓詞を入れさせ、
    運久も儀にその約束を守って45歳の時に忠良に督をポンとくれてやってるし
    いくら忠良が優秀で常磐が美しくても中々できることじゃない

急上昇ワード

最終更新:2019/07/16(火) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/16(火) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP