今注目のニュース
なぜそこに穴をあけたのか... 素人には意味が全く分からない顔出しパネルが話題
跡取りおらず「お家断絶」の旧家、名字残すため「母の旧姓」に変更できる?
6/24映画初日満足度ランキング、1位はあの名作ゲームを題材にした実写ドラマ!

市町村単語

シチョウソン

掲示板をみる(31)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

市町村とは、日本国の基礎的な地方公共団体自治体)である。東京23区、いわゆる「特別区」もこの一種である。平成28年10月10日における総数は1718。

概要

」を除く「町」「村」の概念は行政区画として古くから存在しているが、これが議会や役場を備えた「自治体」となったのは明治211888)年からのことであり、意外と新しい。

市町村は都道府県と違って置分合がしい。特に明治期の町村制施行に合わせた大合併、戦中に政府導で行われた強制合併、昭和2040年代に起こった全的な大合併(昭和の大合併)、つい近年総務省の口に乗せられた結果起こった大合併(平成の大合併)において大規模な吸収合併・新設合併が行われ、数がそのたびに減している。

市町村を定義する法律戦前は「制」と「町村制」だったが、現在都道府県と同じ「地方自治法」に一本化されている。な違いは互いの立場関係を戦前を町村より上としたのに対し、戦後は人口が違うだけで同格としたこと、首長を戦前都道府県知事による任命制としていたのに対し、戦後は民選としたことである。

町・村

近代以前は庁もしくは町奉行所の直轄地で、下町や宿場町として商業・交通の中心となっている都市部を「町」、それ以外の集落を「村」と呼び、町では町役人、村では屋を筆頭とした地方三役が首長として自治を行っていた。これを形を変えて利用したのが自治体としての町村である。
この時代の町村、特に村は自然発生的に形成された地縁共同体であることがほとんどで、近代以降幾多の変遷を経てもなお地縁共同体の基礎単位として数多くが脈々と受け継がれている。

明治維新ではしばらく手つかずであったが、全的に統一された近代的な戸籍を編成する必要から明治4(1871)年に戸籍法が施行され、町役人や地方三役を止し、「戸長」と呼ばれる首長を置くことになった。しかし実際には元の町役人や地方三役が横滑りすることが多く、ただ首長の名前を変え、上部組織が府県になっただけで実質江戸時代と変わらない自治形態が継続することとなった。それぞれの町村があまりに小さいため、「連合戸長役場」と呼ばれる複数町村合同の役場を置いたところも多い(少し遅れて施行された学制により全小学校が設置されると、おおむねひとつの小学校運営できる規模が最低ライン安となった)。

翌年には、戸籍法による地方行政制度は大区小区制と呼ばれる制度に発展した。戸籍法施行に伴い府県の下にはいくつかの区(後の諸制度の区とは異なり、規模としてはに近い)が置かれていたがこれを大区とし、各戸長役場の管轄区域をもって小区を設置するものである。大区小区ともに固有の地名ではなく番号で呼ばれ、官選の首長が任命された。これに伴い町村は制度上から一時姿を消す。

しかし、地方の実情を視したあまりに急進的な制度であったため、この大区小区制は不評であった。地方の実情を鑑みず中央政府の命を一に伝達・施行する機関を作ってしまったからである(とはいえ、最大の的だった戸籍の編成は大きな成果を上げた)。そこで明治11(1878)年には区町村編成法を施行し、大都市には区(の節に詳述)を、それ以外には、その下に戸長役場、その下に町村を置いた。
なお、このときから大正15(1926)年までは「」も役所と会をもつれっきとした地方自治体であった。

明治211888)年に自治体整備の一環として市町村も本格的に近代化することになり、「町村制」が施行。これによって小さな町村は合併しあって議会・役所を備えた自治体へと脱皮した。ただし山梨県など、これに先立つ段階で戸長役場の管轄を単位に町村を整理したところもある。

戦前の町村制下においては町と村の区別は慣習によるものであったが、戦後地方自治法では都道府県の条例に明示された人口の基準に従って町と村が分かれるようになった。

なお、戦前北海道沖縄樺太、そして一部の離では本土とは異なる制度に基づいて町村が設置されており、概して本土の町村よりも自治権が制限されたものであった(たとえば北海道樺太の町村には一級、二級の区別があり、一級町村では本土並みの自治が行えたのに対し、二級町村では自治が制限された)。

」は町村と成立事情が異なる。原となったのは、明治11(1878)年に施行された「区町村編制」によって都市部に置かれた「区」という行政区画である。この区は人口の多いところにから独立して置かれたものであるが、とは同一ではなく、後に東京市京都市大阪市の区となった区も同格のものとして置かれた(このためこの時期には「東京」「京都」「大阪」という自治体は厳密には存在しなかった)。

これが明治221889)年の「制」により「」に化けたものが現在の「」の直接の由来となる(東京京都大阪の区はそのままの下位自治体となった)。これにより区は議会と役所を備えた「」へと変化し、さらに区時代の慣習によりから独立して自治を行うようになった。現在制を施行するとから抜けるのはその名残である。なお沖縄北海道は少し遅く区の設置とへの移行が行われた。

戦前制下においては地方の中核をなす都市のみがに移行していたようである(たとえば東京府には渋谷町や巣鴨村など10万人前後の人口を抱える町村がいくつかあった)が、戦後地方自治法では「5万人以上」という人口規定が出来た。この人口規定は引き下げられたこともあり、昭和2040年代や平成に入ってから多くのが誕生する要因となった。また50万人以上のは政で特別な権限を付与され、下に区を持つ「政令指定都市」となることが出来るという規定も誕生している(戦前存在した名古屋などの区は単なる行政区分で戦後追認されたもの)。

またで特徴的なのは既述の通り、戦前には町村よりも上の地位にあり、自治体であった時代にはとほぼ同格であったということである。戦後このヒエラキー法律上消滅したが、「が町村より上」という概念は現在でも根強く存在し、が町村を格下に見るという悪習となっている。

特別区

東京都の区のことである。簡潔すぎるが、法律上の定義もこの一文で済まされているのでどうにもならない。

昭和18(1943)年、東京都成立によって旧東京市の区は東京都の下位自治体とされた。これを4年後の地方自治法施行の際に23区に編成し直し、「特別区」と称したのがそれである。

東京都発足時も都の直轄下に置かれ、地方自治法施行後も都の機関として扱われ、長く区長が都知事任命とされるなど、自治体としてに準ずる=「半人前」扱いであった。最近ではと同格とする法的解釈も生まれているが、その立場についてはたびたび問題となる。

関連項目

掲示板

  • 29ななしのよっしん

    2015/12/09(水) 05:26:48 ID: b5TDQgo/5R

    まず、地方自治に関しては全に机上の空論、自己中な要の押し付け。

    さらに問題なのは、「地名には歴史がある」などと言っておきながら、「消えた」という歴史や新地名誕生後の歴史視して、「ごり押し」、「歴史視」などのレッテル貼りや言いがかりで新地名や自治体中傷していることだ。
    すなわち、「歴史がある」ことを口実にして歴史視した中傷行為を行うという意味不明の言動、これらを長文で行うのは荒らし以外の何物でもない。

  • 30ななしのよっしん

    2017/04/06(木) 21:50:59 ID: qsHKGJIcAo

    自分のブログにでも書いてろよ

  • 31ななしのよっしん

    2017/05/18(木) 15:40:48 ID: 8AUirvGQu0

    みんなしっかりと反応してあげる辺りが好き
    まあ荒らしアレだが・・・

    A:今どこ?
    B:今今

急上昇ワード

最終更新:2019/06/26(水) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/26(水) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP