強欲な壺単語

ゴウヨクナツボ

  • 10
  • 0
掲示板をみる(218)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(10)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

強欲な壺とは、遊戯王OCGに登場する魔法カードのひとつである。

概要

名前 強欲な壺
種類 通常魔法
テキスト デッキからカードを2枚ドローする。

見たとおり、シンプルに手札を増やす事が出来る。

それだけでは強さがわかりにくいが、MTGデュエルマスターズのようなマナコスト概念がなく、サーチカードを使わなければ好きなカードを手札に持ってこられない遊戯王OCGにおいては、たった1枚のドローがとてつもない重みを持っている。実際、アニメでも危機的状況からたった一枚のドローで逆転するシーンを何度も見たことがあるだろう。

そのため、なんのコストもなく手札を1枚増やせるこのカードは非常に便利であると言える。もしその場では使えないカードを引いたとしても、デッキが2枚減っているので、後々狙ったカードを引きやすくなるメリットもある。 昨今では1枚で強モンスターを召喚したり、状況を一変させることができるカードが増加しているため、更にその便利さは高まっている。

その強さから「強欲な壺が入っていないデッキデッキではない。」とまで言わしめた魔法カード。いつしか「デッキに入っていることが有利」から「デッキに入っていないことが不利」となった。

発売から1年弱で制限カードになってからも必須カードとして多くのプレイヤーを支え続けてきたが、他のカードの使用を促すため2006年3月制限改訂からは禁止カード定されており2014年4月現在でも一回も復帰していない。このカードの調整版である貪欲な壺ですら制限カードになっている。そして、を返したプレイヤー達からは何があっても帰ってこないカードと言われている。

ちなみに、初期のカードには「自分のデッキからカードを2枚引く。引いた後で強欲な壺を破壊する。」と書かれていた。ゲーム初期は永続魔法や速攻魔法と言った分類がかったため、特に書いてなければ魔法カードフィールドに残り続けるというルールだったからである。実際アニメでも使った後は大体破壊されている。架空デュエルではこれを踏まえ強欲な壺が使用後破壊される等の演出がなされていることもある。

実は原作で使われたのは闇遊戯オシリスの天空竜の攻撃を上げるための1回限りである。原作では天よりの宝札という上位互換と言うべきカードやらもっとぶっ壊れたカードがいくらでもあったのだ。
これに対しアニメ版では乃亜編あたりからほぼ全てのデュエリストが使用するようになり、禁止になるまでは遊戯王GXでも多くのデュエリストに使われた。禁止カードになってからは代用カードを使うようになり全く登場しなくなった。

ちなみにゲーム版では初代タッグフォース主人公と一人のデュエリストを除く全員が初期でこのカードを投入しており、更に全員専用台詞を喋る。初期の禁止・制限カードリストも強欲な壺が制限で留まった最後の訂である2005年9月のものが使用されている。

強欲な壺関連のカード

以下、遊戯王カードwikiより。ご覧の通りこのカードの調整版は多岐に渡り出ている。
ちなみに下に書いてある強欲な壺の精霊盗み・魔神はこのカードの禁止化によりその存在価値はに等しい。 

 関連動画

 

関連商品

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 216ななしのよっしん

    2020/04/25(土) 22:47:48 ID: gvSmKxhpcY

    強制的に買わせてる上に安い
    転売というか親切な押し売り

  • 217ななしのよっしん

    2020/05/28(木) 00:42:36 ID: xpHcgE+mML

    中学時代あだ名強欲な壺がいた
    実際顔はよく似てた

  • 218ななしのよっしん

    2020/09/29(火) 22:36:21 ID: RnBSA/uHQD

    超貧困JKうららも、顔を見たときこのカード思い出された

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/12/02(水) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2020/12/02(水) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP