年越し蕎麦単語

トシコシソバ

掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

年越し蕎麦とは、年末の12月31日にそばを食べる習である。

概要

元々は江戸時代中期、商ではの最後の日、つまり30日に蕎麦を食べていた習慣から広まったとされている。つまり、昔は毎日に食べていたのだ。それが、大晦日だけが残って現在に至るものとされている。

なぜ蕎麦かというと

  • 蕎麦は細く長いから長寿になるという験担ぎ。
  • 蕎麦にさらされても気だから蕎麦のように元気で強く丈夫にという験担ぎ。
  • 蕎麦消しであると信じられていた。
  • 蕎麦は切れやすいから悪運がキレるようにという験担ぎ。
  • 蕎麦は長いから家族の縁が長続きしますようにという験担ぎ。

・・・など、諸説ある。

うどん県こと香川県では「年越しうどん」を食べる庭もあるという。また、沖縄県では「沖縄そば」を食べる庭もあり、ラーメン好きは「年越し中華そば」を食べるなどアレンジも存在する。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/11/28(月) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2022/11/28(月) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP