平田祥一郎単語

ヒラタショウイチロウ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(10)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

平田祥一郎とは、日本作曲編曲である。SUPA LOVE所属。

概要

大学生の頃から音楽活動を始め、卒業後はカラオケ制作をしていた。その頃に呼んだ雑誌に掲載されていたゲーム外者に応募した所、KONAMIに採用、KONAMI東京の社員となる。ゲーム作曲としては『ちびまる子ちゃん対戦ぱずるだま』でデビュー。在籍時からKONAMI音ゲーや、ときめきメモリアル3BGMなどで活躍。ヴォーカルモノをやりたくて恋愛シミュレーションゲームに参加したら、そちらの仕事ばかり舞い込んだことも。2002年に現事務所から誘われ、J-POPでの仕事が増えてきた事情から2003年KONAMIを退社、現事務所に移籍。

現在ではハロー!プロジェクト(以下ハロプロ)に欠かせない編曲の一人して大久保薫とともにサウンドに携わる。ハウスユーロビートハイパーテクノからR&B2ステップクラブサウンドを得意としている。但し、クラブサウンドKONAMI時代に培ったもので、高校時代は角松敏生に強いを受けている。大学に進学してからは洋楽にもハマる(ジャミロクワイなど)。

作曲としては、SMAP中川翔子ゴスペラーズEXILEKAT-TUNらへ提供するなど、作・編曲としては一定の評価を得ている。特にシングル曲ではSMAP提供した『Dear WOMAN』が有名で、こちらはサザンオールスターズ桑田佳祐から絶賛されるほどの好評価を得ている。

ハロー!プロジェクトにおける平田

シェキドル無敵~二十歳のの誓い』のカップリングである『がんばっちゃうもんねぇーッ!』でハロプロに初参加(SHO-1名義)。良質かつ安定した音作りで、(に)ハロプロファンは敬意を込めて平田と呼ぶ者も入る。

つんく♂無茶振りオーダーにチャレンジを感じ取っており、難しかった仕事としてBerryz工房の『ピリリと行こう!』を挙げている。三線入りというオーダーだったため、ビートをどうするかで非常に悩んだという。逆にリミックスは好きにやれるという理由で楽しんでいる。ただし、アレンジを行う時点でどのグループが歌うのかを知らないので、ディレクターつんく♂に導かれるまま音作りをしている。

ハロプロつんく♂の仮歌を聴くことでヴォーカルのあり方を学んだようで、つんく♂の手法を中川翔子にも教えたという(例えば「日本人は突っ込んで歌う癖があるから、頭の中で“ん”を想像しなさい」「実際に“ん”って言いな」など)。

『次々続々』では(つんく♂が総合プロデューサーを降りたという事情こそあれど)ハロプロにおいて初の単独作曲も担当することになった。

参加作品

BEMANIシリーズ(記述なしはShoichiro Hirata名義)

beatmania IIDX

Dance Dance Revolution

pop'n music

CROSS×BEATS

maimai

非ハロプロ関連の作曲・編曲(J-POP)

ハロプロ関連の編曲

モーニング娘。

ドリームモーニング娘。
リミックス

Berryz工房

℃-ute

スマイレージ / アンジュルム

Juice=Juice

その他

関連動画

 

 

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/20(日) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/20(日) 21:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP