御前試合 単語

28件

ゴゼンジアイ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

御前試合とは、地位のある人の前で行う武道スポーツの試合のことである。

概要

もともとは武の時代に、大名や将軍などの地位のある人の前で行う試合のことをしていた。大名などが観覧している中、武芸自慢や偉丈夫が己のを示すことで、臣や武芸南役に取り上げてもらうチャンスを得ることもできた。

現在では将軍も大名もおらず、御前試合に相当するのは天皇が観覧する「覧試合」、その他の皇族が観覧する「台覧試合」となる。特に大相撲天皇がご覧になることを相撲と呼び、相撲協会総出でお出迎えするなど一大イベントとなっていた。

その他、野球観戦やラグビー観戦など、昭和初期には昭和天皇が試合をご観覧になることがたびたびあった。競馬においても天皇賞(秋)を両陛下がご観覧になったことがある。

また、明治時代からの伝統として、皇室の身辺警護などを行う皇宮警察が身につけている武道である弓道柔道剣道覧試合も開催されている。

特に昭和天皇大相撲ファンとして知られ、多くの覧試合が開催された。

1959年に行われたプロ野球覧試合の巨人阪神戦では、昭和天皇が観覧される中、長嶋茂雄サヨナラホームランを打ち、日本球界の伝説の一つとなった。

その他

関連動画

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP