巡洋艦 単語

321件

ジュンヨウカン

1.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

巡洋艦じゅんようかん、cruiser)とは、遠洋を航するための高速艦艇のことであり、軍艦の一種。

細分化のカテゴリとして、重巡洋艦軽巡洋艦がある。

概要

現在では、具体的な定義は決まっておらず、遠洋航行可な艦艇、もしくは国家社会集団が「巡洋艦である」としていればそれが巡洋艦となる。英語ではクルーザー(cruiser)という。

19世紀末軍艦が木造帆船から体と蒸気機関を持つ動艦に移行し始めた頃の話。当時の機関や燃費、体のサイズといった制約により、重武装の戦艦モニター艦は充分な遠洋航行を有していなかった。このため、武装や装甲をある程度押さえ、代わりに航行を重視した艦も造られていた。これが元々の巡洋艦である。

その後、技術の進歩、体の大化、戦の在り方の変遷、などの事情により、戦艦駆逐艦それなりの航行を持つようになっていく中、遠洋航行戦艦駆逐艦の中間的なサイズ軍艦、というのが巡洋艦の立ち位置となっていった。

現在はその大体に多数のミサイルを搭載するという形で巡洋艦という分類がわずかに残るだけである。
代表的な艦艇としてはアメリカイージスシステム搭載のイージス艦タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦ロシアスラヴァ級ミサイル巡洋艦が有名だろう。

日本国内においては、に旧帝国海軍軍艦の艦種をすものとして用いられる場合が多い。

ニコニコ動画でこのタグで航すると、鋼鉄の咆哮といったゲームに出てくる巡洋艦を見ることができる。

重巡洋艦? 軽巡洋艦?

巡洋艦という分類の中でもかなり細分化されているが、基本的には第一次世界大戦以後、ロンドン海軍軍縮会議により定められた「軽巡洋艦(軽巡)」「重巡洋艦(重巡)」の二分を覚えておけばよいだろう。[1]

種類 条件・内容
重巡洋艦
軽巡洋艦

もっとも、この分類が有効だったのはロンドン軍縮条約が適用されていた間だけで、条約失効後からは軽巡クラスの武装でありながら基準排水量が重巡洋艦をえたりするなど、かなり曖昧なものとなっている。

また第二次世界大戦後、武装体系がミサイル中心となり、任務も多用途化していったため、巡洋艦及び駆逐艦フリゲート艦などの区分がかなり曖昧なものとなってしまった。

巡洋艦の記事の一覧

保有 艦艇の種類
アメリカ
ロシア
日本
欧州
アニメ
ゲームなど

関連動画

鋼鉄の咆哮関連

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *それ以前のワシントン条約において戦艦および航空母艦に建造制限がかけられたことで、各戦艦カテゴリー外であった基準排水量1万トン以下の艦艇を整備し始めたため、ロンドンでの定義はそれら各の建造レースを制限する意味合いもあった。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/18(木) 04:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/18(木) 04:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP