後村上天皇単語

ゴムラカミテンノウ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

後村上天皇 / 義良親王1328~1368)とは、97(南としては2代目)の天皇で、後醍醐天皇の皇子のひとりである。

概要

後醍醐天皇野廉子、同恒良親王成良親王がいる。

鎌倉幕府滅亡後の建武政権においては、北畠親房北畠顕家に奉じられて、1333年にまだ幼いながらも陸奥将軍府に向かった。翌年、そこで親王宣下を受けることとなる。その後一度北畠顕家の上に同して近江に入り、足利尊氏がの九州落ちが実現すると再び陸奥に戻る。さらに北畠顕家の二度の上軍にも従うが、顕の敗戦からは逃がされ、吉野父親後醍醐天皇に合流した。

その後再度陸奥に向かおうと路を向かうが、途中で遭難してしまい1339年吉野に向かう。その結果吉野に生きて残っている一の皇子となり、後醍醐天皇の後を継ぐこととなり立太子される。そして後醍醐天皇の死とともに後村上天皇として即位することとなった。

かしこの時点でまだ11歳という幼い天皇であり、当初は四条隆資や洞院実世らが政権を担う。1348年以降政務に関わるが、この年は四条畷の戦いで楠木正行楠木正時兄弟を失い、高師直軍が吉野に押し寄せ、本拠地を賀名生に設け、逃げした年であった。

1351年に観応の擾乱が起きると正の一統によって北が降伏する。三種の神器を引き渡すという南有利な条件だったが、南軍は進軍し、北・幕府勢を追放し、足利義詮近江に追いやり、厳院以下三人の上皇拉致することになる。後村上天皇も賀名生から出立し、男山八幡まで進出した。しかし幕府は直ちに反撃を行い、結局賀名生に再度引き返すことになってしまった。

その後も京都の奪回をし、軍事的な制圧や、和の交渉の両方を模索するがどちらもうまくいかず、1368年に亡くなった。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2019/03/31(日) 22:46:43 ID: sC5ECSSSh6

    醍醐の影に隠れがちだが若い頃から相当に頑ってた天皇なんだよな
    足利兄弟ケンカありきとはいえ正一統~京都奪還までの流れは当時の南の勢考えると十分大戦果

  • 2ななしのよっしん

    2019/06/09(日) 22:21:50 ID: +lumiPNmH5

    史上初めて東北地方まで行って暮らした天皇

  • 3ななしのよっしん

    2020/11/14(土) 10:56:09 ID: j+TX1r3NaW

    歴代天皇を闘技場で戦わせたら最強天皇
    室町幕府バーサーカー武士たちに包囲されたけど、全武装して囲みを破ったとか当時の日記に書かれてて強すぎる

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/19(土) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/19(土) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP