今注目のニュース
公園でのママたちの迷惑行為に衝撃 「軽蔑する」「普通に引いた」
右手と左手で同時に違う絵を描く女性画家がスゴすぎる! しかも絵が写真のように超リアル!!
昭和レトロだと思いこんでいた平成のヒット商品ランキング

幸運E単語

コウウンイイワケガナイ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

幸運Eとは、幸運のパラメータをE~Aで表記した場合、最低ランクのEであること。

それ以上でもそれ以下でもないはず

概要

に「Fateシリーズにおいて採用されているパラメータ方式。“幸運”は言うまでもなく運の良さをパラメータで表したもの。だがこのパラメータが“E”である場合、幸運判定を必要とする場面などでの効果が期待できないことになる(論、補強は可だが)。どうやら生前において薄幸な人生を送った者や悲惨な末路を迎えた者ほど、この値が低くなる傾向にあるようだ。

また「EXTRA」における主人公の低い魔術師によって初期値が軒並みEとなっているサーヴァントたちや、マスターを左右されるナーサリーライムなど、特殊な例も存在する。

本題

本来であればその程度のはずだったのだが、あるクラスに関して言えばそれ以上の意味合いを持つこととなる。そのクラスとは、ランサーである。

ランサーである。

大事なこt(略)。これは初期作品におけるランサークラスの二人が悲惨なに遭っていることに起因する。というか、そもそもランサーの時点で基本パラメータが幸運Eであることも、これに拍をかけることとなってしまっている。結果、一部のファンの間では幸運Eランサークラスの宿命”というジンクスが共有されてしまうことに。

幸運:E三本槍

一番槍クー・フーリン

原点にして頂点

stay night」においてはマスター替えを余儀なくされたばかりか、戦略上の都合から全を出せない状態になってしまっている、結果として必中必殺を誇る自慢のが当たらない、などこれでもかと言わんばかりの不遇っぷり。その上、各ルートにおいて三種三様の死に様が用意されている。その代表格が自害しろ、ランサー(by言峰 ←大体こいつのせい)。

続編である「hollow ataraxia」においても、やっぱりその扱いは不遇。とはいえ、前にべれば悲愴さは幾分か薄まっている・・・・のだが、ギャグでは大体ロクなに遭わない。もはや振り切りすぎてしまった結果、「ランサーが死んだ!この人でなし!という持ち芸として確立してしまう羽に。

ただ、初登場時点では確かに不憫と言われても仕方のない遇ではあるが、英雄としての持を貫き通しているのもまた事実。ゆえに根強い人気を誇り、以降の作品にもしばしば顔を出すことも(中には幸運Dの状態で召喚されたことも)。その場合においては、むしろ不遇とはほとんど縁の活躍を見せる。でもギャグ路線ではお察し

二つ槍ディルムッド・オディナ

二人ランサーサーヴァントであり、クーフーリンと同郷の英雄騎士の体現者とも言える高潔な人物だが、マスターであるケイネスとの関係は最悪の一言に尽きる。これは、魔術師的な等価交換の観念の持ちであるケイネスが、聖杯めずにただひたすら滅私奉の忠義を貫いているディルムッドの姿勢に不信感を抱いているため。また、ディルムッドの方もケイネスとの相互理解を怠ってしまったことも起因している。

ともあれ、事あるごとに罵られるばかりか、ソラウのことでの敵にされてしまう。結局、両者の溝が埋まらないまま、切嗣(←大体こいつのせい)の謀略に嵌まり、令呪によって自害。呪詛の言葉を吐きながら壮絶な最期を遂げた。このせいで、聖杯汚染の原因という風評被害を被ってしまった。おまけに、ソラウ関連の記憶が抹消寸前になったり、大人女性トラウマになったり・・・・。

報われない結末を迎えてしまったが、庭版「unlimited code」においての隠しキャラとしての電撃参戦や花札にてケイネスとの信頼関係の構築に成功するなど、こちらも徐々にそれまでの不遇ポジションからの脱却が図られている。ただし後者オチに関してはお察しまた、生前においてのかつての君であるフィンとも「Grand Order」において共闘がうこととなった。このため、彼も幾分か報われるようになってきたと言えよう。

ちなみに幸運Eとは別に、彼の登場する「ZERO」を手掛けたのが虚淵御大であるため虚淵ランサー=不遇”という方程式が成立してしまった。その犠牲となってしまったのが「Apocrypha」のヴラド三世(幸運D。後にバーサーカーとして登場した彼の幸運はE。なんでさ)。

ともあれ、以降の作品においては幸運のパラメータが高く設定されているランサーが多く登場することとなり、幸運Eジンクスが覆されることに。このため、この二人が幸運E双璧という形になってしまっていた。しかし、ランサー界における新たな幸運Eが現れてしまった・・・・!

終の槍ブリュンヒルデ

prototype世界線におけるもう一人のランサー。やはりそのポジションは元祖のオマージュとも言える(マスターの意向による他のサーヴァントとの対決など)。

だが、彼女幸運:Eたる由縁はそれだけに留まらず、マスター殺しを実行しかねない性質恐ろしく使い勝手の悪い宝具、そしてそのせいで歌おねえちゃん(←大体こいつのせい)に太刀打ちできず逆に支配下に置かれる彼女情報を取り込んだパッションリップまでもが幸運E、ついでに分たちまでもが幸運E、といった具合にもはや突き抜けてしまっているどころか却って清々しいレベル。結果、恐ろしく使い勝手の悪いサーヴァントという評を受ける羽に。はたして、彼女明日はどこに向かうのだろうか?

……まあ、シグルドラブラブ彼女を眺めながら、その行く末を見守ることにいたしましょう。

最後に

この手の句全般に言えることだが、あくまでネタの範囲内です。

前述のように、幸運のパラメータの高いランサーが出てきたおかげでランサー幸運Eという風評被害が払拭されつつあり、また他のクラスでも幸運Eサーヴァントも多く存在する。なので、あまりガチになりすぎず、緩くほんわかと楽しむことを推奨いたします。

関連動画

関連静画

関連商品

                                 ↑パラメータ上昇にどうぞ、ご利用ください。

関連項目

本項目で取り上げられた主な哀れな人々

他の幸運Eの皆様

※ただし基本的にパラメータが変動するサーヴァントは除く。なお別のクラスで登場した場合は、その登場作品に記載。

「stay night」など冬木聖杯戦争関連
「EXTRA」関連作
その他聖杯戦争作品
「Grand Order」

その他関連語句

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/05/21(火) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/21(火) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP