幼馴染単語

オサナナジミ

  • 10
  • 0
掲示板をみる(536)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(10)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

幼馴染(おさななじみ)とは、幼少期の顔染みの事。子供の頃一緒に遊んでいた友達・親友の事。
「幼馴染み」・「幼なじみ」と表記する事もある。

概要

何歳から何歳までに仲良くなった友人の事をこう呼ぶかなどは決まっていないが、幼稚園児~小学生ぐらいまでの友人は将来に幼馴染と呼ばれやすい。
また、幼馴染と呼ばれる人間は総じて同い年かそれに近い年齢の友人が多く、年が大きく離れた友人は一般的に幼馴染とは呼ばれていない。

創作作品における幼馴染

家族に近い親近感、過去の体験や秘密を共有するという特別感、幼馴染というだけで自然と一緒にいられる優位性などが魅

幼馴染を扱った作品の歴史は古く、平安時代まで遡る。
日本人にとってはの髄まで染み込んだ萌え属性かつ使い古されたという言葉も出ないほど定番の設定である。

異性ばかりが幼馴染ではない。同性であっても幼馴染である(意味深だね)。

創作作品の幼馴染特有の性質

定義上、主人公と見飽きたほどに見知った、あるいは本来見知っているはずの関係であるため、何かストーリーを描く場合もいろいろな特性を帯びている。

など、いくつか定番の設定がある。

展開にも定番があり、「思期になって心に気付く」、「幼馴染と自分の親友とのキューピッド役をやってしまう」、「元々上記の予定だったのが二転三転して幼馴染と自分がくっついてしまう」などがある。

何らかの理由で一度別れている場合、

遅かれ速かれ作中で劇的な再会をすることになり、その直後、あるいは間をおいて幼馴染だったときの話に発展する場合が多い。
いずれか、あるいは互いに相手のことを忘れている場合があり、思い出す過程が重要になることが多い。
単に「またあの頃のように…」となる場合もあれば、その再会が物語の重要なkeyになる時もある。

今日まで幼馴染との交流が続いている場合、

出会いの部分が省略され、はじめからある程度仲の良い状態でスタートすることになる。
互いにを与えあって育ってきたため、明るく世話焼きな人と内気な人、な人とお調子者など、性格が対になっている例が多い。
アニメゲームでは主人公及び周囲の環境を良く知った状態で始めから登場するため案内解説役を兼任してくれる場合が多く、多くは最初や序盤から仲間にいるためプレイヤーにとっても「見慣れた顔」であり、ゲームでは戦として何かと頼りになる。

異性の場合

再会はその再会が作中の重要な部分を占める場合が多い。
転校した幼馴染とばったり再会、海外へ留学していた幼馴染が帰ってくる、などである。
ずっと一緒の場合は最初から最後まで頼れる相棒として活躍してくれる。
性質はまるで違うのに両者ともメインヒロインになる率が高い。

同性の場合

付き合いの長さから一番の理解者で親友になってる事が多い。
ライバルになる事はほぼく、終始キューピット役にする事がどである。

幼馴染の一覧

詳しくは「幼馴染の一覧」を参照。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

特にありません

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 534ななしのよっしん

    2020/08/23(日) 23:12:57 ID: Ex9/8wF0MF

    最近は幼馴染が実はラスボスとか世界危機の原因(自分の意志で実行)とかヤンデレとかやばい属性がついてる印

  • 535ななしのよっしん

    2020/08/23(日) 23:21:05 ID: lr98cjR5xZ

    幼馴染を討って世界を救うか、幼馴染の手を取って世界の敵になるか

  • 536ななしのよっしん

    2020/10/08(木) 23:55:16 ID: xldI3wwMjc

    何だかんだで勝率自体は高く、そもそも勝って当たり前のポジションだと思われているのに負けフラグだとか言われるのはすごい矛盾した話だな…。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/20(火) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/20(火) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP