役満単語

ヤクマン

掲示板をみる(68)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

役満(やくまん)とは、麻雀で特に難易度の高い役の総称、あるいはそれで得られる得点のこと。

曖昧さ回避

概要

正式名称は役満貫だが、略されて役満と呼ばれることがほとんど。麻雀の中では最高点である、子32000点、親48000点(満貫の4倍)となっている。点数が高い分、総じて作りにくい役である。

もともとは、一局で得られる最高点が満貫だった時代に、ひとつの役で満貫になるものを役満貫と称した。その後点数のインフレ化により、跳満貫(1.5倍)、二倍満貫、三倍満貫、四倍満貫が認められるようになり、現在では役満貫は四倍満貫と同点となっている。

役満の中でも四暗刻国士無双大三元の3役は較的作りやすく(計算上では面前清一色よりできやすいとも言われている)、役満御三家などと呼ばれていたりする。しかし、四暗刻は双ポン待ちでロンしてしまえば三暗刻対々和の4翻止まり、国士無双は足りないが4枚出切ってしまえばその時点で成立不可能大三元は三元を2種類ポンしてしまうと他は警して残りの1種類を出してくれなくなる…と、実際に役満を和了るには数字以上の困難が待ち構える。

九連宝燈天和は、「和了すると死ぬ」という話が広く伝わっている。論単なる都市伝説のようなものだが、実際これらは役満の中でも特に成立しづらく、一生に一度和了れれば幸運といえる。詳細はそれぞれの記事参照。

通常の役の組み合わせで13以上になった場合は数え役満となり、役満と同じ得点の扱いになる。ローカルルールではあるが、かなり広く一般的に採用されている。

2つ以上の役満が複合した場合をダブル(トリプル)役満として、点数を役満のさらに2倍、3倍にするローカルルールもある。また、通常の役満の中の特殊な形である四暗刻単騎国士無双十三面待ち、純正九連宝燈や、役満の中でも難易度がずば抜けて高い天和大四喜四槓子などは、単独でダブル役満とされることもある。

単純に役満の個数で考えると、理論上は4つまで複合可である。組み合わせは以下の通り。

四喜和は大小どちらでもかまわない。いずれにせよ門前で組まねばならない上、天和地和四槓子という高難度の手も組まなければならないため、並の人間では一生おにかかれないだろう。天和大三元程度であれば大会で和了された例もあり(Wikipediaより)、まだ現実的。どのみち狙って出せるものではないが。

役満一覧

ローカル役

他にもいろいろあるが省略。「麻雀のローカル役一覧」も参照。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 66ななしのよっしん

    2019/11/14(木) 09:08:33 ID: yNT1Lbeqaz

    仲間打ちなら一度見てみたいと警ユルユルだからな。ガチガチでやると、みんな簡単に警して降りるか、あるいは安上がりを狙ってしまう

  • 67ななしのよっしん

    2020/08/02(日) 01:16:44 ID: 1QuyuZK+3v

    国士無双です

  • 68ななしのよっしん

    2020/11/17(火) 16:08:20 ID: SKgVOPk17m

    これ最高点は字一色 大四喜 四槓子 天和 とかになるのかな…

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/30(金) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/30(金) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP