徳川信康単語

トクガワノブヤス

3.0千文字の記事
掲示板をみる(33)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

「徳川信康」(とくがわ のぶやす 永2年(1559年)3月6日正7年(1579年)9月15日)とは日本戦国武将である。「松平信康」とも。

概要

江戸幕府初代将軍・徳川家康嫡男。通称は次郎三郎岡崎三郎

三河武士らしい勇猛果敢な人物であり、若年ながら数々の武功を挙げた。が、正7年(1759年)、突如として自害を命じられ21歳の若さ切腹し、この世を去った。

その最期については様々な説・見解があり、戦国の大きなの一つである。

名乗りに関して

「徳」の名字家康個人が9年(1566年)以降名乗ったもので、他の一族は平氏のままであった。これは、多数の分が存在する一族の中における別格、トップとしての一種の記号として機させる為と解釈されている。その為、江戸時代を通して徳姓が許されたのは将軍御三家・御三卿のみと厳しく制限されていた。

信康に関しては、家康の嫡男・後継者という立場であるので(後年の徳川秀忠と同様に)徳を名乗っていても特に不思議はない。しかし、正三年の佐久間信盛織田信長印状では「三郎」と信長に呼ばれており、この時点では姓を名乗っていたことが判明した。このように当と嫡男で名字が異なるのは後北条氏でも例があり(北条氏綱伊勢伊豆千代丸(後の北条氏康))、戦国期のみに見られる特異な現と言われる。江戸時代の文書では岡崎三郎信康あるいは次郎三郎信康と記述されている。

生涯

2年(1559年)、当時は今川義元の配下であった松平元康(徳川家康)の子として駿河で生まれ、竹千代と名づけられた。生は正室の駿河御前(築山殿)。

しかし、翌年に桶狭間の戦いが起こり今川義元が戦死すると、元康は三河・岡崎に入り自立。信康はと共に人質として駿府にあったため、命の危機にさらされた。しかし義元の跡を継いだ今川氏真は、信康たち以外の平家からの人質を処刑したのみで、信康たちが殺されることはなかった。

5年(1562年)、元康が三河西を攻め、殿長照の子供二人を生け捕りにすると、氏と交渉して信康たちと交換した。これにより信康は駿府から岡崎に移った。

6年(1563年)、数え5歳織田信長・五徳(徳)と婚約。その後、永10年(1567年)5月結婚する。
元年(1570年)、家康浜松に移るのに伴い岡崎となる。8月28日には元も行い、義信長家康から名前をとって次郎三郎信康と名乗った。数え12歳での元は当時でも異例だが、これはが未成年ではいけないという配慮によるものだと考えられている。

正元年(1573年)3月初陣したと言われ、まず武節を攻め落とし、そのまま足助を攻め陥落させたと伝わる。ただし、この時期は未だ武節と足助の間は武田の勢下であったため、初陣でこのような進軍を行うのは困難ではないかとの摘がある。そのため、実際に信康がこのような初陣をしたならば、それはこのルートを確保した9月以降ではないかとされる。

この後も長篠の戦いなど対武田の戦いに従軍した。
が、正7年(1579年)8月、信康は家康によって岡崎を追い出され、大に移る。その後堀江、二俣と移送され、9月15日に二俣切腹享年21歳であった。亡骸は二俣外に葬られ、後に清寺が建てられた。

信康事件

後継者の突然の自についてはが多く、今なお議論を呼んでいる。江戸時代以降の通説とされてきたのは、大久保彦左衛門の記した「三河物語」に拠るものである。以下あらすじ

  • 妻・徳が信康や築山殿と不仲になった事から、である織田信長に書状を送る。
  • 書状には「信康は乱暴だ」「築山殿武田と内通している」など、12の内容が記されていた。
  • 信長は、書状を届けた酒井忠次に内容が事実であるか確認するが、忠次は肯定する。
  • 信長は徳に対し、信康の切腹を要中紛糾するも、家康は受け入れる事を決断する。
  • 間もなく築山殿が殺され、信康も閉ののち切腹した。

信長公記」では、7月16日酒井忠次奥平信昌家康の使者として遣わされ、信長を献上した事が伝えられるのみだが、時期的にこの時に書状のやり取りがあったと見るのが自然だろう。

とりあえず夫婦関係があまり良くなかった事に関しては事実といわれている(当時の徳臣の日記にも残っている)。ただ、そこから即切腹というのは流石にあの信長とはいえ少々飛躍している感が否めない。また、徳の筆頭臣である酒井忠次が信康について全く弁解しなかったのも不可解な部分である。

築山殿に関しては、今川一族の出身であり今川義元の養女であったから、その義元を討った信長・徳との関係については様々な憶測が成されている。また、かつて家康独立した事で、今川では関口氏広(築山殿の実)が切腹させられており、徳はこれを武田と内通した理由に挙げている(とされる)。そもそも信長が要したのは「信康の切腹」であるのに、築山殿まで殺された理由もこれまた不明である(本当に内通していたのかも)。

唱えられている仮説の一部は以下のようなもの。

最後に、事件後の出来事をいくつか挙げておく。

信長の野望

信長の野望」(PCシリーズにおける徳川信康(松平信康)の力一覧。

武勇に優れたという伝承から戦闘系のが高めに設定されている。名前覇王伝までは「徳川信康」で、天翔記以降は「松平信康」名義。信康事件イベント将星録以降登場、イベント内の選択肢で自を回避する事もできる。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 73 政治 60 90 野望 70
武将風雲録(S1) 戦闘 78 政治 63 79 野望 64 教養 65
覇王 采配 81 戦闘 81 智謀 45 政治 60 野望 64
天翔記 戦才 166(A) 智才 112(B) 政才 144(B) 87 野望 83
将星 戦闘 86 智謀 74 政治 69
烈風 采配 81 戦闘 78 智謀 66 政治 59
世記 采配 75 智謀 56 政治 50 野望 62
蒼天 統率 77 知略 53 政治 46
下創世 統率 75 知略 53 政治 45 教養 60
革新 統率 83 武勇 85 知略 59 政治 51
統率 83 武勇 85 知略 59 政治 51
創造 統率 76 武勇 84 知略 55 政治 52
大志 統率 74 武勇 85 知略 65 内政 52 外政 53

 

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 31ななしのよっしん

    2022/01/19(水) 11:31:28 ID: Sk+aMKCEl0

    寺直前の織田最盛期ならともかく、信康事件の頃はまだ武田も依然として健在
    そんな状態ではいくら信長でも家康に嫡男殺せなんて言わない、というか言えないと思う
    万が一徳織田と手切れして武田と結んだら大事だ

  • 32ななしのよっしん

    2022/05/17(火) 04:23:22 ID: ThgamRg3ze

    通説が徳幕府以降に作られた事を考えると信長は都合よく名前だけ使われているように感じる。から不仲の訴えがあったとして、信長がわざわざ同盟相手の嫡子を殺す理由がない。

    最近だと家康との不仲や臣団との対立、内の閥争いが有力説だけど、個人的にはその全てが複合的に当てはまった結果起きた出来事だと思う。

  • 33ななしのよっしん

    2022/06/26(日) 16:44:59 ID: KpQlYJTo69

    一時期は信康の器量が信忠より勝っていたために信長から睨まれて、というのが通説だったというような話を聞いたことあるけど信忠信長ほどではないとはいえ優秀な人物だったという再評価が進んでくるとどうしてこうなったのか不明になったという・・・

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/06/28(火) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2022/06/28(火) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP