今注目のニュース
メルペイ、全国の信用金庫244社と口座連携 残高へのチャージが可能に
左手親指切断の男性 足の第2指が手に移植され“サムズアップ”(米)
遺体の女性の胸を揉みしだく警察官 変態ぶりをカメラが捉え休職処分に

常磐順一郎単語

トキワジュンイチロウ

  • 7
  • 0
掲示板をみる(60)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

常磐順一郎とは、特撮ドラマ仮面ライダージオウ』の登場人物である。

演:生瀬勝久

概要の加筆頼まれちゃってね~、うち時計屋なんだけどね〜…

常磐ソウゴの大叔父にあたる壮年の男性時計屋「クジゴジ堂」を営むが、本業の時計販売や修理より他の機械修理依頼が来る事が多く、「うち時計屋なんだけどね~…」とぼやきつつも引き受けてしまうお人よしな面もあるが、仕事はきっちりこなす職人事実修理の腕は一流で、「この時代で一番の修理屋」だとしてモモタロスたちがデンライナー修理を依頼しに来るほど。そしてしっかり修理してみせた。
ソウゴの他、ツクヨミ明光院ゲイツに部屋を貸して下宿させている。後にウォズも加わるも、彼らが仮面ライダーであることやアナザーライダーと戦う者であることは知らない。しかし人生経験から来る何気ない一言から、ソウゴ達は戦いの解決への糸口を見つけたりもする。一方でソウゴ達の食事や弁当を作るのも叔父さんの役割で、その味は世界の破壊者レストラン経営者のシェフもうならせるほどの腕前。

両親と死別したソウゴを引き取り、「王様になりたい」と言いソウゴの将来を案じつつものびのびと育ててきた。一方両親を失ったソウゴに対してどう接すればよいか分からない面もあり、これまで一度も叱ったことがなかった事を後悔している。劇中、ゲイツツクヨミらと対立して二人が部屋から出ていかれたときのソウゴを案じて、初めてソウゴを叱ることになる。

「寂しい時に寂しいって言えない人間なんて、人の痛みが分からない王様になっちゃうぞ!」

この言葉を受け取ったソウゴは戦いの後、ゲイツに寂しい思いを打ち明け、戦いが終わると二人が戻ってきて元通りの日常になった。
またこの他にも、ソウゴへった何気ない一言がソウゴを導く役割を果たすこともある。

仮面ライダー 平成ジェネレーションズFOREVER

平成ライダー歴史が消えた影を受けてしまい、オレゲイツのことを忘れていたほか、時計修理店ではなく喫茶店を経営していた。

EP42~EP43

TV本編において、アナザージオウIIにより歴史変され、ソウゴと面識がない状態になってしまった。クジゴジ堂はジオウと戦うレジスタンスの詰め所となっていた。

余談

常磐順一郎は大人線でライダーたちを見守る、いわば「おやっさんポジションキャラクターであるが、おやっさんポジションと思っていたら実は全ての元凶で最終的にラスボスになったという経緯のキャラクターが前年にいたため、放送前から「怪しい」やら「オーマジオウの正体」やら散々な言われ方をしている。
物語が後半に差し掛かった段階(EP32〜)では今のところ戦いに直接関わりを持たない日常徴するキャラクターとなっているが、今後どのような展開を迎えるのか…。

また、彼を演じる生瀬勝久氏はかつて「警部補 矢部謙三」という仮面ライダー出演俳優を盛大にパロディしたドラマ作品に演しており、ある意味では既にレジェンドライダーと共演経験が多いとも言える。矢部の頭部をネタに「オーマジモウ」と呼ばれることも。

おかえりソウゴ君、関連動画見てくよね?

足りない時に足りないって言わないなんて、
関連項目の存在しない記事になっちゃうぞ!

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/10(火) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/10(火) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP