微速度撮影単語

ビソクドサツエイ

掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

微速度撮影(タイムラプス・インターバル撮影・低速度撮影)とは、録画の際に時間あたりのコマ数を少なくして撮影する技法である。

概要

通常、ビデオカメラは毎約30フレームの撮影をしている。撮影後にこの映像倍速編集すれば、めまぐるしく変化する映像が得られるが、テープやディスクなどのメディア容量が駄になってしまう。そこで容量節約に使われるのが微速度撮影である。

例えば1に1フレームの撮影をすると、30倍速映像を記録することができる。もちろん、それ以下or以上の撮影速度で記録することもできる。一般的に販売されているビデオカメラでも、機種によってはこの機がついているので試してみるといいかも。

に、風景の移り変わる様子、植物などが成長する様子、食品が腐敗する様子を撮影するのに使われる。1日のうちの変化から季節の移り変わりまで、木が生長してが咲き枯れるまで、食品が腐りカビが生えるまで…などのように使われている。

もちろん、後で倍速することが前提であれば、これ以外の撮影にも使うことはできる。ただし、音は記録できないため、音も使いたい場合は注意が必要。

また、ビデオカメラではなく静止画撮影用のカメラを用いてインターバル撮影、すなわち一定の間隔で連続して撮影を行ない、得られた一連の静止画を編集することで同様の動画を作成することも可である。使うカメラにもよるが、ビデオカメラべ、画質面で優れる。また、ビデオカメラでは不可能な、1コマあたり数の露出を行なうことにより、高品質な夜空夜景動画を得ることができる。

また車載動画においては、長距離移動動画などで撮影するときに、よくこのインターバル撮影が重宝され、おもにパナソニックDMCシリーズ(デジイチ)のインターバルが使われる。

逆にフレーム数を多くして撮影するのは、高速度撮影と呼ばれる、

関連動画

微速度撮影 ▽exit_nicovideo

風景動画系統

車載動画系統

その他の動画系統

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/08/04(水) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2021/08/04(水) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP