後光単語

ゴコウ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

後光とは、な人物から発生するのことである。

が出ているときにの周りに見えるの輪のことをこう呼ぶこともあるが、ブロッケンとも呼ばれる。

概要

背とも呼ばれ、様々な宗教で見られる。預言者職者の絵画や像に描かれることが多い。本来は正面にもは発せられているはずだが、顔が見えなくなってしまうためか、像の後ろに描かれることが多い。

像の背後には状の後光や、放射線状の後光が置かれる。室町時代には放射線状に線を引いたくじがあったが、それと如来の後光の形が似ていることから、「あみだくじ」という名前がつけられた。これがのちの時代になって縦に線を引き、間を横線でつないで、結果をわからなくする現在の形に変化した。

俗に弾幕ゲーにおける、敵キャラクターの周辺に円状・放射線状に延びる弾幕のことを「後光」と呼ぶことがある。

関連動画

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/22(土) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/22(土) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP